プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

沖縄バナナ

勤め先の沖縄出身の同僚が、沖縄のご家族から送られてきたバナナをおすそ分けくださいました。
まだ青いから、吊るして熟すまで待ってくださいということで、ひもまでつけてくださいました。
宅配便で送られてきて、いろいろと傷んで黒くなっているけれど、まったく問題ございません。
喜んでいただきました。
20170503-バナナ-加工

さっそくベランダで吊るしました。
20170504-バナナ (1)-加工

吊るしてから半日経って、ちょっと食べてみたくなりました。
20170504-バナナ (4)

まだちょっと青いけれどね。
20170504-バナナ (5)

皮をちょっとむいて、少し堅いなと思いました。
20170504-バナナ (6)

「熟す前のバナナは皮が厚い、熟すと皮はとても薄くなる」という同僚の言葉を思い出し、ちょっと皮が厚いなぁ、とは思いました。
20170504-バナナ (7)

皮が堅い上にむきにくい。
20170504-バナナ (8)

でもいただきます。
ん、甘い!
20170504-バナナ (9)

甘味をまず感じ、次に渋味がきました。
しっぶーい。
まだ食べるには早かったという結論で御座います。
20170504-バナナ (10)

その 2 日後、バナナが熟して大変美味しく変身しました。
20170506-バナナ

貴重なバナナをありがとうございました。

雲取山(後ペン)

(昨日中ペンからのつづき)

武尊ペンと武尊さんは、GW前半に雲取山登山を楽しんできました。
本日は雲取山の山小屋で一晩泊まり、早朝の日の出を見物したところからの続きです。

もう一度雲取山の記念写真を撮りました。
20170430-雲取山 (53)

西の空もうっすらとピンク色に染まりました。
20170430-雲取山 (60)

山小屋でこしらえてくださった朝食をいただきました。
20170430-雲取山 (61)

雲取山を後にして、山上の湯を目指します。
三条ダルミで休憩しました。
20170430-雲取山 (62)

三条ダルミからも富士山が綺麗に見えるのです。
20170430-雲取山 (63)-加工

飛竜山方面です。
20170430-雲取山 (64)

三条の湯近くで見つけたお花です。
20170430-雲取山 (65)

三条の湯でひとやすみ。
20170430-雲取山 (66)

周辺マップを確認しました。
20170430-雲取山 (67)

三条の湯からサオラ峠を目指します。
ここは真ん中の道。
20170430-雲取山 (68)

サオラ峠到着。
周りは広葉樹で、気持ちの良い広場です。
20170430-雲取山 (69)

天平(でんでいろ)尾根。
傾斜も緩く、広々とした尾根道が続きます。
20170430-雲取山 (70)

快適な尾根道を進みます。
地図によると三角点があるはずなのですが、今回は見つかりませんでした。
ここで最後の休憩をとりました。
20170430-雲取山 (71)

ごはんの時間です。
20170430-雲取山 (72)

お腹が空いたね。
20170430-雲取山 (73)

いただきます。
20170430-雲取山 (74)

丹波平典から下り、標高が下がったところでは新緑が綺麗でした。
20170430-雲取山 (75)

親川に到着。
ここから車まで、約 3km の車道歩き後、登山を無事易終えました。
20170430-雲取山 (76)

雲取山初登山のコースでした。
20170430-雲取山 (77)
(完)

雲取山(中ペン)

(前ペンからのつづき)

武尊ペンと武尊さんは、GW前半に雲取山登山を楽しんできました。
本日は小雲取山を通過したあとの続きです。

いよいよ雲取山も近くなってきました。
20170430-雲取山 (26)

遠くに飛竜岳が見えますね。
20170430-雲取山 (27)

頂上が見えてきました。
20170430-雲取山 (28)

雲取山のほぼ山頂。
この辺は山梨県なのでしょう。
20170430-雲取山 (29)

雲取山山頂です。
雨が降ってきたので長居は無用です。
20170430-雲取山 (30)

今年は 2017 年。
雲取山の標高と同じ。
雨が強くなってきたので山小屋へ急ぎます・・・
20170430-雲取山 (31)

急ぎます・・・ の前に、儀式ともなっている三角点制覇を済ませました。
20170430-雲取山 (32)

北側の斜面はぬかるんでいて歩きづらかったです。
武尊さんの靴は泥んこになりました。
20170430-雲取山 (33)

山小屋に到着。
20170430-雲取山 (34)

今日のお宿です。
20170430-雲取山 (35)

こにゃにゃちは~。
20170430-雲取山 (36)-加工

あれ、先ほど降った雨は止み、また晴れてきましたよ。
20170430-雲取山 (37)

山小屋からの眺めです。
20170430-雲取山 (38)

雨に濡れましたし、くたびれました。
20170430-雲取山 (39)

山小屋の中を探検しました。
20170430-雲取山 (40)

お勉強タイムです。
20170430-雲取山 (41)-加工

冬虫夏草 ベニイロクチキムシタケです。
この絵を見て、バショウカジキさんがあまりいい顔をしないだろうなと思います。
20170430-雲取山 (42)-加工20170430-雲取山 (43)-加工

さて、翌朝4時に出発しました。
雲取山山頂で日の出を待ちます。
富士山が綺麗でした。
20170430-雲取山 (45)

記念撮影しました。
20170430-雲取山 (47)

周りの山々も綺麗に見えました。
20170430-雲取山 (48)

夜が明けてきました。
20170430-雲取山 (49)-加工

今日もいい日になりそうです。
20170430-雲取山 (44)-加工

(つづく)

雲取山(前ペン)

武尊ペンと武尊さんが、雲取山に出かけました。
雲取山は、東京都で一番高い山です。

留浦という場所で車を降りました。
20170430-雲取山 (1)

登山口まで 10 分ほど。
ここからスタートです。
20170430-雲取山 (2)

車道から登山道に向かいます。
20170430-雲取山 (3)

村営駐車場までの登り。
しばらく舗装された作業道を登ります。
20170430-雲取山 (4)

村営駐車場。
すでにほぼ満車。
普通はここに車を停めるのですが、今回は留浦に停めてきちゃったからね。
20170430-雲取山 (5)

駐車場からしばらく歩くと、登山道入口が見えます。
ここから本格的な登山スタート。
20170430-雲取山 (6)

道中、水場があります。
地図の位置より少し上にありました。
20170430-雲取山 (7)

水場の近くには広場が。
テントも張れそうですね。
20170430-雲取山 (8)

堂所でひとやすみ。
20170430-雲取山 (9)

だんだんと上の方が開けてきました。
20170430-雲取山 (10)

左は巻道、頂上は通りません。
ここは迷わず右を選びます。
20170430-雲取山 (11)

7ツ石古屋に着きました。
20170430-雲取山 (12)

小屋の裏はテント場になっています。
20170430-雲取山 (14)

テント場からの眺めです。
20170430-雲取山 (13)

こういうの大好き。
20170430-雲取山 (15)

わかりにくいかもしれませんが、小屋の上にある水場です。
20170430-雲取山 (16)

引き続き七ツ石山を目指します。
20170430-雲取山 (17)

七ツ石山に到着。
20170430-雲取山 (18)

三角点に立ちました。
ヨシ!
20170430-雲取山 (19)

これから行く稜線です。
遠くに雲取山が見えます。
20170430-雲取山 (20)

七ツ石山から下った鞍部はブナ坂と呼ばれています。
ここでひとやすみ。
20170430-雲取山 (21)

引き続き雲取山を目指します。
稜線は広く、なだらかで歩きやすいです。
20170430-雲取山 (22)

奥多摩小屋に到着。
由緒のある山小屋だそうです。
20170430-雲取山 (23)

小雲取山近くで、今まで歩いてきた道を振り返ります。
奥に七ツ石山が見えました。
20170430-雲取山 (24)

たぶん、ここが小雲取山みたい。
山頂を示すものが何もありませんでした。
20170430-雲取山 (25)

(つづく)

柏餅シーズン到来

バショウカジキが一番好きな和菓子は柏餅です。
いくつも買って、手土産にしました。
購入は粒あんとみそあん。
20170506-柏餅 (2)

バショウカジキさんが好きなのは、みそあんだよ。
どっちかな。
このお店では、葉の種類で分けているのですぐにわかるはずですが、このシーズンだけのものなので、どれがどれだかすぐに忘れてしまいます。
20170506-柏餅 (3)

ふむふむ。
20170506-柏餅 (4)

新葉若葉(色が濃い方)を使ったほうがみそあんでした。
作りたてのやわらかい餅で、かしわの葉から剥がしたら、餅表面がにちゃにちゃと崩れてしまいました。
味には変わりありませんので全く問題ございません。
美味しいね。
20170506-柏餅 (5)

ところで、ゴールデンウィーク中に乗車した車は、つるつると滑る内装でした。
居場所の確保が難しい。
2 羽ともズルッとなっていました。
20170506-柏餅 (1)-加工

登山計画

武尊さんはメロンとスイカが好きです。
デパ地下の果物売り場をのぞき、その日の特売品にメロンがあったら、値段を見て思案して、買うことがあります。
「買い」と判断したようですね。
20170429-イノダ (1)-加工

デパ地下メロンは、メロンの中でもひときわ美味しいのだそうです。
20170429-イノダ (2)

あまりに絶賛しているので、ボクたちにも今度おすそ分けいただきましょう。
20170429-イノダ (4)

なんとなくお昼の時間になってしまいました。
軽食をいただきました。
20170429-イノダ (5)

このトーストサンドは食べたときの満足感がありますが、バショウカジキの場合には数時間後にはまた「ぐぅ~」となります。
20170429-イノダ (6)

2.2㎜ の太麺で、トマトソースの酸味と旨味がほどよく絡んだ人気のイタリアンです。
でも、腹白いペンギンくんたちが、やや注意するメニューです。
汚れたら、バショウカジキがお風呂に入れてさしあげますから大丈夫。
20170429-イノダ (7)

今日もヨシ!
20170429-イノダ (8)-加工
いいんでねぇの。

GWに武尊ペンは登山に行くんだって?
20170429-イノダ (12)

いま、武尊さんと計画中なのだって?
20170429-イノダ (11)

どこへ行くのですか?
20170429-イノダ (9)

雲取山だよ。
20170429-イノダ (10)

知ってる知ってる、バショウカジキは小学生のとき、東京都のことを社会で学びましたよ。
雲取山の話も登場しました。
東京都で一番高い山です。
標高 2,017m 、今年は記念年です!
20170429-イノダ (13)-加工
気を付けてお出かけください。

こどもの日

5月5日、こどもの日ですね。
店長、桜の花が長持ちしていますね。
うらやましいですね。
20170429-Pensta (2)

すっかりおなじみのペンギンさんたちも兜をかぶっています。
20170429-Pensta (1)

ペンギンさん、遅いねぇ。
武甲山への山登りで疲れちゃっているんじゃないの。
気長に待ちましょうよ。
20170429-Pensta (3)-加工

連休向けに続々と新商品が発売されているんですよね。
目移りしてしまいます。
20170429-Pensta (4)

連休直前に発売になった商品群はぎょろちゃんさんのブログで確認ができます。
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_3.html
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_4.html
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_5.html
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_7.html
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_8.html


お待たせ~。
新商品がたくさん発売されているからワタシが遅刻しても全然退屈しなかったでしょ?
20170429-Pensta (6)

ペンギンさん、山登りのザイルをつけっぱなしですよ。
20170429-Pensta (5)

「新発売」の赤い札があちらこちらに並んだ賑やかなペンスタです。
東京にお越しの際は、ぜひペンスタに遊びに出かけてみてください。
20170429-Pensta (7)

映画『世界の果ての通学路』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、今年の夏で16年を迎えます。

『世界の果ての通学路』
(フランス作品,2012年)
20170423-映画会 (10)-加工

地球上の4つの地域で、数10キロの危険な道のりを通学している子どもたちの姿を追ったドキュメンタリーです。
ケニアで象やキリンを避けながらサバンナを駆け抜けるジャクソン。
パタゴニア平原を馬で妹と通学するカルロス。
モロッコのアトラス山脈を越えて寄宿学校へと通うザヒラ。
インドでは生まれつき足が不自由なサミュエルが舗装されていない道を弟たちの引く車いすで登校。
学習意欲旺盛な子どもたちが、道なき道を進んで通学しているのでした。


バショウカジキさんはいつもカレーランチセットですね。
20170423-映画会 (2)

なんだか野菜で目、鼻、口が表現されているような気がします。
20170423-映画会 (3)

このレストランがある街では、年に 1 度、ワインを町中で味わうイベントが開催されます。
下戸なので参加は難しいですが、このイベントの存在が気になります。
20170423-映画会 (6)-加工

ペンギン・ビューティ・チェックができないので・・・
20170423-映画会 (9)

代わりにこんなことをしてみました。
20170423-映画会 (1)

ボクたちは、たまにお金計算の係りを担います。
大役です。
間違えないようにしなくては。
20170423-映画会 (8)

コロコロワッフル キューブ

ぎょろちゃんさんのブログを見ていてとても気になった、「Suicaのペンギン コロコロキューブ」。
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_2.html

東京駅のグランスタにて、2017年4月24日(月)~5月7日(日)まで「ゴールデンウィークフェア」を開催中です。
ワッフルケーキ専門店「ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)」で、東京駅限定の Suica のペンギンバージョンが登場しました。
20170429-コロコロキューブ (4)-加工

手軽に買い求められるサイズです。
20170429-コロコロキューブ (2)
(ペンギンさんは山登りのザイルをつけたままですね。)
20170429-コロコロキューブ (3)

税抜 300 円也。
20170429-コロコロキューブ (1)

さっそくいただきましょう。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (1)

美味しそうな笑顔。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (2)

早く食べましょうよ。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (3)

このお菓子、初めて見ます。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (4)

クッキータイプのワッフルとのことです。
キャラメル生地にチョコチップを練り込んだ「チョコキャラメル」だそうですよ。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (7)

カリカリに堅い。
製法は存じ上げませんが、イメージとしては、クッキー生地を揚げてかりんとうっぽくしたもの。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (5)

そして、食べると必ずこうなります。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (6)
あっという間に食べてしまいました。

春まだ浅い武甲山(後ペン)

(中ペンからのつづき)

春ですね。
20170423-武甲山 (17)

小持山到着。
20170423-武甲山 (16)

小持山から見た武甲山です。
20170423-武甲山 (15)

ここでまたエネルギー補給よ。
20170423-武甲山 (14)

木々の間から大持山が見えました。
20170423-武甲山 (13)

小持山からの眺望です。
20170423-武甲山 (12)

そして大持山到着。
20170423-武甲山 (11)

美味しいキャラメルをここでもいただきます。
とっておきです。
20170423-武甲山 (10)

大持山から武甲山、小持山が見えます。
まだ木々の葉がないので見えました。
20170423-武甲山 (9)

ちょっとひとやすみ。
20170423-武甲山 (8)

稜線から妻坂峠に降りるところから東京方面が一望できました。
20170423-武甲山 (7)

坂道はとても急なのですが、平坦で歩きやすくなっています。
マウンテンバイクでも降りられそうです。
20170423-武甲山 (6)

途中で見えた武甲山、綺麗な山容です。
20170423-武甲山 (5)

妻坂峠です。
20170423-武甲山 (4)

妻坂峠を下りて行くとうっすらと新緑が。その向こうに武甲山が見えました。
20170423-武甲山 (3)

登山道も終わりあとは林道を歩き、一の鳥居まで戻ります。
20170423-武甲山 (2)

おつかれさまでした。
20170423-武甲山 (1)

今回のコースです。
20170423-武甲山 (48)

春まだ浅い武甲山(中ペン)

(前ペンからのつづき)

頂上の近くに来ました。休憩用の広場とトイレがあります。
トイレは冬季閉鎖、4月23日現在まだ閉鎖中でした。
20170423-武甲山 (36)

御嶽神社です。お参りをしました。
20170423-武甲山 (35)

運び込んだ水はここにあるマンホールから補給します。
これで荷物がずいぶん軽くなりました。
20170423-武甲山 (34)

ちょっと背丈が高くなった気分。
20170423-武甲山 (33)

武甲山山頂です。
山頂のすぐ下まで石灰石を採取する採石場になっています。
20170423-武甲山 (32)

山頂からの眺望。
20170423-武甲山 (31)

とっておきのキャラメルをいただきました。
お腹が空いていて、ひときわ美味しい!
20170423-武甲山 (30)

方角を景色を確認。
20170423-武甲山 (27)

足元に秩父の街並み、両神山、甲武信ヶ岳などの秩父の山々、浅間山、赤城山、遠く谷川岳まで見えました。
コンディションは最高でした。
20170423-武甲山 (26)

いい気分です。
20170423-武甲山 (25)

お昼ごはんは、見てるだけでできあがります。
20170423-武甲山 (24)

美味しくいただきました。
20170423-武甲山 (23)

武甲山を後にして、小持山、大持山方面に向かい稜線を歩いて行きます。登山道はとても広く歩きやすく整備されています。
20170423-武甲山 (22)

徐々に小持山が見えて来ました。
20170423-武甲山 (21)

小持山がはっきりと見えて来ました。
20170423-武甲山 (20)

武甲山と小持山との間の鞍部、シラジクボです。200m以上降りたと思います。そしてまた200mほど上がることに。
20170423-武甲山 (19)

小持山到着。
20170423-武甲山 (18)

(つづく)

春まだ浅い武甲山(前ペン)

ワタシ、武尊さんと山登りをすることにしました。

一の鳥居です。ここから今日の登山が始まります。
20170423-武甲山 (47)

地図を見て理解するのよ。
20170423-武甲山 (46)

最初は林道を歩いて行きます。
20170423-武甲山 (45)

林道終点。ここから登山道が始まります。
20170423-武甲山 (44)

不動滝です。水の入ったペットボトルがたくさんあります。
20170423-武甲山 (43)

何か書いてありますね。
20170423-武甲山 (42)

山頂にあるトイレに使用する水を運んでください、との要請でした。
頂上まで運ぶことにしましょう。
20170423-武甲山 (41)

不動の滝のほど近くにあったお地蔵様です。
20170423-武甲山 (40)

武甲山御嶽神社の標識です。なんとなく神聖な気分になります。
20170423-武甲山 (39)

巨大な杉がある広場に出ました。ここでの標高1000mくらい。あと1時間ほどで頂上です。
20170423-武甲山 (38)

多分これが巨大杉。樹齢はよくわかりませんが・・・
ワタシよりもとても長いこと生きているのだと思います。
20170423-武甲山 (37)

(つづく)

壮行会

バショウカジキが勤め先で4月から別部署に異動しまして、壮行会を開いていただきました。

最後にプレゼントとして受け取ったものがこちら。
「たくさん入ってるッス」と言って手渡されました。
20170427-プレゼント (1)

中身は、バショウカジキが毎日夕方になるとむしゃむしゃ食べているお菓子の詰め合わせでした。
20170427-プレゼント (2)
事業室イチ、間食が多いと言われておりましたのでねぇ。

お菓子だけではなく、Suica のペンギンタオルハンカチが入っているのがポイントです。
20170427-プレゼント (3)

おやつ関係が一気に充実しました。
20170427-プレゼント (5)

みなさんのお心遣いをいただきました。
どうもありがとうございました。
20170427-プレゼント (6)

登山計画

ペンギンくんたちが、バショウカジキのお気に入りの喫茶店で、いつものビューティ・チェックを済ませました。
20170422-イノダコーヒ (4)
いいんでねぇの。

武尊さんが、スマホで天気予報を確認していたので、ペンギンくんたちが注目しました。
20170422-イノダコーヒ (1)

地図を開いてなにやらチェックしています。
20170422-イノダコーヒ (2)

ワタシ、武尊さんと登山をする予定なの。
20170422-イノダコーヒ (3)
あ、なるほど。

楽しそうだねぇ。
20170422-イノダコーヒ (5)

登山をして、少し体を引き締めたいですね。
ペンギンくんたちの視線の先には、武尊さんのお腹がありました。
お腹を引っ込めているように見えます。
20170422-イノダコーヒ (6)

この日、ペンギンくんたちは頻繁にお腹周りを確認しておりました。
おかげさまで、武尊さんも見つめられている時間は武尊さんもシェイプアップしたように見えましたよ。
20170422-イノダコーヒ (7)

植物とのふれあい

ぴょんみさんからのおたよりです。

ぴょんみさんちのペンギンくんたちもタニラー(多肉植物を愛する者)です。
お気に入りの鉢で育てていると先日おたよりをいただきました。
20170418-ぴょんみさんち-加工

その後、植物とのふれあいが楽しいので、さらにお仲間を増やしたそうです。
20170425-クローバー

クローバーですね。
20170425-クローバー-加工

ペンギンくんたちは成長を毎日楽しく観察しているそうです。
ぴょんみさん、おたよりをいただきまして、どうもありがとうございました。

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ