プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

今年も掛川花鳥園へ(中ペン)

昨日に引き続き、掛川花鳥園に出かけたお話をいたします。

昼下がり、ペンギンさんたちはお昼寝の時間のようです。
やや斜め角度に立ったまま寝ているペンギンさんもいます。
20170617-掛川花鳥園 (26)

飼育員のお兄さんが、1 羽に声をかけて連れていきます。
これから「仕事」なのだそうで。
20170617-掛川花鳥園 (27)

13 時からは、バードショー(KKE 研究発表会)の時間です。

ベンガルワシミミズクのトコは、高速で飛んできて、とまり方もダイナミックです。
20170617-掛川花鳥園 (28 29 30 31)

先ほど「仕事」だと連れ出されたペンギンさんは、一生懸命高跳びに挑戦してくれました。
20170617-掛川花鳥園 (35-40)

カンムリカラカラのグリフォンは、足でバケツをひっくり返し、隠されたエサを見つけるという芸当を披露してくれました。
20170617-掛川花鳥園 (42-46)

バードショーの後、インコへのエサやりをたくさん体験しました。
20170617-掛川花鳥園 (56)

お食事をじっくり観察させていただき、ありがとうございます。
20170617-掛川花鳥園 (57)
20170617-掛川花鳥園 (58)
20170617-掛川花鳥園 (59)-加工

大人気ですね。
20170617-掛川花鳥園 (85)

同じエサを、たくさんのことりさんたちに食べてもらえるのでした。
20170617-掛川花鳥園 (64)
20170617-掛川花鳥園 (65)-加工
20170617-掛川花鳥園 (66)-加工

気性が激しいですね。
20170617-掛川花鳥園 (67)-加工

武尊さんが早くに並んで権利を確保してくれた、ペンギンとの撮影の時間です。
20170617-掛川花鳥園 (68)

注意事項を理解したペンギンくんたち。
20170617-掛川花鳥園 (69)

武尊さんの胸ポケットに入れば参加オッケーということで、ポケットにおさまり記念撮影しました。
20170617-掛川花鳥園 (73)-加工

かわいらしい。
20170617-掛川花鳥園 (76)-加工

気持ちよくて眠りそうなペンギンくん。
20170617-掛川花鳥園 (79)

ペンギンくんたちは、ペンギンさんとの記念撮影をとて喜んでいました。
20170617-掛川花鳥園 (77)
武尊さん、ありがとうございます。

(つづく)
スポンサーサイト

今年も掛川花鳥園へ(前ペン)

ボクたちは、新幹線でお出かけしました。
20170617-掛川花鳥園 (0)

掛川駅で降りて、てくてくとお散歩です。
20170617-掛川花鳥園 (1)

武尊さんはひと足早く(いや、ひと足どころか数時間早く)、掛川花鳥園へ到着しておりました。
20170617-掛川花鳥園 (2)

ペンギンと記念撮影の権利を確実にゲットするため。
20170617-掛川花鳥園 (3)
げにげに、ありがとうございます。

ペンギンくんたちとバショウカジキもようやく到着です。
20170617-掛川花鳥園 (5)

親戚のみんなが元気で生活している姿を見て、ほっとしました。
20170617-掛川花鳥園 (4)-加工

花鳥園といえばこの景色。
毎朝毎夕、高いところまで機械設備を使いながら上がり、お水を供給するスタッフのおかげで、たくさんの植物が元気に花を咲かせているのでした。
20170617-掛川花鳥園 (9)

到着早々のどが渇きましたし、おやつもほしくなりました。
20170617-掛川花鳥園 (6)

おやつのケーキ、何にしようかな。
20170617-掛川花鳥園 (7)

選びたい放題です。
20170617-掛川花鳥園 (18)

冷たいコーヒーが気もちんよか~。
20170617-掛川花鳥園 (8)

武尊さん、予約してくれてありがとう!
20170617-掛川花鳥園 (10)

あれ、バショウカジキさん、何をするのですか?
20170617-掛川花鳥園 (11)

あっ、糸を切っちゃったの?
20170617-掛川花鳥園 (12)

何するの?
20170617-掛川花鳥園 (13)

あ~ら、ペンギンさんの帽子のできあがり。
ベトナムの帽子、ノンラーがお似合いですよ。
20170617-掛川花鳥園 (14)

3 羽 3 様ですね。
20170617-掛川花鳥園 (15)

まだまだ帽子はありますので、ペンギンくんたちの希望でノンラーの帽子をプレゼントしたいと思っています。
20170617-掛川花鳥園 (16)

美味しそうなお団子です。
20170617-掛川花鳥園 (17)

武尊さんは軽食を頼みました。
スイカ付きにつられての注文ではないかと。
20170617-掛川花鳥園 (19)-加工

バショウカジキさんはミルフィーユのケーキを頼みました。
20170617-掛川花鳥園 (22)

黄色い小鳥がつがいで寄り添っています。
20170617-掛川花鳥園 (21)

ケーキはとってもしっとり仕上がっていました。
20170617-掛川花鳥園 (23)

黄色い小鳥さんをしばらく愛でてからいただきましたよ。
20170617-掛川花鳥園 (24)

(つづく)

ノンラー/ペンスタ

ぴょんみさんからお便りをいただきました。
ノンラーを天井からつるしたそうです。
火炎樹の花がノンラーを華やかに見せています。
ペンギンくん、顔が笑っていないですね。
高いところはさぞかし気分がいいであろうと登ってみたものの、やや怖いのかもしれません。
20170625-ぴょんみさんより
画像をありがとうございました。

さて、ペンスタへ遊びに行きました。
20170620-Pensta (1)

ペンスタ店長、梅雨ですね。
レインコートの上にネクタイをしめるとは、営業活動もしっかりとやっておられますね。
20170620-Pensta (4)

ぬいぐるみパスケースのいちご付。
これは黒一色の出張カバンに付けたいと思います。
新幹線出張の際、出張カバンを網棚にのせると、イチゴをくわえたペンギンさんがぶらりんこぶらりんこして、バショウカジキさんの席はここですよと遠くから目印になります。
20170620-Pensta (2)

書類を束ねるのに大活躍のラバークリップ。
20170620-Pensta (3)
たくさんほしいです!

Nha Viet Nam ニャーヴェトナム 本店へ(後ペン)

(昨日 前ペンからのつづき)

ニャーヴェトナム本店でごはんをいただきました。
日本のベトナム料理店としては老舗ですね。
20170610-ニャー ヴェトナム (1)-加工

フォーはひとりひとり選べるので、それぞれ食べたいものをチョイスしました。

ピリ辛豚挽肉入り豆乳スープのフォーです。
20170610-ニャー ヴェトナム (21)

あ、赤い・・・
20170610-ニャー ヴェトナム (22)

いかがでしょうか。
20170610-ニャー ヴェトナム (26)

もっと辛くしたい方は、薬味の全てを入れましょう。
20170610-ニャー ヴェトナム (23)

鶏肉と野菜のフォーです。
優しい味でした。
20170610-ニャー ヴェトナム (24)

唐辛子は入れたくないな。
20170610-ニャー ヴェトナム (25)

バショウカジキは赤くない方がいいな。
20170610-ニャー ヴェトナム (27)-加工

デザートはココナッツミルクを使ったもの。
20170610-ニャー ヴェトナム (30)

タピオカと甘さ控えめの豆がたくさん入っていました。
20170610-ニャー ヴェトナム (31)

ベトナムコーヒーは、有無を言わさず練乳入りで提供されるのが当たり前だと思っております。
20170610-ニャー ヴェトナム (28)

しかし、ニャー ヴェトナムさんはきめ細やかですね。
甘くないのがいいという方のために、練乳抜きにもできます。
20170610-ニャー ヴェトナム (29)

照明を抑えている、雰囲気がよいお店なので、なかなかペンギン・ビューティ・チェックは難しいのでした。
20170610-ニャー ヴェトナム (32)-加工

お湯がすべて下に落ちたあと、コーヒー茶器の内部を確認させていただきました。
20170610-ニャー ヴェトナム (33)-加工

お、さすがにいいノンラーを飾っておられますね。
20170610-ニャー ヴェトナム (34)

一番下のノンラーをかぶったら、お店の方に一部始終を見られていました。
似合うと褒められましたよ。
20170610-ニャー ヴェトナム (36)

最後に、店内を少し探検しました。
20170610-ニャー ヴェトナム (35)-加工

今度はアラカルトで、コースメニュー以外の料理にも挑戦してみたいです。
20170610-ニャー ヴェトナム (37)

Nha Viet Nam ニャーヴェトナム 本店へ(前ペン)

武尊ペンが武尊さんのベトナム出張に先日同行しました。
日本に戻ってから、ベトナム料理屋さんに行きたくなったというので、恵比寿にあるニャーヴェトナム(= ヴェトナム館)本店へ出かけました。
20170610-ニャー ヴェトナム (2)-加工
バショウカジキたちが利用した 1 階はカジュアルな雰囲気。
2 階や 3 階はパーティでのおもてなしで利用される特別フロアと聞いております。

ナプキンの形は、蓮の花でしょうか。
いや、少し形が違うので、別のものを表現されているのかもしれません。
20170610-ニャー ヴェトナム (3)

パクチージャスミン茶、興味あり。
20170610-ニャー ヴェトナム (4)-加工

ペンギンさん、ナプキンに寝そべってみました。
これからごはんだから、それはダメですよ。
20170610-ニャー ヴェトナム (6)

欲しいメニューがコース料理にバランスよく含まれていたので、コースを頼みました。
20170610-ニャー ヴェトナム (7)

注ぐと同時にパクチーの香りもふわっとあがってきました。
パクチーと聞いて、えぇぇ?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、お茶の香りは上品でした。
20170610-ニャー ヴェトナム (8 9)-加工

武尊さんはスイートライムソーダを頼みました。
20170610-ニャー ヴェトナム (10)

青いパパイヤのサラダ、小海老と豚肉の野菜入り生春巻きです。
20170610-ニャー ヴェトナム (11)

美味しそう!
20170610-ニャー ヴェトナム (13)

野菜たっぷりで、何本も食べたくなる生春巻きでした。
20170610-ニャー ヴェトナム (14)

きちんと野菜も食べましょう。
20170610-ニャー ヴェトナム (15)

前菜の 2 種盛り合わせ。
ひと口揚げ春巻きと甘辛のソースでいただく鶏肉のから揚げ。
20170610-ニャー ヴェトナム (12)

鶏肉って何でしたっけ。
トリさんって何でしたっけ。
ボクは鳥のぬいぐるみですから。
20170610-ニャー ヴェトナム (16)

揚げ物は美味しいね。
20170610-ニャー ヴェトナム (17)

壁にかかっており、どうしても気になったハンガーです。
20170610-ニャー ヴェトナム (18)

ココナッツの果肉の衣で揚げたキャットフィッシュ。
20170610-ニャー ヴェトナム (19)

キャットフィッシュって何だと思いますか?
20170610-ニャー ヴェトナム (20)
ナマズです。

後ペンへつづく

命名「わっしょい」

すみだ水族館で、今年の 4 月 19 日に誕生したマゼランペンギンの赤ちゃんを、ゴールデンウィークの後半に見に行ったときには、まだ小さな小さな雛鳥でした。
20170507-すみだ水族館 (14)-加工2

「元気な東京」をイメージする名前を募集していたので、バショウカジキもアイデアをひとつ提出して帰宅しました。
20170507-すみだ水族館 (38)-加工2

その結果、名前は「わっしょい」に決まったそうです。
20170623-わっしょい-加工
すみだ水族館 HP より

初めてプールに入る際、とても躊躇する様子を動画で閲覧しました。
かわいらしい雛鳥です。
20170623-わっしょい2
すみだ水族館 HP より

すみだ水族館へ、わっしょいの成長ぶりを見に行かねば。

人間ドック

昼食付きの人間ドックを毎年受診します。
胃カメラなどの試練があり、医師からの当日速報とコメントをいただいた後は、お楽しみの昼食です。
デザート含め、500kcal におさえていると伺っております。
20170622-人間ドック (1)-加工

ゆずシャーベットだね。
20170622-人間ドック (2)

甘さ控えめ。
ひんやりとして美味しいよね。
20170622-人間ドック (3)

なんとなく、水風船の柄に見えてしまうのでした。
20170622-人間ドック (4)

昼食後、1 時間の待ち時間があります。
20170622-人間ドック (5)

食後 1 時間経過してからの採血その他の作業があるからです。
名前を呼ばれるまで、週刊誌を閲覧することにしました。
20170622-人間ドック (8)-加工

これは『週刊文春』の伊集院静さんの連載コラム。
20170622-人間ドック (7)
『週刊文春』 2017 年 6 月 22 日号より

バショウカジキさんが描いて失敗した Suica ペンギンの顔(覆面レスラーみたいな顔)に似たイラストを発見。
ペンギンくんたちは嬉々としました。

その後近くにあったバックナンバーを順々に見ていきました。
この顔が毎号どこか 1 か所登場しているのを知り、さらに嬉しくなりました。
20170622-人間ドック (6)-加工
『週刊文春』 2017 年 6 月 22 日号より

スクンビット・ソイ・トンロー(タイ料理) 後ペン

東京駅八重洲口からとても近い場所にある、スクンビット・ソイ・トンローというタイ料理のお店にて、お食事をしたときのお話の後ペンです。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (24)-加工

力ずくで取ろうとして奮闘してようやく取り出すことができるメニュー。
挟む物に対して厚みが厚すぎます。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (17)

辛いのが苦手なヒトがいるから、辛くなく作ってね、とお願いしました。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (14)-加工

箸の先とは逆側のこの変形、バショウカジキの手への当たりが合いにくかったです。
不思議な変形箸でした。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (16)

彩り野菜のいためもの
辛くないです。優しい味。
お野菜をたっぷりいただきます。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (9)

生春巻き
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (8)

ふわふわ海老のすり身揚げ
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (11)

春雨と豆腐のあっさりスープ
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (10)

これはバショウカジキがとても美味しいと思ったスープでした。
もちろん、辛くありません。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (15)

一般的にはこれが美味しいと言われるのかな。
トムヤムヌードルです。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (18)

あたたかなお茶でしめくくり。
ごちそうさまでした。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (13)

スクンビット・ソイ・トンロー(タイ料理) 前ペン

東京駅八重洲側にやってきました。
ペンギンくんたちの後ろに映る建物は、大丸東京店ですね。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (25)

ようこそ、バンコクへ!
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (24)

いつもに増して、ペンギンくんたちが笑顔のような気がいたしました。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (21)

海外旅行にやってきたみたいです。
ドリアンがいっぱい。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (22)

以上はスクンビット・ソイ・トンローというタイ料理のお店のエントランスです。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (23)

席につきましょう。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (20)-加工

お客様で席はほぼ埋まる人気店。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (19)-加工

ペンギンくんたちのアドバイスを聞きながら、お料理を注文しました。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (3)-加工
シーフードもいいけれど、生春巻きを食べたいね。

お店の従業員は、タイの方のようでした。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (14)-加工

さぁこれから待ちに待ったごはんですよ。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (1)

(つづく)

新発売のおやつ

無印良品には、数か月に 1 度ぐらいの頻度でふらっと立ち寄ります。

だから、たいてい見たことがないお菓子に出会います。

「新」と札が付いている中から、ふたつ買ってしまいました。
20170618-おやつ (1)

ひとつはクラックプレッツエルの「パウチー味」。
袋を開封した瞬間から、パクチーの香りがふわっと上がってきました。
20170618-おやつ (2)

パクチーの味が本当に強い。
美味しく、上手に作っていると思いました。
20170618-おやつ (4)
パクチーが嫌いな方にはおすすめしませんが。

もうひとつ、期間限定のレモンのブールドネージュ。
20170618-おやつ (3)

この姿がたまらなく好きです。
20170618-おやつ (5)

バショウカジキさんにおつきあいして、お約束のこの表情です。
20170618-おやつ (6)
よろしい。

爽やかなレモンの酸味が、このお菓子にこんなに似合うなんて。
梅雨時のすっきりしない雰囲気を、爽やかに変えていきましょう。
20170618-おやつ (7)

ごちそうさまでした。

クリスピーバームクーヘン

市川市にお住いのHさんから、プレゼントをいただきました。
クリスピーバームクーヘンというもの。

ありがとうございます。

ペンギンくんたち、おやつの入ったボックスの脇で何をしているの?
20170610-クリスピーバームクーヘン (2)-加工

あら、ペンギン・ビューティ・チェックをしていたのですね。
20170610-クリスピーバームクーヘン (1)
いいんでねぇの。

ボックスの中には美味しそうな焼菓子が入っていますね。
20170610-クリスピーバームクーヘン (3)

表面はカリカリしているように見えます。
20170610-クリスピーバームクーヘン (4)

焼菓子の説明書きを読みましょう。
20170610-クリスピーバームクーヘン (8)

モンドセレクション金賞受賞ですって。
20170610-クリスピーバームクーヘン (9)

しっとりしたバームクーヘンの外側がカリカリしているという、やや風変わりなもの。
20170610-クリスピーバームクーヘン (6)

このボコボコしたものをちょっとつまんで食べたいねぇ。
20170610-クリスピーバームクーヘン (7)

ナイフを入れて、きちんと切れるかどうか心配。
20170610-クリスピーバームクーヘン (10)

ペンギンくんたちが作業を見つめていてくれました。
20170610-クリスピーバームクーヘン (11)

ねぇ、この角度から向こう側にいるひとに、覗いてもらおうよ。
20170610-クリスピーバームクーヘン (13)

こにゃにゃちは~。
20170610-クリスピーバームクーヘン (12)

「黒ひげ危機一髪」ごっこ。
20170610-クリスピーバームクーヘン (16)-加工

武尊ペンのウェストだと抜けなくなりそうです。
20170610-クリスピーバームクーヘン (17)

いただきます。
20170610-クリスピーバームクーヘン (18 19)-加工

しばらくはこのボックスが秘密基地になりそうです。
20170610-クリスピーバームクーヘン (5)

マリンワールド/ノンラー/おしごと展

ペンギンの話題いろいろ。

1)マリンワールド(福岡)

タイにお住いのMさんからペンギンの画像をいただきました。
ありがとうございます。
一時的に日本へ帰省した際、マリンワールドへ足をのばされたそうです。

お子さんがたくさん見物する隙間から、シャッターチャンスを押さえた写真を撮られました。
20170618-マリンワールド (2)

アップです。
口の中が見えちゃっていますね。
20170618-マリンワールド (1)

2)ノンラー

ぴょんみさんちのペンギンくんたちも、ノンラーを手にしたそうです。
お似合いです。
おとなりにさりげなく、チューブくんがいます。
かわいらしい画像をありがとうございます。
20170618-おともだちより

3)さかざきちはる おしごと展

市川にお住いのHさんが、駅に置いてあったおでかけ情報誌から「おしごと展」の案内をお知らせくださいました。
20170618-お知らせ
そのほか、ひなっちさんからもご案内をいただきました。

☆詳細を知りたいという方は、芳澤ガーデンギャラリー HP をご覧になってご確認ください。
http://www.tekona.net/yoshizawa/

Hさん、ひなっちさん、どうもありがとうございました。

父の日

父の日ですね。
ペンスタに遊びに行きました。
20170615-ペンスタ (2)

店長が父の日にプレゼントをもらったようですね。
20170615-ペンスタ (1)

梅雨入りしたのでカエルペンもいました。
20170615-ペンスタ (3)

15グッズに新たな商品が登場。
ブックカバーです。
中央線の中で、このブックカバーで本を読んでいる方を見つけました。
しばらく絵柄から視線を外せませんでした。
今度はバショウカジキがこのブックカバーを使って持ち歩いて誰かの視線を集めたいと思います。
20170615-ペンスタ (4)
ペンギンくんたちの視線も集めます。

お風呂に入りました

バショウカジキペンが言いました。
武尊ペンもペンギンさんも、腹黒いですよ。
20170611-お風呂 (1)
二羽とも山登りをしたり、海外出張に同行したりして、腹黒くなったのですね。

そう話していたら、バショウカジキさんが泡立て器を使いながら、お風呂を準備してくれました。
20170611-お風呂 (2)

えっ?
一番風呂は、一番腹黒くないバショウカジキペンなの?
20170611-お風呂 (3)

湯加減はいかが? とペンギンさん。
20170611-お風呂 (4)
気持ちんよか~、良かとね~。

バショウカジキペン、体重が重くなってきたね。
20170611-お風呂 (5)

ペンギンさんもお風呂に入ってきました。
20170611-お風呂 (6)

泡まみれ。
20170611-お風呂 (7)

武尊ペンも入ってきましたよ。
20170611-お風呂 (8)

泡で体を洗います。
20170611-お風呂 (9)

人生最大の体重まで増加したので、ブルブルして元に戻さねばなりません。
20170611-お風呂 (12)

お風呂のあとのゆったりとした時間の流れ方がいいですね。
乾ききるまでは外出もお休みです。
20170611-お風呂 (13)

パキラ/牛久/Nón lá(ノンラー)

パキラの若葉が日に日に大きく成長しています。
20170608-パキラ

あっという間に、もともとあった葉と同サイズまで成長しました。
ペンギンくんたちにとって、成長が早いパキラは うらやましいのでした。
20170614-パキラ

さて、先日早起きして茨城県牛久市まで向かい、仕事をしてきました。
上野発の電車は貸し切り状態。
20170614-牛久へ

牛久の大仏様をご存じですか。
120m 高さのたいへん大きな大仏様です。
東本願寺の方向を向いて立っています。
85m 高さのところに展望台があり、スリット部から景色を眺めることが可能です。
20170614-牛久大仏 (3)-加工

さて、武尊ペンが Nón lá(ノンラー)を日本でも扱うお店を発見したそうです。
ハノイの空港で購入したものとまったく同じものが、日本でも購入可能です。
20170614-葉笠 (1)-加工

これをとてもとてもほしいと言った、バショウカジキのおともだちがおりました。
20170614-葉笠 (2)

お友だちにさっそく送りたいと思います。
20170614-葉笠 (3)

Nón lá(ノンラー)

武尊ペンが、ベトナムのお土産としてNón lá(ノンラー)を買ってきました。
ベトナムの方がかぶる伝統的な葉笠です。
5個のノンラーが糸でつながっており、つりさげて飾るもの。
20170527-ベトナム土産 (1)

夏のお出かけに、毛糸の帽子は暑いでしょ。
ノンラーをかぶって、涼しげにお出かけしたらどうかなって。
20170527-ベトナム土産 (3)-加工

おー、素敵ですね。
20170527-ベトナム土産 (4)

似合ってる~。
20170527-ベトナム土産 (5)

いいねぇ。
20170527-ベトナム土産 (6)

え、三枚重ねは欲張りだよ。
20170527-ベトナム土産 (7)

笠の裏側が火炎樹のお花の絵柄なのも大発見でした。
20170527-ベトナム土産 (8)-加工

ノンラーをかぶってお出かけするのが楽しみです。

武尊ペン、ベトナムへ(後ペン)

武尊さんの出張に同行して、武尊ペンはベトナムに出かけました。
ハイフォンの街、ハノイの街と滞在し、本日はその最後として、ハノイの街を見て歩いた話で締めくくります。
20170524-ベトナム (61)

ベトナムと言えば、蓮の花ですね。
この花の優しげな色相がすてきです。
20170524-ベトナム (60)

カメさんがいるお寺へ。
こにゃにゃちは~。
20170524-ベトナム (62)

こにゃにゃちは~。
20170524-ベトナム (63)

宮殿に入るためのチケットを買います。
20170524-ベトナム (64)

宮殿の門、立派ですね。
20170524-ベトナム (65)

宮殿でございます。
20170524-ベトナム (66)

ホーチミンさんのお墓です。
20170524-ベトナム (67)

衛兵の交代です。
20170524-ベトナム (68)

衛兵みたいに えばってみる。
20170524-ベトナム (69)

柱の上に建つお寺です。
20170524-ベトナム (70)

Oishi スナックの数々。
東南アジアはサシェットが多いですね。
20170524-ベトナム (71)

ココナッツミルクがとっても美味しかった。
20170524-ベトナム (72)

これは博物館の入り口です。
20170524-ベトナム (73)-加工

火炎樹の花が咲き乱れておりました。
20170524-ベトナム (74)

空港でフォーをいただきました。
美味しかった。
20170524-ベトナム (75)

機内食だって美味しくいただきます。
20170524-ベトナム (76)

無事に日本に戻りました。
また、武尊さんにベトナムでのお仕事がありますように。
20170524-ベトナム (77)

(完)

武尊ペン、ベトナムへ(中ペン)

武尊さんはベトナムに出張しました。
武尊ペンが同行し、昨日はハイフォンでの滞在の様子をお伝えしました。
20170524-ベトナム (28)

首都ハノイに移り、ハノイのホテルの部屋へ。
20170524-ベトナム (29)

武尊さんと武尊ペンがステイするには十分な広さ。
武尊さんと枕投げごっこができそうでした。
20170524-ベトナム (30)

ホテルのウェルカムフルーツに、街角で買ったパイナップルを追加したら、とっても豪華なプレートになりました。
パイナップルスライサーで切ると、簡単にこのような切り口に仕上がるそうです。
20170524-ベトナム (41)

ちまきです。
20170524-ベトナム (31)

中身は牛肉でした。
20170524-ベトナム (32)

野菜などの揚げ物。
20170524-ベトナム (33)

フルーツ盛り合わせ。
日本のフルーツ盛り合わせとは異なりますね。
20170524-ベトナム (34)

一晩明けて、朝食のバイキング。
20170524-ベトナム (35)

なんかねぇ、取りすぎちゃいますよね。
20170524-ベトナム (36)

すべてに興味しんしんです。
20170524-ベトナム (37)

ベトナムに初出張ということで、ごはんに何を食べたかチェックするにあたり、武尊ペンは少し規制を緩めたと申しておりました。
たくさん食べても大目に見たそうです。
20170524-ベトナム (38)

ハノイの街並みです。
20170524-ベトナム (39)
20170524-ベトナム (40)

ハノイの街中の教会へ。
20170524-ベトナム (42)

ボクね、お忍びで写しているので結構タイミングをはかるのが大変なのですよ。
20170524-ベトナム (43)
20170524-ベトナム (44)

スモモ?に囲まれて幸せでした。
ちょっと早熟で、酸っぱかったですけれどね。
20170524-ベトナム (45)

お寺にも出かけたのです。
20170524-ベトナム (46)

柱には躍動感のある虎の柄が。
20170524-ベトナム (47)

100,000 ドン札の裏面にも描かれている、奎文閣(1805年建立)。
20170524-ベトナム (48)

これですね。
20170524-ベトナム (86)

中に入っていきます。
20170524-ベトナム (49)

科挙(かきょ)試験合格者の氏名が刻まれた石碑。
亀の背中の上に乗っていました。
科挙は中国で隋から清まで実施された、代々王朝に仕えるエリート官僚を選抜する制度です。
それに倣ってベトナムでも実施されていたのでした。
20170524-ベトナム (84)

人・人・人!
20170524-ベトナム (50)

見るものがすべて初めてで、とても興味深かったです。
20170524-ベトナム (51)

たくさんの方が訪れているのですね。
20170524-ベトナム (52)

亀さんですね。
こにゃにゃちは~。
20170524-ベトナム (53)

こにゃにゃちは~。
20170524-ベトナム (54)

学問の神様にご挨拶しにいきます。
20170524-ベトナム (55)

学問の神様にたくさんお願いごとをしましたよ。
中身は内緒です。
20170524-ベトナム (56 57 58)-加工

(後ペンへつづく)

武尊ペン、ベトナムへ(前ペン)

武尊さんは、ビジネスでベトナムへ出かけました。
武尊ペンが同行しました。
20170524-ベトナム (1)-加工

1 JPY(日本円) ≒ 205.65 VND(ベトナムドン) 2017.6.9 現在
ゼロの数を見て、武尊ペンはお金持ちになったような気がしました。
20170524-ベトナム (2)-加工

お金持ちの気分になり、空港のファストフードでチキンをいただきました。
20170524-ベトナム (3)
チキンって何でしたっけ? トリって何でしたっけ?

「ハノイ・ノイバイ空港国際線新ターミナル」、「空港と市内を結ぶ高速道路」、東南アジア最長ともなる連続斜張橋「ニャッタン橋」は日本のODA(政府開発援助)で整備されたものですね。
その説明が記載されているのであろうと思います。
20170524-ベトナム (5)

武尊さんは今回、単独ではなく同僚の皆さんと出張したので、武尊ペンはお忍びです。
そっと皆さんの後ろからついて行って、気配を消しています。
20170524-ベトナム (6)

左は生春巻き。
右はコロッケのようなもの。
20170524-ベトナム (7)

炒め物。
食べた武尊さん自身が、これは何であるということを説明できず・・・
20170524-ベトナム (8)

カニさんです。
20170524-ベトナム (9)

ココナッツの香りのする皮の中に、野菜やお肉が入ったもの。
20170524-ベトナム (10)

いわゆるチャーハンですね。
20170524-ベトナム (11)

ハイフォンという都市のホテルは広かった。
二部屋ありました。
ソファの部屋。
20170524-ベトナム (12)

ベッドルーム。
武尊さんと武尊ペンが宿泊するのには十分すぎる広さです。
20170524-ベトナム (13)

トイレ、お風呂を含めてひととおり武尊ペンはチェックして回りました。
20170524-ベトナム (14)

日本でいうところの、昭和時代に建てられた公団住宅のような雰囲気があったそうです。
20170524-ベトナム (15)

ハイフォンは、三つめの大きい工業都市。
その街のスーパーへやってきました。
20170524-ベトナム (16)

ここでも武尊ペンはお忍びで背後からこっそりと。
20170524-ベトナム (17)-加工

ビーフンコーナー。
20170524-ベトナム (18)

パック野菜のコーナー。
20170524-ベトナム (19)

野菜コーナー。
20170524-ベトナム (20)

イモ?コーナー。
20170524-ベトナム (21)

レモンソルトは珍しいなと思って買い求めました。
20170524-ベトナム (22)

ホテルの部屋で、スーツケースに暮らす色白のペンギンちゃんと、お土産について少し話をしました。
20170524-ベトナム (23)

ホテルの朝食、何をいただこうか迷っちゃいますね。
20170524-ベトナム (25)

スイカの大人食いはしていませんでした。
20170524-ベトナム (26)

ホテルからハイフォンの街並みを眺めました。
20170524-ベトナム (27)

(中ペンへつづく)

切手

お腹が空いているときの、ケーキ、一段と美味しいですね。

アップルクーヘンがお腹にしみわたります。
20170527-イノダ (2)-加工

黄金桃のシブースト、期間限定ということで、あともう 2 回ぐらいはいただきたい美味しさ。
20170527-イノダ (6)

美味しいものを食べすぎて、体型が変わっていないかしら。
ボクらはペンギン・ビューティ・チェックでセルフ確認をしています。
20170527-イノダ (9)-加工
いいんでねぇの。

さて、東京駅の地下の郵便局で買ったばかりの切手を取りだしました。
7 月に発売されるペンギンの切手の広告もいただいてまいりました。
20170608-切手 (1)

切手にはスイカの絵柄がありました。
20170608-切手 (2)-加工

貝殻、かき氷。
ちょっと興味をひく切手シリーズでした。
20170608-切手 (3)

気象・たい焼き・玉子焼

「気象・たい焼き・玉子焼」

巨人・大鵬・卵焼きといった話ではございません。

本日は、気象・たい焼き・玉子焼の話題を。

①気象

バショウカジキは業界の関係で、一般財団法人 日本気象協会様を訪問しました。
とあるビルの、55 階にありました。
少しでもお空に近い場所にあるのですね。
20170606-日本気象協会 (1)-加工

ペンギンくんたちは、見たくてしょうがない感じでしたが、空気を読んでカバンの中に入りました。
20170606-日本気象協会 (2)

情報室に通され、この写真のように気象予報士さんたちがずらりと画面に向かっておられました。
刻々と更新される情報から、顧客の方々にわかりやすく情報を発信するため、仕事に邁進される姿を目の当たりにしました。
20170606-日本気象協会 (3)
一般財団法人日本気象協会 様 パンフレット より引用

月曜日、都内でごくごく一部のエリアにゲリラ豪雨が降り、電車でその地域を通過しました。
車両に当たる雨の音が異常なまでにうるさかったです。
そのときの天気図を見せていただきました。
ピンポイントで降るこのゲリラ豪雨の地域特定は難しいとのことですが、通常の天気予測は 3 日先ぐらいならば 80% 程度の確率で当てることができるそうです。

②たい焼き

出張で日本橋エリアに出かけました。
人形町の柳屋さんに夕方立ち寄り、買ってアツアツのところを食べ歩きしました。
あんこが熱くて、くちびるを火傷しそうになりました。
とっても美味しいのでした。
20170608-人形町 (2)

③玉子焼

柳屋さんのすぐ近くに、バショウカジキが大好きな焼鳥屋さんがあります。
鳥忠(とりただ)さんです。
20170608-人形町 (3)

鳥とか鶏とか書いてあるね。
20170608-人形町 (4)

トリってなんでしたっけ?
ぼくらもトリでしたっけ?
でも、ぬいぐるみだからね。
20170608-人形町 (5)

このお店の玉子焼が好きです。
20170608-人形町 (6)

これ、食べちゃう?
20170608-人形町 (7)-加工

あまじょっぱい玉子焼。
箸を入れると じゅわーっとだし蜜が滲み出してくる独特の味。
久しぶりにいただきました。
20170608-人形町 (8)-加工

以上、気象・たい焼き・玉子焼の話題でした。

シャン・ドゥ・ソレイユ Chanp de Soleil (後ペン)

東京・神田のベルギー料理のお店「シャン・ドゥ・ソレイユ (Chanp de Soleil)」に、同じ業界の H さんと一緒に来店しました。
昨日からのつづきでお伝えいたします。
20170530-シャンドソレイユ (9)-加工

お店の看板メニューのひとつ、ムール貝の田舎風を頼みましたら、ムール貝の中に何かを発見。
20170530-シャンドソレイユ (19)

カニさんでした。
もしゃもしゃした食感でしたよ。
20170530-シャンドソレイユ (21)

牛ほほ肉のベルギービール煮込み
これはお店のイチおしメニューです。
やわらか~く口の中でほぐれていきます。
20170530-シャンドソレイユ (24)

カトラリー置きを見つめて・・・
20170530-シャンドソレイユ (27)

遊び道具にしてしまうペンギンくんたちです。
20170530-シャンドソレイユ (26)

ホワイトアスパラガスのアイスクリーム ルバーブジャム添え
20170530-シャンドソレイユ (28)

ちょうど来店した日からの提供ということで、これをデザートとして迷わずにチョイス。
20170530-シャンドソレイユ (29)

ルバーブジャムと合います。
20170530-シャンドソレイユ (31)

今日はペンギン・ビューティ・チェックしなくてもいいよね。
20170530-シャンドソレイユ (32)

4 時間近く滞在してしまいました。
美味しい料理でした。
ごちそうさまでした。
20170530-シャンドソレイユ (34)

シャン・ドゥ・ソレイユ Chanp de Soleil (前ペン)

東京・神田のベルギー料理のお店にやってきました。
シャン・ドゥ・ソレイユ (Chanp de Soleil)は、同じ業界の方、大事な方と会食する場としてたびたび利用しています。
今回は、同じ業界の H さんと一緒に来店です。
20170530-シャンドソレイユ (33)

ペンギンさんは中国にいるので、お店に今回来られなくて残念です。
20170530-シャンドソレイユ (1)-加工

席はこちらにしましょう。
20170530-シャンドソレイユ (2)

テーブルの上に上っても、なんとなく許していただけるのはボクらだけです。
20170530-シャンドソレイユ (4)

下戸なのでビールはいただけません。
ビールメニューだけで構成されるようなメニューがあるのは圧巻です。
20170530-シャンドソレイユ (5)

今回選ばなかったメニューにも、魅力的なものがあります。
うなぎのグリーンソースは、いつか頼みたいと思っています。
20170530-シャンドソレイユ (11)

ノンアルコールビールを頼んでみました。
香りが豊か。
ビールの雰囲気を味わうのに好適です。
20170530-シャンドソレイユ (9)

行儀よくするのだよ。
20170530-シャンドソレイユ (12)

ホワイトアスパラガスとズワイガニのサラダ仕立て グリーンマスタードソース
3月に来訪したときにもホワイトアスパラガスをいただくことができました。
あの時にはシーズン出始めと伺いました。
20170530-シャンドソレイユ (13)

リエージュ風サラダ
インゲン、ジャガイモ、ベーコンのホットサラダです。
赤ワインヴィネガーの香りがふわっと上がってきます。
ビールにとてもよく合うサラダだそうです。
20170530-シャンドソレイユ (14)

ムール貝の田舎風
トマト、ニンニク、香草入りで、ムール貝の料理の中では一番人気の名物メニュー。
20170530-シャンドソレイユ (16)

これで一番小さいサイズなのです。
20170530-シャンドソレイユ (15)-加工

ボリュームがあり、とにかく美味しいのだから。
20170530-シャンドソレイユ (18)

(つづく)

下関 海響館 / パキラ

ひなっちさんから、山口の下関にある海響館のリポートをいただきました。

お食事のとき、ずいぶんお行儀が良いですね。
20170601-下関の海響館 (1)

ガラス越しにたくさんのペンギンさんを観察できます。
20170601-下関の海響館 (2)-加工

ところで、山口には石灰石鉱山と宇部興産さんの専用道路などを観光するコースがあります。
人気が高いそうです。
画像の採掘場、1 段 10 m 高さと伺いました。
水の色から、強アルカリと推測いたします。
20170601-採掘場

ひなっちさん、どうもありがとうございました。

さて、バショウカジキの家の「パキラ」が、暖かな季節になって今年も新しい葉をどんどん成長させています。
20170531-パキラ

今はペンギンくんたちより小さな姿ですが、あっという間に追い抜くことをペンギンくんたちは知っています。
20170603-パキラ-加工

成長が楽しみです。

太陽の実(マンゴーゼリー)

友人のみすずさんから花束をいただき、しばらく食卓に飾って楽しみました。
20170517-ゆるり酒槽 (16)-加工

美味しいものもいただいたのだって。
20170517-太陽の実 (1)

先にリサーチしますよ。
20170517-太陽の実 (2)

太陽の実というマンゴーゼリーです。
包装はマンゴーの姿を表現したもの。
20170517-太陽の実 (3)

色あいはアップルマンゴーですね。
20170517-太陽の実 (4)

すごいな、包装のこのようにお金をかけることができるなんて。
20170517-太陽の実 (5)

早く食べましょうよ。
20170517-太陽の実 (6)

むむむ、剛性があってなかなか出てきません。
しばしお待ちを。
20170517-太陽の実 (7)

つるんとしたゼリーです。
20170517-太陽の実 (8)

ペンギンくんたち用には、小さじサイズでゼリーをすくいます。
20170517-太陽の実 (9)

のどごしの良い、濃厚なマンゴーゼリーでした。
20170517-太陽の実 (10)

バショウカジキは大さじサイズで大きくすくっていただきますよ。
20170517-太陽の実 (11)

みすずさん、ごちそうさまでした。
美味しくいただきました。

ゆるり。酒槽(さかふね)

とても美味しそうなお料理屋さんに平日の夜、出かけました。
20170517-ゆるり酒槽 (1)

ご立派なイシダイなどが泳いでいますね。
20170517-ゆるり酒槽 (2)

スマホをかざしてペンギンくんたちを撮影しておりましたら、後ろから粋な板長から
「明日の The New York Times の 1 面に出ちゃったりして?」
とお声かけいただきました。
20170517-ゆるり酒槽 (4)
恥ずかしいですね。

今日の指定席はこの樽の中。
大阪からお越しのご婦人がお待ちですね。
20170517-ゆるり酒槽 (3)-加工
あっ、みすずさんですね。

旬鮮魚3種盛り合わせ
ペンギンくんたち、背が届くかな?
20170517-ゆるり酒槽 (6)

鮭といくらの大根サラダ
このような組合せのサラダは、日頃あまりお目にかかりません。
20170517-ゆるり酒槽 (5)

樽の指定席から外の景色を眺めます。
20170517-ゆるり酒槽 (7)

七輪が登場しました。
20170517-ゆるり酒槽 (8)

エイヒレを焼くのですね。
20170517-ゆるり酒槽 (9)

鶏ハラミ黒焼き
近づくと「脂はね」しそう。
おっかなびっくり近づきます。
20170517-ゆるり酒槽 (10)

里芋の唐揚げ
これがとても美味しい!
20170517-ゆるり酒槽 (11)

マグロのかまとろ葱ま鍋
20170517-ゆるり酒槽 (12)

お腹が膨れてきました。
20170517-ゆるり酒槽 (13)

でも、うどんは別腹です。
20170517-ゆるり酒槽 (14)

みすずさんから花束をいただきました。
20170517-ゆるり酒槽 (15)

さっそく花瓶に活けました。
ありがとうございます。
食卓が華やかになりました。
20170517-ゆるり酒槽 (16)

袈裟丸山(後ペン)

武尊ペンは、武尊さんと今年沢山山登りを楽しんでおります。
昨日からの続きとして、袈裟丸山登山についてお話いたします。
20170521-袈裟丸山 (16)-加工

三角点にも立ちましたよ。
20170521-袈裟丸山 (17)

山頂のごはんづくりは人気者になれるのです。
20170521-袈裟丸山 (18)

美味しいにおいが漂いますからね。
さて、いただきます。
20170521-袈裟丸山 (19)

頂上からの上州武尊山を眺めました。
上越の山々がきれいでした。
20170521-袈裟丸山 (20)-加工

この先は通行止め。
昔は八反張のコルを超えてあちらまで行けたのですが、今は通行止めです。
崩落も進んでいるらしいので遠慮しておきましょう。
20170521-袈裟丸山 (22)

山頂を後にして見つけた、ヤマザクラ(かな)。
20170521-袈裟丸山 (24)

ボクはお花が大好きです。
20170521-袈裟丸山 (25)

ここでもう一度ごはんをいただきます。
20170521-袈裟丸山 (26)

サッポロ一番塩らーめんは、山によく持参します。
20170521-袈裟丸山 (27)

元の登山口に戻りました。
20170521-袈裟丸山 (28)

今回も無事に下山できたことに感謝です。
20170521-袈裟丸山 (29)

袈裟丸山(前ペン)

今年武尊ペンは、武尊さんと山に足繫く通っております。

袈裟丸山に登山にやってきますした。
折場口登山口です。
入り口に駐車場、水場やトイレ、東屋などがあります。
20170521-袈裟丸山 (1)

最初は階段状の道を登ります。
20170521-袈裟丸山 (2)

しばらく登ると視界が開けるのでした。
20170521-袈裟丸山 (3)

これから向かう袈裟丸、たぶん前袈裟が見えています。
20170521-袈裟丸山 (4)

袈裟丸山がきれいに見えます。
今回は一番左の前袈裟までかなぁ。
20170521-袈裟丸山 (5)

賽の河原の手前に展望台がありました。
20170521-袈裟丸山 (6)

上に登って景色を見ます。
20170521-袈裟丸山 (7)

賽の河原。
塔ノ沢コースと合流します。
20170521-袈裟丸山 (8)

ツツジが咲いていました。
20170521-袈裟丸山 (9)

そこかしこにツツジの花が咲いています。
20170521-袈裟丸山 (10)

青空とのコントラストがきれいです。
20170521-袈裟丸山 (11)

子丸山到着。
20170521-袈裟丸山 (12)

ここからも袈裟丸連峰がよく見えます。
20170521-袈裟丸山 (13)

ツツジと袈裟丸山。
20170521-袈裟丸山 (14)

避難小屋です。
気持ちの良い広場。
20170521-袈裟丸山 (15)

最後の急な登りを経て前袈裟に到着。
20170521-袈裟丸山 (16)

(つづく)

映画『チャップリンからの贈りもの』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、今年の夏で16年を迎えます。

『チャップリンからの贈りもの』
(フランス作品,2014年)
20170528-映画会 (11)-加工

1977年12月25日、喜劇王チャップリン死去。スイスのレマン湖畔にある墓地に埋葬されました。
それを知ったお調子者の男性エディは、チャップリンの棺を盗んで身代金をせしめ、生活を立て直そうと思いつきます。
入院中の妻と幼い娘を抱え、医療費が払えないほど貧しい生活を送っていたのです。
親友オスマンを誘って決死の犯行に及ぶが、計画は穴だらけ。
ツキにも見放され、2人は窮地に追い込まれてしまいます。
そこでオスマンは最後の賭けに出たのでした。


お腹が空いたねぇ。
サラダをまずいただきましょう。
20170528-映画会 (1)

カレーはいつものとおり、野菜がとても美味しいです!
20170528-映画会 (2)

バショウカジキさんが時間があるときには、ちょっと遊んでくれます。
20170528-映画会 (3)

泡立ちコーヒーをぐるぐるとかき混ぜます。
20170528-映画会 (5)

どうなる?
20170528-映画会 (6)

泡が消えていくのでした。
(当たり前のことです。)

でもペンギンくんたちはいつも熱心に観察しています。
このレストランは照明を落とし気味ですので、ペンギン・ビューティ・チェックができるほどの明るさはありません。
20170528-映画会 (8)

武尊ペン、山登りでだいぶ腹黒いよ。
20170528-映画会 (9)-加工

バショウカジキペンも結構汚れてきたので、武尊ペンと同じタイミングでお風呂に入りましょう。
20170528-映画会 (10)-加工

丹沢山(後ペン)

(中ペンからの続き)

ゴールデンウィーク後半に、武尊ペンは丹沢山登山を楽しみました。
20170505-丹沢 (26)-加工2

鍋割山荘です。
20170505-丹沢 (41)

こちらの鍋焼きうどんは美味しいのですが、営業は終了。
残念!
20170505-丹沢 (42)

鍋割山の上は広々とした草原。
20170505-丹沢 (43)
20170505-丹沢 (44)

鍋割山から林道まで降りできました。
大倉まで長い林道歩きが待っています。
20170505-丹沢 (45)

林道は緑のトンネルなのですが・・・
とにかく林道が長い。
20170505-丹沢 (46)

二股まで到着。
大倉方面はここからまた山道を少し。
20170505-丹沢 (47)

そして一般の道路に出ました。
20170505-丹沢 (48)

街からは丹沢がきれいに見えます。
駐車場まで戻り、長いハイキングは終了です。
20170505-丹沢 (49)

鍋焼きうどんは逃したけどね、代わりにごちそうをいただきましたよ。
20170505-丹沢 (50)-加工

登山記録です。
20170505-丹沢 (52)

後日、ゴールデンウィーク中の雲取山・丹沢山登山を写真集として残しました。
20170505-雲取山・丹沢 (1)

武尊ペン、登山をがんばったよね。
20170505-雲取山・丹沢 (2)

一富士二ペンギン三緑茶。
20170505-雲取山・丹沢 (3)-加工

雲取山は東京都で一番高い山、そして標高 2017m。
今年どうしても登りたかった山です。
20170505-雲取山・丹沢 (4)-加工

(完)

| ホーム |


 ホーム