プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

キャラメルやさんへ(前ペン)

こにゃにゃちは~。
20170513-NUMBER SUGAR (26)

さいとうたろうケースケ、ペンギンさんがやってきましたよ~。
20170513-NUMBER SUGAR (3)

こんにちは!
みんな、元気そうだね。
20170513-NUMBER SUGAR (2)-加工

向かって左がさいとうたろう、右がケースケ、真ん中はペンギンさんと申します。
飴細工やさん、キャラメルやさんに来店するときには、そう名乗っております。
20170513-NUMBER SUGAR (1)

とっても忙しそうです。
20170513-NUMBER SUGAR (5)-加工

ペンギンくんたちは何かに注目しています。
20170513-NUMBER SUGAR (6)-加工

スタッフ募集のふだを見ていたのでした。
ペンギンくんたちの、憧れの職場です。
20170513-NUMBER SUGAR (4)

務まりそうですか?
20170513-NUMBER SUGAR (27)

冷たい飲み物の季節が到来しました。
20170513-NUMBER SUGAR (28)

バショウカジキさんの方を向いてカメラ目線で写真を写してもらっていると、自動的に飲み物がワープしてやってくるシステムです。
20170513-NUMBER SUGAR (7)-加工

飲み物はふたつ頼みました。
キャラメルスムージー
20170513-NUMBER SUGAR (21)
ナンバー・シュガー・コーヒー
20170513-NUMBER SUGAR (22)-加工

気もちんよか~、よかとね~。
20170513-NUMBER SUGAR (9)

冷たい飲み物は大人気です。
20170513-NUMBER SUGAR (8)

スムージーはきっと武尊さんが分けてくれるよ。
20170513-NUMBER SUGAR (10)

バショウカジキの頼んだ方は、下側に沈殿しているものを確実に混ぜるという儀式が必要です。
20170513-NUMBER SUGAR (11)

混ざるとこのような色。
20170513-NUMBER SUGAR (12)

(つづく)
スポンサーサイト

上野 和室 京個室 辻が花

趣を変えて、しっとりとしたお店にお食事に訪れました。
20170429-上野 和食 京個室 辻が花上野店 (6)

辻が花というお店。
武尊さんが、お昼に入ったことがあるお店です。
20170429-上野 和食 京個室 辻が花上野店 (1)

好きなものを選んでもいいですか?
20170429-上野 和食 京個室 辻が花上野店 (3)-加工

お食事に出かけたのは 4 月末。
旬の食材が前菜として登場しました。
姫竹とぜんまい、木の芽、そして油揚げ。
20170429-上野 和食 京個室 辻が花上野店 (5)

この盛り合わせをみんなでシェアするのは、ちょっと難しいねぇ。
どれも丁寧に作られており、とても美味しいものでした。
20170429-上野 和食 京個室 辻が花上野店 (11)

おだしをとってから寝かせて、まろやかにして供されるそうです。
器のカニさんも気になりました。
20170429-上野 和食 京個室 辻が花上野店 (7)

魚介類がたくさん。
それぞれ、見ているところが違うようです。
お目当てを美味しくいただきましょう。
20170429-上野 和食 京個室 辻が花上野店 (8)

ごはんとおみそしる、とろろをいただき、お腹も膨れて幸せな夜でした。
20170429-上野 和食 京個室 辻が花上野店 (10)

箸置き

ペンスタ店長は、母の日続行中。
おとうさんでもあり、おかあさんでもある姿でお店に立っています。
20170522-Pensta (3)

こちらはサラリーマン風ですね。
ヘッドフォンを身に着けた姿がすっかり定着しました。
20170522-Pensta (1)-加工

この「はしおき」、本来の用途として十分に使い勝手がよさそうです。
このほかに何かいい使い道がありそうな。
しばらくじっと見つめておりました。
その場ではアイデアが思い浮かばず、う~んとうなりながら現在に至ります。
20170522-Pensta (2)-加工

ホテルオークラレストラン ゆりの木

東京国立博物館の敷地の中に、食事・喫茶が 4 店舗あります。

そのひとつ、ホテルオークラレストラン ゆりの木があります。

お腹がすいて、おやつをいただきました。
バショウカジキが「抹茶もなかアイス」の気分だね、と言いまして、ペンギンくんたちも同意してくれました。
20170429-ホテルオークラレストランゆりの木 (1)

冷たいデザートだよ。
20170429-ホテルオークラレストランゆりの木 (2)

もなかに何か書いてある。
20170429-ホテルオークラレストランゆりの木 (3)

濱横
道車馬
すいあ

暗号かしら。
20170429-ホテルオークラレストランゆりの木 (4)

さて、カトラリーでペンギン・ビューティ・チェックも済ませました。
20170429-ホテルオークラレストランゆりの木 (6)
いいんでねぇの。

抹茶ものって本当に美味しいですよね。
20170429-ホテルオークラレストランゆりの木 (7)

このアイスもなかは下記商品のようです。
とても美味しいですよ。
20170429-ホテルオークラレストランゆりの木 (8)
タカナシ乳業株式会社様 HP より引用

東京国立博物館(後ペン)

GW 前半に、東京国立博物館へ出かけてきました。
昨日に引き続き、その話題をお伝えいたします。
20170429-国立博物館 (2)-加工2

日本の美術の流れを観ることができる 2F フロアを見物しました。
20170429-国立博物館 (42)-加工

写真に撮っていいものは、ここには たくさんあります。
20170429-国立博物館 (38)

笑顔のヒトがいました。
20170429-国立博物館 (39)

瓦の形がいろいろ。
20170429-国立博物館 (41)

ちなみにこの博物館は、海外からの旅行者が多く訪れています。
20170429-国立博物館 (51)

背を高く見せて、相手を威嚇しているんだね。
20170429-国立博物館 (48)-加工
20170429-国立博物館 (47)-加工

刀を見てずっと何かを考える方も少なくないようでした。
20170429-国立博物館 (50)

階段もなかなか趣があるでしょう?
20170429-国立博物館 (53)-加工

おまけ
高円宮コレクションの根付
20170429-国立博物館 (46)-加工

ペンギンさんが子育てしている根付もありました。
20170429-国立博物館 (44)-加工

アデリーペンギンにとても良く似た生きものやオウムガイだってあります。
20170429-国立博物館 (45)-加工

あれはボクらの先輩だね。
(実は、以前にペンギンくんたちはあの根付を見たことがあります。)
20170429-国立博物館 (43)-加工

以上、東京国立博物館のお出かけリポートを終わります。

東京国立博物館(中ペン)

GW 前半に、東京国立博物館へ出かけてきました。
昨日に引き続き、その話題をお伝えいたします。
20170429-国立博物館 (2)-加工2

バードウォッチングという言葉に非常に興味をそそったペンギンくんたち。
20170429-国立博物館 (36)

見ていくことにしました。
20170429-国立博物館 (37)

鳳凰の刺繍が、表から、裏から、両面から見られるようになっていました。
蓮は、泥の中から出てきて花を咲かせるので、仏様の知恵や優しい心の象徴とされたそうです。
20170429-国立博物館 (28)-加工

150 年前の図鑑です。
セイランの絵。
鳳凰と似た空想上の鳥、鸞(ラン)に由来しています。
20170429-国立博物館 (27)-加工

鳳凰がにらむような顔つきでした。
くちばしはニワトリ、首はヘビ、と古代中国の本に書かれていたそうです。
20170429-国立博物館 (32)

全体はこのような姿。
20170429-国立博物館 (31)-加工

クジャクさん、こにゃにゃちは~。
20170429-国立博物館 (33)

150 年前の図鑑に描かれていたクジャクです。
20170429-国立博物館 (34)

古の屏風の絵も飾られていました。
20170429-国立博物館 (35)-加工

つづく

東京国立博物館(前ペン)

GW 前半に、東京国立博物館へ出かけてきました。
20170429-国立博物館 (2)-加工2

1 階のジャンル別展示を確認してから鑑賞開始です。
20170429-国立博物館 (26)-加工

漆工の作品に心をひかれました。
20170429-国立博物館 (13)

だって、チョコレートみたいなものもあるのですよ。
20170429-国立博物館 (14)

金工も見事な作品が揃っていました。
20170429-国立博物館 (15)

ペンギンくんたちは、てっぺんにとりさんがいることを発見し、大変興味深いと口々に語っておりました。
20170429-国立博物館 (16)

女性の髪結いの雛型です。
当時、今日はこれがいいわと雛型を指さしながら髪結いをお願いしていたのかもしれません。
20170429-国立博物館 (18)

ヘアカタログですね。
20170429-国立博物館 (19)

お菓子の雛型、バショウカジキも興味あり。
20170429-国立博物館 (20)

庭園に出てひとやすみ。
20170429-国立博物館 (21)

お天気が良く、気持ちがいいです。
20170429-国立博物館 (22)

あっ、黒電話だ。
20170429-国立博物館 (24)

途中まで観て、次にどこへ行こうかな、と迷います。
20170429-国立博物館 (25)-加工

数時間で観てまわれるものではないのでした。
20170429-国立博物館 (42)-加工

(つづく)

東京国立博物館に入る前に

GW 前半に、東京国立博物館へ出かけました。
20170429-国立博物館 (1)

表慶館の建物が印象的です。
20170429-国立博物館 (2)-加工

お昼ごはんが軽かったので、小腹が空いて屋台の前で足が止まりました。
20170429-国立博物館 (6)

ちょっと食べてから博物館に入ってもいいですか。
20170429-国立博物館 (3)-加工

どうしよう、どれがいいかしら。
20170429-国立博物館 (4)

クリームチーズ&オニオンベーコンに決めました。
20170429-国立博物館 (5)

黒胡椒がたっぷりかかってスパイシー。
外はサクサク、中はふっくら、あとからもちもちとした食感を味わえる「象の耳」でした。
20170429-国立博物館 (11)

武尊さんとシェアしていただきましたよ。
20170429-国立博物館 (12)-加工

さて、これから本館へ。
20170429-国立博物館 (9)

このつづきは後日にお伝えいたします。

チョコレート

バショウカジキは、会社でバレンタインデーの日、ホワイトデーの日、そうでない日にも若い女性の同僚からチョコレートをいただくことがあります。
気持ち的には、一年中ウェルカムです。
20170504-kiki (1)

素敵なものをいただきました。
ペンギンさんが、すごいよ! と申しております。
20170504-kiki (2)

ふむふむ。商品説明を読ませていただきますね。
20170504-kiki (6)

どれも美味しそうです。
20170504-kiki (3)

柚子、抹茶のチョコレートをいただきましょう。
20170504-kiki (4)

高知の北川村はゆずの産地ですね。
抹茶は京都の宇治から。

”季季”という名の JAPANESE CHOCOLATE はどれも上品な仕上がりでした。
20170504-kiki (5)
どうもありがとうございました。

海のいきものシリーズ 第 1 集

KITTE ビル内で仕事があり、お昼ごはん前に東京中央郵便局に立ち寄りました。
20170511-KITTE (4)

いつも何かしらのミニ展示がありますね。
浅田真央さんがソチ五輪のフリーで着用した衣装を身に着けた、BOX入りリカちゃん人形と記念切手のセットを販売しており、見本が置かれていました。
20170511-KITTE (2)

浅田真央さんはたくさんの方から愛されていますね。
20170511-KITTE (3)

バショウカジキは記念切手一覧から、欲しい切手シートを買い求めました。
星の物語シリーズ 第5集。
20170511-KITTE (1)

かじき座など、興味をひく星座が集まった切手です。
20170511-KITTE (7)-加工

5 月 10 日に発売になったばかりのスヌーピーの切手も買ってしまいました。
20170511-KITTE (8)

さて、ぴょんみさんから伺いました情報をご紹介します。
7 月 5 日にペンギンの切手が発売になるとのこと。
海のいきものシリーズ 第 1 集です。
全国の郵便局で購入可能です。
楽しみです。
20170511-KITTE (6)

母の日

先日の日曜日は母の日でした。
20170514-母の日 (2)

母の日とは関係ないけれど、週末にネクタイピンを手に入れました。
ネクタイピンの本来の役割のほか、女子の場合はスカーフピンとして使えますね。
20170514-母の日 (1)

さて、バショウカジキは地元のうなぎやさんに出かけました。
母の日のお祝いです。
肝すいをいただきました。
20170514-母の日 (4)

あっ、バショウカジキペンがバショウカジキ父に捕まる寸前。
ぬいぐるみを近くで見るのは初めてなのでした。
このペンギンがオスかメスかという素朴な疑問にも適度にお付き合いしました。
20170514-母の日 (3)

肝見っけ。
20170514-母の日 (5)

これはいいものに違いない。
20170514-母の日 (6)

あぁ、やはり。うなちゃんです。
20170514-母の日 (7)

このうなぎやさん、創業は明治 25 年。
老舗のうなぎやさんです。
地元の大人気のうなぎやさん。
20170514-母の日 (8)

箸が進みますね。
あっという間に食べてしまいました。
20170514-母の日 (10)

ペンギンの赤ちゃんに会いに行こう!(本ペン2)

(昨日 本ペン1からのつづき)

すみだ水族館で、4 月 19 日にマゼランペンギンの赤ちゃんが誕生し、5 月 7 日から 31 日まで一般公開しています。
20170507-すみだ水族館 (47)-加工

バショウカジキたちが観に行ったのは、初日、生後 18 日のこと。
20170507-すみだ水族館 (14)-加工

赤ちゃんの名前を、「元気な東京」をイメージするものとして募集中です。
バショウカジキたちも応募してきました。

照明を落とした中でたいへん見えにくいですが、武尊さんは「くもとり」と書きました。
20170507-すみだ水族館 (33)-加工

東京都の一番高い山「雲取山」から取った名前です。
標高 2,017m、つまり今年の西暦と同じ数値。
武尊さんはつい先日雲取山に行ってきたので「くもとり」と書きたくなったようです。
20170430-雲取山 (31)-加工

バショウカジキさんは、何と書くの?
20170507-すみだ水族館 (35)-加工

あ、固まっちゃった。
20170507-すみだ水族館 (36)-加工

思い浮ばずペンギンのプールをちらちらと観ながらしばらく考えました。
20170507-すみだ水族館 (31)

すみだ水族館から外に出ると、真上にはスカイツリーがありますね。
そのため、空を見上げる方が本当に多い。
青空を見ると元気になれますね。
そこで、「あおぞら」と書いてきました。
20170507-すみだ水族館 (38)-加工

さて、ペンギンさんたちのごはんタイムを見物しました。
① ごはんを食べたくてペンギンさんたちが集まっています。
② おねえさんはお客様に解説をしながら仕事にあたります。
③ ごはんはおしまいだよ、のサインを送ります。
④ おしまいのサインを見たペンギンさんたちは、さーっと散っていなくなりました。
20170507-すみだ水族館 (39 41 43 45)-加工

おまけ
一角にテーブル台が置いてあったのですが、これはひょっとしてミシン台ではないでしょうか。
足踏みだけ残っています。
20170507-すみだ水族館 (49)

お土産売り場のカメのぬいぐるみが、お客様の手?によってプラミッド型に積み上げられていました。
20170507-すみだ水族館 (50)

(完)

ペンギンの赤ちゃんに会いに行こう!(本ペン1)

すみだ水族館で、4 月 19 日にマゼランペンギンの赤ちゃんが誕生し、5 月 7 日から 31 日まで一般公開しています。
初日に観に行った話の概要はこちら。↓
http://sailfish01.blog.fc2.com/blog-entry-1885.html

本日はもう少し詳しいお話をお伝えいたします。

水族館に入る前に、スカイツリーとこいのぼりを背景に記念撮影をしました。
20170507-すみだ水族館 (1)-加工

水族館の水槽で、ニシキテグリを発見。
海外ではマンダリンと呼ばれます。
20170507-すみだ水族館 (6)

海の中では夕方に活発に動き回る魚です。
20170507-すみだ水族館 (7)

赤ちゃんを見にきた方で、13 時前から行列です。
20170507-すみだ水族館 (10)-加工

生後 5 日目の様子。
20170507-すみだ水族館 (11)-加工

こんにちは~!
きれいなおねえさんのひざに、赤ちゃんが座っていました。
20170507-すみだ水族館 (14)

かわいいでしょう。
20170507-すみだ水族館 (16)

アジのすり身のごはんを食べさせてもらっていました。
20170507-すみだ水族館 (19 20 21 26 28 30)-加工

一回エサをもらうと、食べるのにちょっと疲れてこのポーズ。
20170507-すみだ水族館 (21)

(本ペン2へつづく)

2017 春 さかざきちはる展

「2017 春 さかざきちはる展」が本日より有隣堂アトレ目黒店にて開催されます。
20170513-さかざきちはる展 (1)

初日、続々とペンギンさんたちが集結しました。
20170513-ぴょんみさんより (1)

存在感大ですよね。
艶感もあり、独特です。
20170513-ひなっちさんより (2)

手作り品ですね。
20170513-ひなっちさんより (4)

途中でみなさんのペンギンさんを並べ替えたりしたみたいですね。
20170513-ぴょんみさんより (2)
20170513-ぴょんみさんより (4)

hide さんのペンギンさんの前に、レゴペンとレゴちびすけペン。
よくできた作品ですね。
後方には さかざきちはるさんのサイン入りペンギンさん、そしてチーバくんまでいます。
20170513-ひなっちさんより (3)

ひなっちさんとぴょんみさんより画像をご提供いただきました。
どうもありがとうございました!
みなさんが、たくさんのさかざきペンギンに目移りしながらお買いものされるハッピーな一日になりますね。
20170513-さかざきちはる展 (2)

母の日が近くなりました

5 月 14 日は母の日ですね。
ぴょんみさんちのペンギンくんたちも、お母さんにプレゼントを準備しました。
でも、彼らのお母さんって誰なのだろう?
会ってみたいですね。
20170510-母の日

ペンスタでも、店長がおかあさんとしてスタンバっています。
ネクタイをしめたおかあさんだそうです。
20170511-Pensta (1)

おや?
20170511-Pensta (2)-加工

こいのぼりの被り物を被ったペンがいますよ。
20170511-Pensta (3)

カーネーションの帽子がうらやましいですね。
20170511-Pensta (4)

母の日向けの商品もありますから、ぜひペンスタにお立ち寄りください。
20170511-Pensta (6)

ペンギンの赤ちゃんに会いに行こう!(概要)

今年もすみだ水族館ではペンギンの赤ちゃんが誕生しました。
5 月 7 日から、一般公開が始まったので、初日に出かけてみました。
20170507-すみだ水族館 (47)

何度でも!
ペンギンの赤ちゃんに会いに行きましょう。
20170507-すみだ水族館 (48)

生まれたときの大きさと体重の説明書きがありました。
20170507-すみだ水族館 (13)

モニタに、お披露目以前の赤ちゃんの成長の様子が公開されていました。
20170507-すみだ水族館 (11 12)-加工

ペンギンくんたちも、初日に並んで赤ちゃんに会いに行ってきたのですよ。
かわいかったです。
このお話は後日にまたお伝えいたします。
20170507-すみだ水族館 (8)

沖縄バナナ

勤め先の沖縄出身の同僚が、沖縄のご家族から送られてきたバナナをおすそ分けくださいました。
まだ青いから、吊るして熟すまで待ってくださいということで、ひもまでつけてくださいました。
宅配便で送られてきて、いろいろと傷んで黒くなっているけれど、まったく問題ございません。
喜んでいただきました。
20170503-バナナ-加工

さっそくベランダで吊るしました。
20170504-バナナ (1)-加工

吊るしてから半日経って、ちょっと食べてみたくなりました。
20170504-バナナ (4)

まだちょっと青いけれどね。
20170504-バナナ (5)

皮をちょっとむいて、少し堅いなと思いました。
20170504-バナナ (6)

「熟す前のバナナは皮が厚い、熟すと皮はとても薄くなる」という同僚の言葉を思い出し、ちょっと皮が厚いなぁ、とは思いました。
20170504-バナナ (7)

皮が堅い上にむきにくい。
20170504-バナナ (8)

でもいただきます。
ん、甘い!
20170504-バナナ (9)

甘味をまず感じ、次に渋味がきました。
しっぶーい。
まだ食べるには早かったという結論で御座います。
20170504-バナナ (10)

その 2 日後、バナナが熟して大変美味しく変身しました。
20170506-バナナ

貴重なバナナをありがとうございました。

雲取山(後ペン)

(昨日中ペンからのつづき)

武尊ペンと武尊さんは、GW前半に雲取山登山を楽しんできました。
本日は雲取山の山小屋で一晩泊まり、早朝の日の出を見物したところからの続きです。

もう一度雲取山の記念写真を撮りました。
20170430-雲取山 (53)

西の空もうっすらとピンク色に染まりました。
20170430-雲取山 (60)

山小屋でこしらえてくださった朝食をいただきました。
20170430-雲取山 (61)

雲取山を後にして、山上の湯を目指します。
三条ダルミで休憩しました。
20170430-雲取山 (62)

三条ダルミからも富士山が綺麗に見えるのです。
20170430-雲取山 (63)-加工

飛竜山方面です。
20170430-雲取山 (64)

三条の湯近くで見つけたお花です。
20170430-雲取山 (65)

三条の湯でひとやすみ。
20170430-雲取山 (66)

周辺マップを確認しました。
20170430-雲取山 (67)

三条の湯からサオラ峠を目指します。
ここは真ん中の道。
20170430-雲取山 (68)

サオラ峠到着。
周りは広葉樹で、気持ちの良い広場です。
20170430-雲取山 (69)

天平(でんでいろ)尾根。
傾斜も緩く、広々とした尾根道が続きます。
20170430-雲取山 (70)

快適な尾根道を進みます。
地図によると三角点があるはずなのですが、今回は見つかりませんでした。
ここで最後の休憩をとりました。
20170430-雲取山 (71)

ごはんの時間です。
20170430-雲取山 (72)

お腹が空いたね。
20170430-雲取山 (73)

いただきます。
20170430-雲取山 (74)

丹波平典から下り、標高が下がったところでは新緑が綺麗でした。
20170430-雲取山 (75)

親川に到着。
ここから車まで、約 3km の車道歩き後、登山を無事易終えました。
20170430-雲取山 (76)

雲取山初登山のコースでした。
20170430-雲取山 (77)
(完)

雲取山(中ペン)

(前ペンからのつづき)

武尊ペンと武尊さんは、GW前半に雲取山登山を楽しんできました。
本日は小雲取山を通過したあとの続きです。

いよいよ雲取山も近くなってきました。
20170430-雲取山 (26)

遠くに飛竜岳が見えますね。
20170430-雲取山 (27)

頂上が見えてきました。
20170430-雲取山 (28)

雲取山のほぼ山頂。
この辺は山梨県なのでしょう。
20170430-雲取山 (29)

雲取山山頂です。
雨が降ってきたので長居は無用です。
20170430-雲取山 (30)

今年は 2017 年。
雲取山の標高と同じ。
雨が強くなってきたので山小屋へ急ぎます・・・
20170430-雲取山 (31)

急ぎます・・・ の前に、儀式ともなっている三角点制覇を済ませました。
20170430-雲取山 (32)

北側の斜面はぬかるんでいて歩きづらかったです。
武尊さんの靴は泥んこになりました。
20170430-雲取山 (33)

山小屋に到着。
20170430-雲取山 (34)

今日のお宿です。
20170430-雲取山 (35)

こにゃにゃちは~。
20170430-雲取山 (36)-加工

あれ、先ほど降った雨は止み、また晴れてきましたよ。
20170430-雲取山 (37)

山小屋からの眺めです。
20170430-雲取山 (38)

雨に濡れましたし、くたびれました。
20170430-雲取山 (39)

山小屋の中を探検しました。
20170430-雲取山 (40)

お勉強タイムです。
20170430-雲取山 (41)-加工

冬虫夏草 ベニイロクチキムシタケです。
この絵を見て、バショウカジキさんがあまりいい顔をしないだろうなと思います。
20170430-雲取山 (42)-加工20170430-雲取山 (43)-加工

さて、翌朝4時に出発しました。
雲取山山頂で日の出を待ちます。
富士山が綺麗でした。
20170430-雲取山 (45)

記念撮影しました。
20170430-雲取山 (47)

周りの山々も綺麗に見えました。
20170430-雲取山 (48)

夜が明けてきました。
20170430-雲取山 (49)-加工

今日もいい日になりそうです。
20170430-雲取山 (44)-加工

(つづく)

雲取山(前ペン)

武尊ペンと武尊さんが、雲取山に出かけました。
雲取山は、東京都で一番高い山です。

留浦という場所で車を降りました。
20170430-雲取山 (1)

登山口まで 10 分ほど。
ここからスタートです。
20170430-雲取山 (2)

車道から登山道に向かいます。
20170430-雲取山 (3)

村営駐車場までの登り。
しばらく舗装された作業道を登ります。
20170430-雲取山 (4)

村営駐車場。
すでにほぼ満車。
普通はここに車を停めるのですが、今回は留浦に停めてきちゃったからね。
20170430-雲取山 (5)

駐車場からしばらく歩くと、登山道入口が見えます。
ここから本格的な登山スタート。
20170430-雲取山 (6)

道中、水場があります。
地図の位置より少し上にありました。
20170430-雲取山 (7)

水場の近くには広場が。
テントも張れそうですね。
20170430-雲取山 (8)

堂所でひとやすみ。
20170430-雲取山 (9)

だんだんと上の方が開けてきました。
20170430-雲取山 (10)

左は巻道、頂上は通りません。
ここは迷わず右を選びます。
20170430-雲取山 (11)

7ツ石古屋に着きました。
20170430-雲取山 (12)

小屋の裏はテント場になっています。
20170430-雲取山 (14)

テント場からの眺めです。
20170430-雲取山 (13)

こういうの大好き。
20170430-雲取山 (15)

わかりにくいかもしれませんが、小屋の上にある水場です。
20170430-雲取山 (16)

引き続き七ツ石山を目指します。
20170430-雲取山 (17)

七ツ石山に到着。
20170430-雲取山 (18)

三角点に立ちました。
ヨシ!
20170430-雲取山 (19)

これから行く稜線です。
遠くに雲取山が見えます。
20170430-雲取山 (20)

七ツ石山から下った鞍部はブナ坂と呼ばれています。
ここでひとやすみ。
20170430-雲取山 (21)

引き続き雲取山を目指します。
稜線は広く、なだらかで歩きやすいです。
20170430-雲取山 (22)

奥多摩小屋に到着。
由緒のある山小屋だそうです。
20170430-雲取山 (23)

小雲取山近くで、今まで歩いてきた道を振り返ります。
奥に七ツ石山が見えました。
20170430-雲取山 (24)

たぶん、ここが小雲取山みたい。
山頂を示すものが何もありませんでした。
20170430-雲取山 (25)

(つづく)

柏餅シーズン到来

バショウカジキが一番好きな和菓子は柏餅です。
いくつも買って、手土産にしました。
購入は粒あんとみそあん。
20170506-柏餅 (2)

バショウカジキさんが好きなのは、みそあんだよ。
どっちかな。
このお店では、葉の種類で分けているのですぐにわかるはずですが、このシーズンだけのものなので、どれがどれだかすぐに忘れてしまいます。
20170506-柏餅 (3)

ふむふむ。
20170506-柏餅 (4)

新葉若葉(色が濃い方)を使ったほうがみそあんでした。
作りたてのやわらかい餅で、かしわの葉から剥がしたら、餅表面がにちゃにちゃと崩れてしまいました。
味には変わりありませんので全く問題ございません。
美味しいね。
20170506-柏餅 (5)

ところで、ゴールデンウィーク中に乗車した車は、つるつると滑る内装でした。
居場所の確保が難しい。
2 羽ともズルッとなっていました。
20170506-柏餅 (1)-加工

登山計画

武尊さんはメロンとスイカが好きです。
デパ地下の果物売り場をのぞき、その日の特売品にメロンがあったら、値段を見て思案して、買うことがあります。
「買い」と判断したようですね。
20170429-イノダ (1)-加工

デパ地下メロンは、メロンの中でもひときわ美味しいのだそうです。
20170429-イノダ (2)

あまりに絶賛しているので、ボクたちにも今度おすそ分けいただきましょう。
20170429-イノダ (4)

なんとなくお昼の時間になってしまいました。
軽食をいただきました。
20170429-イノダ (5)

このトーストサンドは食べたときの満足感がありますが、バショウカジキの場合には数時間後にはまた「ぐぅ~」となります。
20170429-イノダ (6)

2.2㎜ の太麺で、トマトソースの酸味と旨味がほどよく絡んだ人気のイタリアンです。
でも、腹白いペンギンくんたちが、やや注意するメニューです。
汚れたら、バショウカジキがお風呂に入れてさしあげますから大丈夫。
20170429-イノダ (7)

今日もヨシ!
20170429-イノダ (8)-加工
いいんでねぇの。

GWに武尊ペンは登山に行くんだって?
20170429-イノダ (12)

いま、武尊さんと計画中なのだって?
20170429-イノダ (11)

どこへ行くのですか?
20170429-イノダ (9)

雲取山だよ。
20170429-イノダ (10)

知ってる知ってる、バショウカジキは小学生のとき、東京都のことを社会で学びましたよ。
雲取山の話も登場しました。
東京都で一番高い山です。
標高 2,017m 、今年は記念年です!
20170429-イノダ (13)-加工
気を付けてお出かけください。

こどもの日

5月5日、こどもの日ですね。
店長、桜の花が長持ちしていますね。
うらやましいですね。
20170429-Pensta (2)

すっかりおなじみのペンギンさんたちも兜をかぶっています。
20170429-Pensta (1)

ペンギンさん、遅いねぇ。
武甲山への山登りで疲れちゃっているんじゃないの。
気長に待ちましょうよ。
20170429-Pensta (3)-加工

連休向けに続々と新商品が発売されているんですよね。
目移りしてしまいます。
20170429-Pensta (4)

連休直前に発売になった商品群はぎょろちゃんさんのブログで確認ができます。
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_3.html
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_4.html
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_5.html
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_7.html
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_8.html


お待たせ~。
新商品がたくさん発売されているからワタシが遅刻しても全然退屈しなかったでしょ?
20170429-Pensta (6)

ペンギンさん、山登りのザイルをつけっぱなしですよ。
20170429-Pensta (5)

「新発売」の赤い札があちらこちらに並んだ賑やかなペンスタです。
東京にお越しの際は、ぜひペンスタに遊びに出かけてみてください。
20170429-Pensta (7)

映画『世界の果ての通学路』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、今年の夏で16年を迎えます。

『世界の果ての通学路』
(フランス作品,2012年)
20170423-映画会 (10)-加工

地球上の4つの地域で、数10キロの危険な道のりを通学している子どもたちの姿を追ったドキュメンタリーです。
ケニアで象やキリンを避けながらサバンナを駆け抜けるジャクソン。
パタゴニア平原を馬で妹と通学するカルロス。
モロッコのアトラス山脈を越えて寄宿学校へと通うザヒラ。
インドでは生まれつき足が不自由なサミュエルが舗装されていない道を弟たちの引く車いすで登校。
学習意欲旺盛な子どもたちが、道なき道を進んで通学しているのでした。


バショウカジキさんはいつもカレーランチセットですね。
20170423-映画会 (2)

なんだか野菜で目、鼻、口が表現されているような気がします。
20170423-映画会 (3)

このレストランがある街では、年に 1 度、ワインを町中で味わうイベントが開催されます。
下戸なので参加は難しいですが、このイベントの存在が気になります。
20170423-映画会 (6)-加工

ペンギン・ビューティ・チェックができないので・・・
20170423-映画会 (9)

代わりにこんなことをしてみました。
20170423-映画会 (1)

ボクたちは、たまにお金計算の係りを担います。
大役です。
間違えないようにしなくては。
20170423-映画会 (8)

コロコロワッフル キューブ

ぎょろちゃんさんのブログを見ていてとても気になった、「Suicaのペンギン コロコロキューブ」。
http://gyoro.at.webry.info/201704/article_2.html

東京駅のグランスタにて、2017年4月24日(月)~5月7日(日)まで「ゴールデンウィークフェア」を開催中です。
ワッフルケーキ専門店「ワッフル・ケーキの店 R.L(エール・エル)」で、東京駅限定の Suica のペンギンバージョンが登場しました。
20170429-コロコロキューブ (4)-加工

手軽に買い求められるサイズです。
20170429-コロコロキューブ (2)
(ペンギンさんは山登りのザイルをつけたままですね。)
20170429-コロコロキューブ (3)

税抜 300 円也。
20170429-コロコロキューブ (1)

さっそくいただきましょう。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (1)

美味しそうな笑顔。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (2)

早く食べましょうよ。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (3)

このお菓子、初めて見ます。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (4)

クッキータイプのワッフルとのことです。
キャラメル生地にチョコチップを練り込んだ「チョコキャラメル」だそうですよ。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (7)

カリカリに堅い。
製法は存じ上げませんが、イメージとしては、クッキー生地を揚げてかりんとうっぽくしたもの。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (5)

そして、食べると必ずこうなります。
20170429-コロコロワッフル キューブ(チョコキャラメル) (6)
あっという間に食べてしまいました。

春まだ浅い武甲山(後ペン)

(中ペンからのつづき)

春ですね。
20170423-武甲山 (17)

小持山到着。
20170423-武甲山 (16)

小持山から見た武甲山です。
20170423-武甲山 (15)

ここでまたエネルギー補給よ。
20170423-武甲山 (14)

木々の間から大持山が見えました。
20170423-武甲山 (13)

小持山からの眺望です。
20170423-武甲山 (12)

そして大持山到着。
20170423-武甲山 (11)

美味しいキャラメルをここでもいただきます。
とっておきです。
20170423-武甲山 (10)

大持山から武甲山、小持山が見えます。
まだ木々の葉がないので見えました。
20170423-武甲山 (9)

ちょっとひとやすみ。
20170423-武甲山 (8)

稜線から妻坂峠に降りるところから東京方面が一望できました。
20170423-武甲山 (7)

坂道はとても急なのですが、平坦で歩きやすくなっています。
マウンテンバイクでも降りられそうです。
20170423-武甲山 (6)

途中で見えた武甲山、綺麗な山容です。
20170423-武甲山 (5)

妻坂峠です。
20170423-武甲山 (4)

妻坂峠を下りて行くとうっすらと新緑が。その向こうに武甲山が見えました。
20170423-武甲山 (3)

登山道も終わりあとは林道を歩き、一の鳥居まで戻ります。
20170423-武甲山 (2)

おつかれさまでした。
20170423-武甲山 (1)

今回のコースです。
20170423-武甲山 (48)

春まだ浅い武甲山(中ペン)

(前ペンからのつづき)

頂上の近くに来ました。休憩用の広場とトイレがあります。
トイレは冬季閉鎖、4月23日現在まだ閉鎖中でした。
20170423-武甲山 (36)

御嶽神社です。お参りをしました。
20170423-武甲山 (35)

運び込んだ水はここにあるマンホールから補給します。
これで荷物がずいぶん軽くなりました。
20170423-武甲山 (34)

ちょっと背丈が高くなった気分。
20170423-武甲山 (33)

武甲山山頂です。
山頂のすぐ下まで石灰石を採取する採石場になっています。
20170423-武甲山 (32)

山頂からの眺望。
20170423-武甲山 (31)

とっておきのキャラメルをいただきました。
お腹が空いていて、ひときわ美味しい!
20170423-武甲山 (30)

方角を景色を確認。
20170423-武甲山 (27)

足元に秩父の街並み、両神山、甲武信ヶ岳などの秩父の山々、浅間山、赤城山、遠く谷川岳まで見えました。
コンディションは最高でした。
20170423-武甲山 (26)

いい気分です。
20170423-武甲山 (25)

お昼ごはんは、見てるだけでできあがります。
20170423-武甲山 (24)

美味しくいただきました。
20170423-武甲山 (23)

武甲山を後にして、小持山、大持山方面に向かい稜線を歩いて行きます。登山道はとても広く歩きやすく整備されています。
20170423-武甲山 (22)

徐々に小持山が見えて来ました。
20170423-武甲山 (21)

小持山がはっきりと見えて来ました。
20170423-武甲山 (20)

武甲山と小持山との間の鞍部、シラジクボです。200m以上降りたと思います。そしてまた200mほど上がることに。
20170423-武甲山 (19)

小持山到着。
20170423-武甲山 (18)

(つづく)

| ホーム |


 ホーム