プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

続・岩櫃山(いわびつやま)

武尊ペンは、今月岩櫃山(いわびつやま)に登ってきました。
その様子はこのブログでも記載しましたが、その後、武尊ペンから、デジタルカメラで写した画像がいろいろとあるので、ブログに載せて欲しかったと話がありました。
201606-岩櫃山 (10)

ということで、本日は、続・岩櫃山と題して画像をご紹介します。
201606-岩櫃山 (2)

岩櫃山のこの形、NHK 大河ドラマの「真田丸」を観ているようですね。
201606-岩櫃山 (3)
201606-岩櫃山 (1)-加工

登った記念の写真もデジカメの方がくっきり映ると申しております。
(先日ご紹介した画像はスマホでした。)
201606-岩櫃山 (5)

見下ろす景色にも、ボクにもピントが合うのはやはりカメラのいいところ。
201606-岩櫃山 (6)

360°の景色を眺めるのに、これがあるのは便利。
201606-岩櫃山 (7)

少し歴史のお勉強をしてきたそうです。
201606-岩櫃山 (9)

岩櫃城本丸跡
201606-岩櫃山 (8)

岩櫃山からひと山越すと沼田城があります。名胡桃城は沼田城の支城です。
201606-岩櫃山 (11)

武尊ペンに今度、学んだ知識をもとに講義を開いてもらいたいものです。
201606-岩櫃山 (12)
201606-岩櫃山 (13)
スポンサーサイト

映画『アンコール』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、次の夏で15年になります。

『アンコール』
(イギリス作品,2012年)
20160624-映画会 (3)-加工

ロンドンに暮らす72歳のアーサーは、正直言って、寡黙でとっつきにくい人物です。
周囲から頑固なおじいさんとして扱われて、息子との関係もうまくいきません。
彼が唯一笑顔を見せることができるのは、最愛の妻マリオンでした。
そんな彼女が「がん」を再発します。
マリオンは、ロックやポップスを歌う合唱団「年金ズ」で歌うことを楽しみにしていますが、治療に専念するために練習に参加できません。
ある時、「年金ズ」は国際コンクールのオーディションに挑戦することになり、代わりにアーサーが練習に参加することになりました。
合唱団のメンバーは個性的。
すっかり面食らってしまいます。


照明を落とした、バースペースで開く映画会。
ペンギン・ビューティ・チェックをするには、少々明るさが足りません。
20160624-映画会 (1)

暗がりでろうそくの灯を愛でるのも、たまには良いものですね。
20160624-映画会 (2)-加工

おやつにキャラメル

おやつの時間です。
ナンバーシュガーのキャラメルです。
20160611-NUMBER SUGAR (32)

選んでいいの?
20160611-NUMBER SUGAR (33)

お品書きです。
選んでください。
20160611-NUMBER SUGAR (35)

やっぱり塩味はテッパンだね。
原材料を吟味しているから、このシンプルなキャラメルで美味しさが際立つのよ。
20160611-NUMBER SUGAR (34)

アーモンド味もウマい。
塩味と人気を争っているそうです。
20160611-NUMBER SUGAR (36)

ワタシもお名前をいただきたいな。
20160611-NUMBER SUGAR (37)
さいとうたろうケースケ、そしてペンギンさんにもいつか圭輔さんからお名前がいただけると嬉しいですね。

久々にナンバーシュガーへ(後ペン)

<前ペンからのつづき>

さいとうたろう(右)、ケースケ(左)、ペンギンさんは、ナンバーシュガーに遊びに行きました。
さいとうたろうという名前は、パパブブレから独立してこのお店を営む圭輔さんに、ケースケはパパブブレのスタッフさんより名前をいただきました。
だから、ナンバーシュガーやパパブブレに来店するときにはこの名前を名乗ります。
20160611-NUMBER SUGAR (1)-加工

あっ、あそこにキャラメルを発見。
20160611-NUMBER SUGAR (11)
※ バショウカジキが買ったキャラメルです。店に、不用意に落ちてはおりません。

これは塩キャラメルだね。
一位二位を争う売れ行きだそうです。
20160611-NUMBER SUGAR (23)

これらは新しい味なのだよ。
コーヒーキャラメル、そしてラムレーズンキャラメル。
20160611-NUMBER SUGAR (19)

ラムレーズン×キャラメルは、新鮮な組合せ。
20160611-NUMBER SUGAR (20)

スタッフ募集中だって。
20160611-NUMBER SUGAR (22)

ボクはこういうお店で働きたいね。
武尊ペンの長年の夢です。
20160611-NUMBER SUGAR (24)

ホットのコーヒーもほしくなり、注文しました。
泡だらけだ。
20160611-NUMBER SUGAR (25)

バショウカジキさんに泡を消してもらいましょう。
20160611-NUMBER SUGAR (26)

今日もペンギン・ビューティ・チェックをします。
皆が笑顔です。
20160611-NUMBER SUGAR (27)
いいんでねぇの。

また遊びに行きますからね。
20160611-NUMBER SUGAR (30)

久々にナンバーシュガーへ(前ペン)

こにゃにゃちは~。
飴細工のパパブブレと、キャラメル屋さんのナンバーシュガーに来店する際には、向かって右はさいとうたろう、左はケースケと申します。
真ん中のペンギンさんには、まだ名前がありません。
20160611-NUMBER SUGAR (1)

圭輔さんにご挨拶しなくては。
あ、奥にいらっしゃいますね。
20160611-NUMBER SUGAR (5)-加工

圭輔さん、こにゃにゃちは~。
さいとうたろうケースケ、ペンギンさんがごあいさつ。
20160611-NUMBER SUGAR (28)-加工

お店のスタッフさんより、包装したて、できたてのキャラメルがあるわよ~と話しかけられました。
20160611-NUMBER SUGAR (29)-加工

キャラメルはあのボックスに入っています。
20160611-NUMBER SUGAR (4)

どれにしようね。
20160611-NUMBER SUGAR (2)

きっと武尊さんが買ってきてくれるよ。
20160611-NUMBER SUGAR (31)

おいしい飲み物もほしいよね。
20160611-NUMBER SUGAR (3)

初めて見る飲み物だね。
20160611-NUMBER SUGAR (6)

キャラメルスムージー・ラズベリーです。
ほろ苦いキャラメルと、甘酸っぱいラズベリーの味って相性がいいね。
20160611-NUMBER SUGAR (8)

ナンバーシュガーコーヒー。
ミルクキャラメルが下層にあるので、かき混ぜてから飲みます。
コーヒーの香りも味も豊かですよ。
20160611-NUMBER SUGAR (10)

ボクたちの眼ヂカラってすごいから、見てるだけ~でできあがるからね。
20160611-NUMBER SUGAR (14)
20160611-NUMBER SUGAR (16)
20160611-NUMBER SUGAR (18)
完成!

<後ペンにつづく>

阪神梅田本店 小鳥ガーデン

ぴょんみさんから情報をいただきました。

現在、阪神梅田本店の小鳥ガーデンで、ことりカフェのケーキを販売中。
20160623-ぴょんみさんより (1)

バショウカジキも、表参道のことりカフェで触れ合いを楽しんだことがあります。
20150704-ことりカフェ 表参道 (32)-加工2

ペンギンケーキ、こちらは毛が黒いおとなのペンギン。
20150704-ことりカフェ 表参道 (13)-加工2

ぴょんみさんにご紹介いただきましたのは、ベビーペンギンケーキ。
ホワイトショコラです。
20160623-ぴょんみさんより (2)

これ、かわいい上に、お手玉のひなペンギンにとても似ています。
食べるのがもったいない。
20160623-ぴょんみさんより (3)

ぴょんみさん、情報と画像をどうもありがとうございました。
いつもペンギンくんたちがきちんとした恰好をしていますね。
ペンギン愛を感じます。

姿そのまま焼 その後

武尊ペンが、昨日話題にしました いかせん・たこせんを食べようとしております。
20160622-おせんべい(1)-加工

たこの姿そのまま焼が気になるそうです。
20160622-おせんべい(2)-加工

切るのにやや緊張します。
20160622-おせんべい(4)-加工
さりげなく、ペンギン・ビューティ・チェックをすませていますね。
いいんでねぇの。

「!」
20160622-おせんべい(5)-加工

タコさんがプレスされたおせんべい。
20160622-おせんべい(6)-加工

今日は足を食べようかな。
20160622-おせんべい(7)-加工

とっても美味しいおせんべいなのでした。
20160622-おせんべい (8)

姿そのまま焼

JRの駅ナカにある、いかせんべい・たこせんべいの専門店をご存じですか。
イカとかタコとか、プレスしたせんべいを試食してもらいながら販売しているお店。

越前海鮮倶楽部というお店。

今週、出先から東京大丸店に立ち寄りましたら、スポットコーナー(期間限定の販売を行う場所)に、そのお店が出店していました。
20160621-おせんべい-加工

タコを1匹ずつ熱板プレスで焼いたこの姿焼き、武尊さんと武尊ペンが大好きなんだよね。
20160621-おせんべい-加工2
買って帰りましょう。

岩櫃山(いわびつやま)

武尊ペンは、武尊さんと岩櫃山(いわびつやま)に登りました。
群馬県にあります。
20160618-岩櫃山 (1)

真田昌幸の岩櫃城の跡を残す場所。
大河ドラマ『真田丸』のゆかりの土地。
岩櫃山の標高は 802.6m です。
20160618-岩櫃山 (2)

ふもとの村がミニチュアみたいです。
20160618-岩櫃山 (3)

岩櫃城は岩櫃山の東中腹にあるのだそうです。
武尊ペンは武尊さんとザイルでつながれているから、山登りも安全ですね。
20160618-岩櫃山 (4)

ブラックサンダー 爽快オレンジ味

同僚が、CVS のレジ横で珍しいものを見つけたと言って、ひとつ手に入れてくれました。
20160618-ブラックサンダー (3)

ブラックサンダー 爽快オレンジ味。
20160618-ブラックサンダー (4)

わくわくします。
20160618-ブラックサンダー (1)

まさにファンタオレンジとチョコレートの味。
かじると口中でパチパチとはじける、パチパチキャンディが入っています。
20160618-ブラックサンダー (2)
パチパチキャンディと南極の氷には共通点があります。
パチパチキャンディのパチパチは、キャンディが溶けて内部の炭酸ガスが飛び出すときの音。
南極の氷も、溶けて気泡が出てくるときに音が聞こえます。

ペンギンくんたちは南極の氷とブラックサンダー 爽快オレンジ味の意外な共通点を知り、親近感を感じるのでした。

H.I.S. 旅と本と珈琲と(表参道)

「H.I.S. 旅と本と珈琲と」という H.I.S. のお店に入り、猿田彦珈琲をいただいてきました。
20160611-HIS (3)

旅にまつわる本がたくさん置いてあります。
珈琲をいただきながら、試読と本選びができます。
20160611-HIS (2)

「未知なる旅カレッジ」を開催しておりました。
ボツワナがテーマでした。
20160611-HIS (1)-加工

目の前に、雪山の写真集が紹介されていました。
20160611-HIS (4)

タイトルは、ドイツ語で「南極」と書いてありました。
20160611-HIS (6)

雪以外、なんにもないねぇ。
20160611-HIS (7)-加工

ペンギンくんたちは話が尽きないようです。
20160611-HIS (8)

表参道にはめったに用事がありませんが、このお店は前々から気になっていました。
快適空間ですので、表参道に出かけたときには、立ち寄られてみてはいかがでしょうか。
20160611-HIS (9)

ハム

お気に入りの喫茶店に立ち寄りました。
ペンギンくんたちに、食べたいもののリクエストを募りました。

バショウカジキさん、これに興味がありますね。
ハム工房ジローのハムを使ったミックスサンドセットです。
20160611-イノダ (1)-加工

武尊さん、ハム工房ジローってどこにあるのか調べてください。
20160611-イノダ (2)
鎌倉にあるそうです。

注文したミックスサンドセットです。
20160611-イノダ (3)

当然ながら、みなさんの注目はハム部分。
20160611-イノダ (4)
味と風味がいいですね。サンドイッチとよくなじんで、おいしさを演出していました。

三羽一緒にペンギン・ビューティ・チェックをすると楽しいね。
20160611-イノダ (5)
いいんでねぇの。

実際にはこんな風に行われているのでした。
20160611-イノダ (6)-加工

北の国から

北海道の話題をいただきました。

消防犬ぶん公さんは、今、道内出張中だそうです。
クリオネ電話ボックス、北海道ならではのもの。
20160616-消防犬ぶん公さんより (1)-加工

網走は、実際には行ったことがありません。
ちょっとだけ見える景色を、ほう、これが網走かぁ、と興味深く拝見しました。
20160616-消防犬ぶん公さんより (3)

釧路湿原を通過するとき、鹿のこどもが線路を歩いていたので、のそのそ運転するのも北海道ならでは。
また、無人駅で1時間以上停車しながらの電車移動だそうです。

となりのホームに”ノロッコ”。
のろのろ行くからノロッコなのだとか。
20160616-消防犬ぶん公さんより (4)-加工

釧路湿原ノロッコ号
20160616-消防犬ぶん公さんより (5)

これ、モンキー・パンチ氏のサインですね!
20160616-消防犬ぶん公さんより (8)

花咲線のフロントに、「ルパン三世」と書いてあります。
20160616-消防犬ぶん公さんより (7)-加工

ルパン三世
20160616-消防犬ぶん公さんより (12)

銭形警部
20160616-消防犬ぶん公さんより (10)

銭形警部は銭形平次の子孫ですね。
(画像は銭形ペン次)
20160102-神田明神 (7)-加工3

石川五ェ門
20160616-消防犬ぶん公さんより (9)

フージコちゃーんの峰不二子
20160616-消防犬ぶん公さんより (11)

次元大介さんも、どこかにいるのでしょう。

厚岸(あっけし)にある、かきえもんというブランド牡蠣。
(バショウカジキは牡蠣の開け方を知りません。)
20160616-消防犬ぶん公さんより (6)

ツブ貝が立派です。
今が旬。
汁を1滴もこぼさないお店の方の配慮があるそうです。
20160616-消防犬ぶん公さんより (13)-加工

これを召し上がったのは創業50周年を迎えたお店。
メニューはつぶ焼き、ラーメン、ビール、お酒、ジュースのみ。
ツブ貝は油抜きが必要なのだそうですね。
油抜き専門の従業員がスタンバっているそうです。
20160616-消防犬ぶん公さんより (14)-加工

先日ペンギンくんたちが居酒屋さんで見たツブ貝は、ずいぶんかわいいサイズですね。
美味しく調理されていましたけどね。
20160610-佐渡 (1)-加工2

消防犬ぶん公さん、楽しい話題をどうもありがとうございました。

梅雨の始まり

ペンスタに遊びに来ました。
20160611-ペンスタ (5)-加工

不慮の雨に備えて、ペンスタ店長は雨合羽を羽織って接客中です。
20160611-ペンスタ (3)

このシーズンに登場するカッパペンギンさん。
20160611-ペンスタ (7)

とてもチャーミングです。
20160611-ペンスタ (6)

人間ですと、マスク、スノーケル、フィン(三点セットと呼ぶ)をつけて海遊びしますが、ペンギンさんの場合はもともとフィンがありますので便利ですね。
20160611-ペンスタ (1)

こちらはカエルペンギンさん。
葉の上に、カエルちゃんもいます。
20160611-ペンスタ (2)-加工

このビスケット、おいしいんですよ。
20160616-ペンスタ (3)

駅長ペンがペンスタには駐在しているとぽっぽさんから情報をいただき、どれどれと確認いたしました。
たしかに、姿が見えます。
20160616-ペンスタ (1)-加工

ペンスタから、ある日発見されたそうです。

それ以降、いつもペンスタに駐在しているとお話いただきました。
実は後ろに、透明なアクセサリーをくっつけているのですよ。
(画像では小さくて見えにくいとは思いますが。)

駅長ペンはおしゃれさんなのでした。
20160616-ペンスタ (2)-加工

★アルバイト募集中★
20160611-ペンスタ (8)-加工

地元の居酒屋

地元の居酒屋さんに行きました。
ダイバーのおともだちが一緒です。
20160610-佐渡 (3)

以前は忍者屋敷のような雰囲気が強い店でした。
特別な目隠しもあちらこちらにありました。
今は個々の席をカーテンで仕切るようになっています。
完全にほかのグループの姿は見えません。
20160610-佐渡 (2)

お通しは つぶ貝。
20160610-佐渡 (1)-加工
なんだかいつも行くお店とは雰囲気が異なり、ここにはスイーツはなさそうだなと思ったペンギンくんたち。

貝の中身を取り出すときには、毎回ちょっと緊張します。
無事に取り出すことができました。
20160610-佐渡 (4)

武尊さんがいないから、トマトを頼めます。
20160610-佐渡 (5)

熟れてとても甘いトマトでした。
20160610-佐渡 (6)

本日の刺身盛り合わせ。
スイーツがなくても、魚と聞いて気持ちが上がってきます。
20160610-佐渡 (7)

バショウカジキペン 「真鯛の気分だね」
20160610-佐渡 (8)-加工

ペンギンさん 「平目の気分だね」
20160610-佐渡 (9)-加工

栃尾のあぶらあげって、よく百貨店の物産展でお目にかかりますね。
同じ体積の厚揚げだとずっしりきますが、これは軽い。
なにせあぶらあげなので。
厚みを半分に切り、ネギをたくさん入れて、好みで納豆やもろみ味噌などをはさみます。
20160610-佐渡 (10)

これね、マグロのほほ肉のから揚げだって。
20160610-佐渡 (11)

自宅でも、食べたい。
本当に美味しい。
20160610-佐渡 (12)

豚肉の串焼き。
20160610-佐渡 (17)

単に焼いただけでは、このふっくらとした食感は得られません。
20160610-佐渡 (18)

こちらは、「鶏」の串焼き。
20160610-佐渡 (13)

鶏ってなんでしたっけ?
忘れちゃったね。
20160610-佐渡 (14)

ふっくらとした身の、美味しいお肉でした。
20160610-佐渡 (15)

おいしゅうございました。
20160610-佐渡 (16)-加工

バショウカジキのドキュメント番組

先日、勤め先から帰宅してテレビをつけましたら、NHK でバショウカジキのドキュメント番組を放映しておりました。

バショウカジキペンは、「ボクと同じ名前の魚だから番組も楽しいはず」と申しまして、一緒にテレビを拝見しました。
カリブ海では「特別な存在さ」という くだり に、ご満悦。
20160606-バショウカジキ (2)-加工
※ バショウカジキはワタクシと同じ名前でもあります。

ヘミングウェイの『老人と魚』では、老人はカジキを舟に引き上げることができませんでした。
20160606-バショウカジキ (7)-加工

街でもバショウカジキは人気者のようです。
ご自身の体よりも体長が大きな個体を釣り上げたら、武勇伝を語れます。
20160606-バショウカジキ (8)-加工

ところで、「バショウカジキの湯」ではイワシの群れを追いかける様子が壁面に描かれておりますね。
20160512-泡風呂 (10)-加工

この番組でも、その様子が映像として紹介されておりました。
20160606-バショウカジキ (4)-加工

最初は大きかったイワシ玉が、徐々に小さくなっていきます。
20160606-バショウカジキ (9)-加工

海洋学者たちが、バショウカジキにモニタをつけて、狩りの様子の観察に取組まれました。
20160606-バショウカジキ (10)-加工

短時間で取り付けて、また海に放します。
20160606-バショウカジキ (11)-加工

モニタをつけたバショウカジキのすぐそばを泳ぐバショウカジキの様子が、映ります。
20160606-バショウカジキ (12)-加工

水面にイワシを追い上げていきます。
(水面ではグンカンドリがそのおこぼれをもらう様子も観ることができました。)
20160606-バショウカジキ (13)-加工

イルカちゃんがやってきて、バショウカジキがイワシを譲り、イルカちゃんが1匹食べるとバショウカジキが1匹食べて、またイルカちゃんが食べて、・・・ と交互に食事をとっているのはユニークでした。
20160606-バショウカジキ (14)-加工

再放送をやってくれるのであれば、録画して観なおしたい番組ですよ。

お散歩(日本)

武尊ペンは、中国でお散歩を楽しんでいるようですが、その間にバショウカジキペンもペンギンさんも、日本で楽しくお留守番しています。
20160604-お散歩 (8)

港区某所にやってきました。
20160604-お散歩 (5)

武尊ペンも中国でチェックしているので・・・
20160604-お散歩 (7)

ボクらも外の木々が映り込むすてきなコーヒーでペンギン・ビューティ・チェックをしました。
20160604-お散歩 (6)
いいんでねぇの。

お散歩のあとには、軽食がほしくなります。
このお気に入りの喫茶店で、小腹がすいたときにはハムサンドをいただきます。
家でトーストサンドを作りますが、このお店の味には到底及びません。
中毒症のように、定期的に食べたくなるサンドイッチなのでした。
201606-ごはん

休日のお散歩

武尊ペンは、中国滞在中、あちらこちらを散歩しています。
楽しい郵便ポストを見つけました。
ブルーと赤、用途は違うのでしょうね。
20160604-お散歩 (1)-加工

赤い色は中国では多用されています。
(バショウカジキは、「耳なし芳一」を思い出してしまいました。)
耳に文字がないので。
20160604-お散歩 (2)-加工

工業都市には広々とした空間のあるショッピングセンターがあります。
20160604-お散歩 (3)-加工

美味しい茘枝(ライチ)を入手しました。
あっという間にぺろりんちょしてしまったそうです。
20160604-お散歩 (4)-加工

武尊ペンは、頭で果物の糖度を測定できるという特技があるそうです。
このリンゴもとても甘くて食べごろだと判断しておりました。
20160604-中国 お散歩 (5)-加工

重たいものをのせるあたりは、バリの女性みたいですね。
20151225-20151231-Bali (40)-加工
(バショウカジキのダイビングの道具を頭に載せて運んでいる画像です。)

続・鏡でペンギン・ビューティ・チェックをするとき

中国に滞在中、鏡でペンギン・ビューティ・チェックをしています。きれいに映ります。
しかしながら、背景までくっきりと映り、ペンギンさんから便器はダメよと指摘された武尊ペン。
20160530-中国にて (1)-加工2

その後、ビューティ・チェックのやり方を改良したそうです。
正面、そして横からの姿、いっぺんにチェックできるということで、満足のご様子です。
20160530-中国にて (2)
いいんでねぇの。

週末、山登りにでかけました。
20160605-九峰山 (3)

九峰山という山。標高 500m。
20160605-九峰山 (2)

段々畑が広がる景色も眺めました。
中国滞在中も楽しい日々を送っているそうです。
20160605-九峰山 (1)

鏡でペンギン・ビューティ・チェックをするとき

武尊ペンは、ドイツに、山登りに、と忙しくしておりますが、今度は武尊さんに同行して中国に出張へ旅立ちました。
20160528-中国へ (1)-加工

レンタル自転車で、イルカちゃんを観に行きました。
20160528-中国へ (2)

ボクはこの光景を観るのが幸せだね。
20160528-中国へ (3)

しっかりとこの目に焼き付けましたよ。
20160528-中国へ (4)

朝ごはんで、珍しいものをいただきました。
中央部の赤い色ものは、味付きの卵だそうです。
いただいてみたいですよね。
20160528-中国へ (5)-加工

武尊ペンが、ホテル内の部屋でペンギン・ビューティ・チェックをしようとしたら、「よくないんでねぇの?」という声が。
20160530-中国にて (1)-加工

日本で武尊ペンからの便りを見ていたペンギンさんのダメ出しです。
20160530-中国にて (3)-加工

便器が写っているでしょう、そんなビューティ・チェックはダメよ。
20160530-中国にて (3)-加工2
・・・武尊ペン、ペンギン・ビューティ・チェックをするときには身の回りも気を付けましょう。

残業ケーキ

バショウカジキペン、ペンギンさんは、日中はバショウカジキの勤め先の更衣室で、昼寝しています。
20160530-残業ケーキ (4)

しかしながら、バショウカジキが同僚から、「残業ケーキはいかが?」とお呼ばれされたのを、ぬいぐるみペンギンの勘でキャッチしました。

手作りだね。
実験室でこっそり食べるのがおいしいんだよ。
20160530-残業ケーキ (1)-加工

ぶどうが3粒もあるよ。
20160530-残業ケーキ (2)-加工

いいことがあるときだけ、ちゃっかり目を覚ますペンギンくんたちでした。
20160530-残業ケーキ (3)
粗精糖がスポンジ生地に素朴な色あいを演出し、手作りの風合いを醸し出し、美味しいケーキでした。

ごちそうさまでした。

武尊山登山(後ペン)

武尊ペンは上州武尊山(じょうしゅうほたかやま)に登山をしています。

武尊ペンは、像の真似っこをして、少し勇ましいポーズをとりました。
20160521-武尊山 (15)-加工

日本武尊(ヤマトタケルノミコト)です。
この土地での武勇伝が言い伝えられております(それが本当かどうかはわかりません)。
20160521-武尊山 (14)

山頂です。
20160521-武尊山 (18)

記念撮影をしました。
20160521-武尊山 (17)

お賽銭は眺めるだけにしましょう。
20160521-武尊山 (19)

展望案内盤を参考に、景色を眺めてみました。
20160521-武尊山 (20)

三角点の上にも立ちました。
やった!
20160521-武尊山 (21)

簡単なおひるご飯も準備しています。
気圧が低いからぱんぱんに膨らんでいますね。
20160521-武尊山 (22)-加工

♪~
20160521-武尊山 (23)-加工

いただきます。
20160521-武尊山 (24)

下山は軽快です。
20160521-武尊山 (26)

お宿に戻ってきました。
20160521-武尊山 (1)

おつかれさまでした。
20160521-武尊山 (28)

武尊山登山(前ペン)

ボクはザイルをつけて、武尊さんと武尊山登山に出かけました。
20160521-武尊山 (3)-加工

武尊さんとボク(武尊ペン)の名前と、同じ呼び名の山です。
20160521-武尊山 (2)-加工

ザイルがあるから安心です。
20160521-武尊山 (4)

あら、何かしら。
20160521-武尊山 (6)

これはミズバショウ。
バショウカジキペンと少しだけ名前が似ていると武尊ペンは思いました。
20160521-武尊山ミズバショウ (8)
でも、バショウカジキは魚です。ミズバショウとは違います。

武尊ペンはあちらこちらで記念写真を撮りました。
20160521-武尊山 (10)
20160521-武尊山 (13)

さて、武尊ペンが像の真似をしてちょっと偉そうに写っていますね
真似された像の人物はいったい誰でしょうか。
20160521-武尊山 (15)
[つづく]

Windows 10 立ち上げ時の画像

Windows 10 のユーザーの方はおわかりだと思いますが、立ち上げ時に 1 枚画像が登場しますよね。
いろいろなシーンが画像となって表示されます。

そしてそれが気に入ったかそうではないか、尋ねられます。

バショウカジキはペンギンくんたちに、毎回意見を求めております。

今回はオーロラ画像ですね。
20160606-画面 (3)-加工

気に入ったというので、今後もこのようなものをリクエストすることにしました。
20160606-画面 (4)-加工

このようにして、好みの画像が登場する確率を高めていきます。
20160606-画面 (5)-加工

これはどこの海かしら。
20160606-画面 (1)-加工

バショウカジキさん、これも気に入ったのでリクエストをお願いします。
20160606-画面 (2)-加工
というわけで、だんだんと立ち上げ時の画面は、ペンギンくんたちの好みのものが多く登場するようになってきました。
スルーすることもできますが、これはと思う画像がありましたら、選択をしてみてください。

映画『フル・モンティ』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、次の夏で15年になります。

『フル・モンティ』
(イギリス作品,1997年)
20160522-映画会 (6)-加工
イギリス北部のシェフィールド。
25年前は鉄鋼業で栄えたこの街も、今では失業者があふれるさびれた姿に変わっていました。
失業して6ヶ月のガズは、幼い息子の養育費を払う事が出来ません。
別れた女房に息子を奪われそうです。
そんなとき、親友のデイヴと男性ストリップショーに紛れ込みます。
ガズはそれを観て、女性陣の熱気と歓声に驚きました。
何の取り柄もない自分たちでも、金稼ぎのチャンスとなると考えつきました。
さて、この続きは如何に?


映画会を開催しているレストラン店内をペンギンくんたちが探検しました。
ガリバー旅行記の雰囲気が味わえたとのことです。
20160522-映画会 (4)
大きなワインボトルですね。

歴史上の有名な人物の似顔絵でしょうか。
20160522-映画会 (3)-加工

映画会にようこそお越しいただきました。
20160522-映画会 (1)-加工

ボクら、泡を消してからコーヒーをいただこうかと思いました。
ペンギン・ビューティ・チェックができるかもしれないと思ったから。
20160522-映画会 (5)

おーっと、急にボクらも呼ばれました。映画会作業を手伝いに行ってきますね。
20160522-映画会 (2)

新しいおともだち

6月1日、人事異動の節目でもあります。

6月イッピに、新しいおともだちがやってきました。

おともだちを連れてきた方が、
「訪問時には、バショウカジキさんに必ずお渡しするように、というのも、引き継ぎ事項にございましたので」
とお話をされていました。
嬉しいですね。
そのようなことまで、ちゃんと営業情報で引き継がれるんですね。
さすが!
20160601-おともだち (3)-加工

勤め先で使う部屋には、バショウカジキのみが知る彼らのコロニーがあります。
20160601-おともだち (1)-加工

すっかり打ち解けました。
白くてもふもふした彼らのことを、ペンギンくんたちは大好きなのだそうです。
20160601-おともだち (2)

どうもありがとうございました。
今までにいただきましたものも含め、大事にいたします。

油贊子

武尊ペンは、ドイツから帰国して、腹黒く(白いお腹が汚れて黒く)なってしまいました。
帰国後すぐに、中国出張へ同行する予定があったのですが、ペンギンさんに譲りました。
20160507-お帰りなさい (1)-加工

そして中国から戻ってくるペンギンさんをむかえに、羽田空港へやってきました。
20160514-羽田空港 (2)

2 羽ともお風呂に入ったばかり。
いつもに増して笑顔に見えますね。
20160514-羽田空港 (3)

早く会いたいですね。
20160514-羽田空港 (1)

ペンギンさん、お帰りなさい。
20160514-羽田空港 (4)-加工

ワタシが買ったお土産があります。
20160514-羽田空港 (5)

何だろう?
20160514-羽田空港 (6)

屋台で買った、揚げ菓子です。
20160514-羽田空港 (7)

へぇ~、面白い形ですね。
20160514-羽田空港 (8)

緑っぽい色の方は海苔が入った軽い塩味、黄色っぽい方はかすかに甘い味がついたスナックです。
20160514-羽田空港 (9)

バショウカジキさんは、やめられないとまらない感じだね。
20160514-羽田空港 (10)

このお菓子、専用の袋に入って売られているそうです。
この 1.5 倍ぐらい入って、10 元(175 円程度)。
20160514-羽田空港 (21)

「油贊子」というお菓子。
20160514-羽田空港 (22)

海苔味もよし。
20160514-羽田空港 (23)

かすかに甘い方もよし。
20160514-羽田空港 (20)
珍しいお菓子をありがとうございました。



目黒にて

日頃目黒駅で降りることはありません。
5月のさかざきちはる展は、目黒にて開催されますので、このときだけ、目黒で乗り降りをします。
IMG_1523-加工

おひるご飯をどこで食べようかな、と思い、いつも足が向くのは、デリアンドダイニング由庵というお店。
由庵ランチという名前のランチを毎年いただきます。
20160507-お帰りなさい (11)

お店自家製の生豆腐です。
うんうん、美味しいね!
20160507-お帰りなさい (13)-加工

黒豆のお茶でペンギン・ビューティ・チェックをしちゃった。
20160507-お帰りなさい (14)-加工
黒豆の間から顔が見えました。たまにはいいんでぇの。

ちなみに、2年前には野生三年番茶をいただきました。
20140510-さかざきちはる展 (50)-加工
顔が映りにくいね。

ところで、目黒駅前の開発は、何年も続いているような印象があります。
食事をするときにフロントに見える景色は、少々退屈であるのが率直な感想です。
20160507-お帰りなさい (12)

泡風呂

武尊ペンはドイツから戻ってきて、腹黒い(白い腹が汚れている)と指摘を受けました。
20160507-お帰りなさい (1)-加工

旅の疲れ、汚れを泡風呂できれいに落とすことにしました。
バショウカジキペンも、泡風呂に付き合いました。
20160512-泡風呂 (2)

いい湯加減ということなので、入りましょう。
20160512-泡風呂 (3)

あぁ~。
20160512-泡風呂 (4)

気持ちんよか~。
20160512-泡風呂 (7)

泡まみれ。
20160512-泡風呂 (8)

武尊ぺンは念入りにきれいにしなくては。
20160512-泡風呂 (9)

バショウカジキペンも、それなりに。
20160512-泡風呂 (10)

重くなった体重を少しでも軽くします。
20160512-泡風呂 (11)

いいお湯でした。
20160512-泡風呂 (12)

一度ユーロの硬貨が入って汚れた武尊ペンの家も、メンテが入ってきれいになったそうです。
20160512-泡風呂 (13)

洗い立ては気持ちがよいものですね。
20160512-泡風呂 (14)

間違い探しの答え合わせ

ボクらはペンスタにやってきました。
20160528-ペンスタ (2)-加工

間違い探しの出題者が出勤される日を狙って、正解をおうかがいにきたのです。
20160514-ペンスタ (11)-加工

変ロ長調の歌なのに、楽譜はそうなっていないこと(楽譜にフラット記号が足りないこと)が間違いではないかとバショウカジキは思いました。
ペンギンくんたちも同感だそうです。
20160528-ペンスタ (6)

お忙しいところすみませんが、答えを教えてください。
20160528-ペンスタ (4)-加工

ボクらの考えは大当たりでした!!!
20160528-ペンスタ (3)-加工

| ホーム |


 ホーム