プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

クラブハウスサンドイッチ

お気に入りの喫茶店に来店しました。
20160326-イノダ (4)

バショウカジキさんのリクエストで、クラブハウスサンドイッチを食べにきたのです。
20160326-イノダ (1)

あれれ、サンドイッチの中身がトマトだらけになりました。
これは明らかに不自然です。
武尊さんが、ボクの方から瞬間ワープしたのではないかと言っておりました。
20160326-イノダ (5)

あれれ、あちらのサンドイッチはベーコン尽くしです。
これは明らかに不自然です。
武尊さんが、ボクの方に瞬間ワープしたのではないかと言っておりました。
20160326-イノダ (6)

世の中には不思議なことがありますね。

美味しい食事のあとは、ペンギン・ビューティ・チェックのお時間です。
20160326-イノダ (3)-加工
いいんでねぇの。

ところで、喫茶店を利用したペンギン井戸端本会議で、議案が今、ひとつ採択されたもようです。
20160326-イノダ (7)

今度の武尊さんの中国出張には、ペンギンさんが同行いたします。
20160326-イノダ (8)
よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

茶色のリボンとチョコレート

武尊ペンは、最近、茶色のリボンを手に入れました。
20160326-マダム・ブロ (10)-加工

リボンには、チョコレートが入った箱がおまけでついていました。
20160329-武尊ペンのチョコレート (1)-加工
注)正しくは、「チョコレートが入った箱には、リボンがかけられていました。」

美味しそうですね。
20160329-武尊ペンのチョコレート (2)-加工

「ゴディバ」は、英国女性の名前なのですね。
重税を課そうとする夫を戒めて自らを犠牲にした女性が、企業のシンボルマークになっています。
20160329-武尊ペンのチョコレート (6)-加工

さっそくいただきましょう。
20160329-武尊ペンのチョコレート (3)-加工

向かって左は「レディ・ノア」
バニラ風味のホワイトチョコレート。
ゴディバが馬に乗ったおなじみのマークのチョコレートです。
20160329-武尊ペンのチョコレート (5)-加工

もうひとつは「クープダムール(愛のカップ)のキャラメル」
コーヒー風味のキャラメルをチョコレートで包んでいます。
20160329-武尊ペンのチョコレート (4)-加工

ふたつのチョコレートを半分に切ったから、半分ずつ味わいましょう。
20160329-武尊ペンのチョコレート (7)

マダム・ブロで待ち合わせ

東京駅八重洲南口にあるマダム・ブロで、武尊ペンはつぶやきました。
ペンギンさんたち、遅いな;ぁ。
まあ女子は支度に時間がかかるから、気長に待ちましょうか。
20160326-マダム・ブロ (3)

お待たせ~。
20160326-マダム・ブロ (9)

ワタシ、武尊ペンのためにリボンを準備していたので遅くなったのよ。
20160326-マダム・ブロ (1)
20160326-マダム・ブロ (2)

お、武尊ペン、似合いますよ。
20160326-マダム・ブロ (10)

ペンギン・ビューティ・チェックで確認した顔映りもばっちりです。
20160326-マダム・ブロ (11)-加工
いいんでねぇの。

今回のコーヒーマグのロゴの色は水色でした。
20160326-マダム・ブロ (12)

そうそう、ニューデイズにて飲料を購入しましたら、北海道新幹線にちなんだマスキングテープをゲットしました。
20160326-マダム・ブロ (13)

新幹線、北海道の名産物産、名所が描かれたもの。
とても素敵ですよ。
全五種あるそうです。
20160326-マダム・ブロ (14)-加工

6周年イベント中

先週土曜日は、ペンスタが非常に混雑しておりました。
店長にご挨拶をすることもままならず。
春休みですからね。

新発売のボードを掲げているペンギンさんを発見。
20160326-ペンスタ (1)

北陸製菓(訂正)北海道製菓さん製造のビスケットの新発売なのです。
20160326-ペンスタ (2)-加工2

こちらの名刺入れにも、引き続き注目をよろしくお願いします。
20160326-ペンスタ (3)-加工

6周年は "ROCK" でキメました。
来年は何だろう?
2連続でダジャレではこないだろう、いや、意表をついてもう1度この路線で商品を出してくるか?
といろいろ考えをめぐらせるのでした。
20160319-ペンスタ (9)-加工

日帰りで

日帰りで徳島に仕事に出かけました。
朝早くに出かけるので、たいがいゲートで飛行機を待つ間に何かを食べます。
徳島に行くからあえて選んだわけではありませんが、画像の製品を何本かいただきました。
20160323-徳島 (1)-加工

JALは内装が黒を基調にした機体がだいぶ増えました。
静かな気分で過ごすことができます。
考える作業をしようと思いますが、リラックスしすぎて寝てしまいます。
20160323-徳島 (2)

上空が安定しており、ペンギン・ビューティ・チェックもできたはず。
バショウカジキさんが寝てしまったから、チェックしても画像に残してはもらえないねぇ、とペンギンくんたちが囁いていたようです。
20160323-徳島 (3)

徳島うどんはとってもおいしいですね!
と現地の方に申し上げましたら、香川の方がもっとおいしいです、休日にわざわざ車で食べに行くんですよ、とのことでした。
ちなみに徳島では、年越しは多くの家庭で、うどんをいただくそうです。
20160323-徳島 (4)

シンビーノ ジャワティは、東京ではなかなか見つかりません。
好みの味なので、阿波踊り空港で帰りの飛行機を待つ間に、余裕があれば必ずいただきます。
20160323-徳島 (5)

帰路の機体の内装は、従来からのもの。
JAL便として長い間慣れ親しんだ色調です。
20160323-徳島 (10)

おとなりさんはぐっすり眠っておられます。
20160323-徳島 (7)

チャンス到来。
よくバショウカジキから、機内で登場するときには周囲の空気を読んでくださいよ、と言い聞かせられているペンギンくんたち。
ペンギン・ビューティ・チェックをしてしまいましょう。
20160323-徳島 (9)

おだやかな日は、きちんと容姿を確認できます。
20160323-徳島 (8)-加工
いいんでねぇの。

CA さんから、かわいらしい!とほめられて、上機嫌のペンギンくんたちでした。
20160323-徳島 (11)

再び食べ放題へ

武尊さんが中国でいつもお世話になっている、「かわいくて頭脳明晰な」通訳さん、同じ会社の「恰好良くて仕事ができる」エンジニアくんを、食べ放題のお店にご案内いたしました。
武尊ペンが武尊さんのお供で参りました。

通訳さん、たくさんカニ足を持ってきたね。
20160319-カニ (1)-加工

おすそ分けをいただきました。
ありがとうございます。
20160319-カニ (2)-加工

約1か月の滞在を終えて、土曜日に中国へ戻られるそうです。
今後ともよろしくお願いいたします。


さて、バショウカジキペンやペンギンさんは、バショウカジキと一緒におつかいのあと喫茶コーナーへ立ち寄りました。
バショウカジキさん、あの袋の中身は何ですか?
20160320-おやつ (1)

あっ、焼き菓子が入っている。
20160320-おやつ (3)

二羽の視線が鋭すぎて、負けました。
ひとつだけお店でいただいてしまいましょう。
20160320-おやつ (4)

抹茶を使った洋菓子は、熱でどうしても褐変してしまいます。
20160320-おやつ (5)

内部は鮮やかな色を保持しておりました。
香りも豊か。
もっと買えばよかったなぁ。
20160320-おやつ (6)

外出時、ペンギン・ビューティ・チェックを欠かしたことがありません。
20160320-おやつ (2)-加工
いいんでねぇの。

国立博物館へ

上野にある、東京国立博物館へ足を運びました。
20160319-国立博物館 (1)

武尊さんが中国でいつもお世話になっている、「かわいくて頭脳明晰な」通訳さんが、ぜひ観たいということでご案内しました。
同じ会社の「恰好良くて仕事ができる」エンジニアくんももちろん一緒。
20160319-国立博物館 (10)-加工

武尊ペンには、ちょっと難しい部分もあったのですが、日頃科学博物館にばかり足を運んでいるので、国立博物館の展示品は新鮮に思えました。
20160319-国立博物館 (5)
20160319-国立博物館 (8)-加工

ボクが真似をすると、まったく趣が感じられませんね。
20160319-国立博物館 (6)

これはボクにもわかりやすい。
20160319-国立博物館 (11)-加工

「かわいくて頭脳明晰な」通訳さんが、根付の中にペンギンがあるのを発見しました。
高円宮コレクションの根付展示でございました。
20160319-国立博物館 (12)-加工

このような場所を訪れることで、ちょっと知的になったような気がいたしました。
20160319-国立博物館 (15)-加工

新宿高野 フルーツパーラーへ

新宿高野 フルーツパーラーにやってきました。
ここでは、お食事、フルーツ、デザートのバイキングサービスがあります。

制限時間は 1時間半。
11時開店ですので、最初のお客様がフルに楽しまれた場合、12時半までの利用となります。
でも、その2巡目から利用しようと思ったら、11時過ぎに並び始めたほうが無難です。
それほど人気が高いのです。

ボクらも並びましたよ。
20160319-タカノ (1)-加工

武尊さんが中国から来日したお二方を東京観光にお連れする中で、昼ごはんは高野のフルーツパーラーに設定したのでした。
中国からいらした「かわいくて頭脳明晰な」通訳さんと、同じ会社の「恰好良くて仕事ができる」エンジニアくん。
お二方ともさわやかな感じです。
20160319-タカノ (2)

いつも武尊さんが連れている武尊ペンは3羽のうち、どのペンギンでしょうか?
20160319-タカノ (8)

通訳さん:う~ん・・・
20160319-タカノ (6)

通訳さん:どっちかな・・・

(この時点ですでにハズレ~。
 最初にテーブルの上に置かれたペンギンが武尊ペンでした。)
20160319-タカノ (5)

難しいですよね。
20160319-タカノ (7)

通訳さんも武尊さんも、フルーツをたくさん召し上がりますよね。
20160319-タカノ (4)

武尊さん、スイカがあってよかったですね。
20160319-タカノ (12)

通訳さんはメロンのおかわりが続きました。
20160319-タカノ (9)

十分に元を取ったと思います。
20160319-タカノ (15)

ぎりぎりまで食べ続けました。
あっぱれ。
20160319-タカノ (14)

バショウカジキは、食べたかったチーズオムレツやスイーツなどを楽しみました。
20160319-タカノ (3)
20160319-タカノ (10)

コーヒーも進みます。
20160319-タカノ (13)

いい顔してますよ。
20160319-タカノ (11)-加工
いいんでねぇの。

ペンギン腹よりも立派なお腹の紳士がおりました。
20160319-タカノ (16)

小核桃仁

武尊ペンから、美味しいお土産をいただきました。
20160319-武尊ペンのお土産 (1)

小核桃仁の小分けパック。
桃仁=クルミの実
やめられない止まらないお菓子の類で、美味しいので、よく買ってきてもらうのです。
20160319-武尊ペンのお土産 (2)

メーカーが異なり、色艶も異なります。
味付けも少しずつ異なります。
どちらも好きです。
20160319-武尊ペンのお土産 (3)

ところで、中国は日本とは異なり、製造年月日を表示することになっております。
20160319-武尊ペンのお土産 (5)

日本製品の表示ですと、賞味期限表示ですね。
20160319-武尊ペンのお土産 (6)

武尊ペン、ありがとう。
20160319-武尊ペンのお土産 (4)

ペンギンの恋の季節

先日、テレビでニュースを観ていましたら、すみだ水族館の話題が登場しました。

とても仲の良いカリンとカクテルが、出産準備に入っているそうです。
20160319-すみだ水族館 (1)-加工

わらの上に寝て、じっとしています。
20160319-すみだ水族館 (3)-加工

このカップルから誕生したペンギンは、現在4羽。
みなさんからの公募で名前が決まり、まつりちゃん、はなびくん、はっぴくん、たいこちゃんの4羽も水族館ですくすくと育っています。
20160319-すみだ水族館 (2)-加工

すみだ水族館では、カップルが別れたりくっついたりしているようですが、この2羽はずっと仲が良いのだとか。
20160319-すみだ水族館 (4)-加工

以上、NHK のニュースからのご紹介でした。
4 月に再度特集が組まれるようですね。
産卵ラッシュの話題を提供いただけるといいですね。
20160319-すみだ水族館 (5)-加工

ペンスタ "Rock" 周年記念 名刺入れ

ペンスタ店長、こにゃにゃちは~。
今年、何回かそのお姿でお見かけいたしております。
ご卒業、おめでとうございます。
そしてペンスタ6周年、おめでとうございます。
20160319-ペンスタ (7)

桜の花を抱えているんですね。
20160319-ペンスタ (6)-加工

この賞状筒がほしいですね。
20160319-ペンスタ (8)

たっくさんのペンギンくんたちが、お店に控えております。
20160319-ペンスタ (1)

ペンスタ6周年の記念で新しく発売された名刺入れ。
20160319-ペンスタ (2)

"Rock" → ロック → 6
ですね。
20160319-ペンスタ (9)

こちらも新商品。
20160319-ペンスタ (3)

チロルチョコのペンコレ!版。
中央にあるのがマグネット。
20160319-ペンスタ (4)

チロルチョコは1粒1粒印刷デザインが異なります。
東京、埼玉、福島、宮城、青森、岩手を旅する Suica ペンギンのイラスト。
20160319-ペンスタ (10)-加工

上包み包装をはがし、マグネットにきれいにセッティングすれば、着せ替えマグネットとして楽しめるわけです。
ペンスタ限定商品とのことです。
どうですか、ほしいものリストに加えたのではありませんか?
20160319-ペンスタ (5)

武尊ペンの中国での休日

武尊ペンは先日まで、中国滞在を楽しんできました。
週末はあちらこちらを散歩したそうです。
20160310-中国 (14)

あれは何だろう?
20160310-中国 (16)-加工

あまり、滞在地域のことに詳しくはありませんが、趣のある建物が多いのです。
20160310-中国 (15)

そしてとても静かでした。
20160310-中国 (18)

公園へ行きました。
20160310-中国 (22)-加工

公園には、二胡を練習する男性がおられました。
20160310-中国 (21)

だいぶ歩いてお腹が空きましたね。
20160310-中国 (24)

ゆったりと過ごした休日でした。
いつもよりちょっぴり多めにごはんをいただきます。
20160310-中国 (23)

コーヒー・マーブル

武尊さんのお父さまから、マーブルケーキをいただきました。
20160318-コーヒー・マーブル (2)-加工

☆の間から見える部分が気になります。
20160318-コーヒー・マーブル (1)

おぉぉ、おいしそうだ。
20160318-コーヒー・マーブル (3)

コーヒー・マーブルだって。
20160318-コーヒー・マーブル (4)-加工

いい香り。
20160318-コーヒー・マーブル (5)

食べましょうよ。
20160318-コーヒー・マーブル (6)

アーモンド・プードルをたっぷり使っており、コーヒーのコクを際立たせた味の部分。
20160318-コーヒー・マーブル (8)

こちらはラム風味が豊かな部分。
20160318-コーヒー・マーブル (7)-加工

このマークは独特の雰囲気がありますね。
20160318-コーヒー・マーブル (9)
武尊さんのお父さま、ごちそうさまでした。

ミッフィの切手

バショウカジキは、映画会のダイレクトメールを月に一度郵送します。
だから、頻繁に切手を買いに行きます。

今回は、ミッフィの切手を購入しました。
82円を用いますが、52円の切手もかわいらしかったので、結局こんなに買ってしまいました。

最近はシール切手が増えました。とても楽です。
20160314-切手-加工

バショウカジキの足湯

バショウカジキペンは先日、カレーに足ひれを突っ込んでしまいました。
カレーの臭いは強力です。
ただちに洗わないといけません。
20160305-cafe (7)-加工

今日は足湯に浸かりましょう。
ワタシも足湯に付き合うわよ、とペンギンさん。
20160305-足湯 (1)

こちらに温かな石鹸水を入れますよ。
20160305-足湯 (2)

準備が整いました。
20160305-足湯 (3)

バショウカジキの足湯ですね。
20160305-足湯 (4)

ん~、気持ちんよか~。
20160305-足湯 (5)

よかとね~。
20160305-足湯 (6)

バショウカジキの群れも臨めるんだよ。
20160305-足湯 (7)

足湯だけ、と思いましたが、ぬいぐるみペンギンの特性上、水分が全身に回ってしまい、このあと結局全身洗いになりました。
20160305-足湯 (8)

いいお湯でした。
20160305-足湯 (9)

しばらくは、暖房の風にあたってお休みしましょう。
次に起きた時には、増えた体重が元のように軽く戻っているはずです。
20160305-足湯 (10)

電車の観察

書店の丸善丸の内本店(オアゾ内)には、M&C Cafe という、ハヤシライスで有名な喫茶店があります。

窓側席に案内されると、東京駅のホームが見えます。
京浜東北線だね。
20160305-cafe (1)-加工

中央線と山手線。
20160305-cafe (4)-加工

新幹線のはやぶさと、広告の入った山手線。
20160305-cafe (11)-加工

連結した新幹線の名前はよくわかりません。
20160305-cafe (16)-加工

ずっと車両の横行を観察していたら、黒カレーが出てきました。
20160305-cafe (9)

あっ!
バショウカジキペンは足ひれをカレーに浸漬させてしまいました。
20160305-cafe (7)

すぐにふき取ったのですが、皆が口々に「カレー臭」がする、と言います。
加齢臭ではございませんよ。

帰宅したらすぐに洗わなくては。
20160305-cafe (8)

こんなカレー臭騒ぎのときにも、ペンギン・ビューティ・チェックは欠かせないようですね。
20160305-cafe (5)-加工
目玉が増えているけど、いいんでねぇの。

チョコレート

ペンギンくんたちは、先日にチョコレートをもらいました。
20160314-GODIVA (1)

茶色のリボンがついています。
20160314-GODIVA (2)-加工

こちらは金色のリボン。
バショウカジキペンがほしいと言いました。
20160314-GODIVA (3)

そちらには薄ピンク色のリボン。
ペンギンさんが、ワタシは絶対にこれ!と薄ピンク色を希望しました。
20160314-GODIVA (4)

実は、今まで身に着けていたリボンは太すぎないかと武尊さんが気にしておりました。
たしかに、バショウカジキペンは首がコルセットで固定されたように見えます。
ペンギンさんはボーリングのピンみたいに見えます。
20160314-GODIVA (5)

新しいリボンはこのような感じ。
20160314-GODIVA (6)

茶色のリボンは中国にいる武尊ペンが身に着けるといいね。
20160314-GODIVA (8)-加工

ではチョコレートをいただきましょう。
20160314-GODIVA (9)

トリュフですね。
20160314-GODIVA (10)

ワタシのは、ミルクたっぷりのもの、ストロベリーの風味のもの。
やさしい味なのよ。
20160314-GODIVA (11)

バショウカジキペンのは、ミルク と ビターなダークチョコレート。
20160314-GODIVA (12)

美味しいチョコレートでリボン付き。
ペンギンくんたちもごきげんだったでしょう。

編みパン(ツォップ)とオランジュ

編みパン(ツォップ)とオランジュを作りました。
20160312-パン (4)

ツォップは予定よりも編みすぎて片側は細くなり、くねっと曲がってしまいました。
また、オランジュの方は、焼く過程でクリームチーズが輪切りオレンジからはみ出て流れ気味。
20160312-パン (5)

ツォップのトッピングにはアーモンドダイスとあられ糖。
20160312-パン (7)

オランジュは武尊さんの好きそうなパンね。
中国にいて残念。
20160312-パン (6)

クリームチーズとオレンジの相性の良さを実感。
20160312-パン (8)

ペロッと食べられそう。
20160312-パン (12)

あっ。
二羽ともパンに突っ伏してしまいました。
20160312-パン (9)

ペンギンさん、頭にパンのかけらが乗っかっていますよ。
20160312-パン (11)

変形しているけれども、美味しさには変わりありませんでしたよ。
20160312-パン (10)

週末

週末の夜は、いつも通うプールがガラガラにあります。
誰もいなかったので、ペンギンくんたちもプールに呼びました。
塩素臭がするので、積極的には入りたくないとのことでした。
201603-プール (2)-加工

武尊ペンは、週末の中国を楽しんでいます。
日本に戻りましたら、詳しく聞いてみましょう。
20160310-中国 (16)-加工

それぞれの週末の過ごし方でした。

武尊ペンの中国便り

武尊ペンは長めの中国出張に出かけております。
20160310-中国 (1)
20160310-中国 (2)

空港の朝ごはんは楽しみにひとつだそうです。
20160310-中国 (5)

お味噌汁が大きいですね。
20160310-中国 (6)

現地に着きました。
20160310-中国 (8)

1時間の利用が無料の自転車を借りました。
20160310-中国 (9)

イルカちゃんに会いに行くのがボクは楽しみです。
20160310-中国 (10)

華麗に飛び跳ねていました。
20160310-中国 (11)

晩御飯はどこにしましょうね。
20160310-中国 (12)

品数は少なめで、簡単に済ませることもあります。
20160310-中国 (13)
ボクは元気に過ごしています。

ピタゴラ装置

ペンギンくんたちは(バショウカジキも)、Eテレの『ピタゴラスイッチ』が大好きです。

ねずみのスーが登場すると、ペンギンくんたちがじっとテレビを見つめます。
スーについての曲「スーのうた」は、お気に入りの1曲だそうです。
20160305-ピタゴラスイッチ (5)-加工

すごいな、岩を運んでいます。
20160305-ピタゴラスイッチ (6)-加工

あっ、親戚のピタとゴラだ。
20160305-ピタゴラスイッチ (7)-加工

運転が大好きなスーは、愛車のオープンカーとともに登場することが多いのでした。
20160305-ピタゴラスイッチ (8)-加工
※ 以上画像は、Eテレ『ピタゴラスイッチ』より

ところで、東京駅地下にある NHK キャラクターショップには『ピタゴラスイッチ』のコーナーがあります。
20160305-ピタゴラスイッチ (2)-加工

ピタゴラ装置が最近販売されているのです。
スーのオープンカーに荷物を載せるとスーが車を発進させるおもちゃもあります。
実寸大ということです。
20160305-ピタゴラスイッチ (3)-加工

もう一つのおもちゃは、ピタゴラ装置のゴールに相当する「ピタゴラフィニッシュ」に、たまに使われるもの。
ボールが転がってきて、ケースの中にポトッと落ちると旗が上がるのです。
20160305-ピタゴラスイッチ (4)-加工
非常にほしいと思いましたが、とりあえずこの日は買わずに立ち去りました。

紅茶など

ペンギンくんたちと、お気に入りの喫茶店へ出かけました。
お店の方に、こちらへどうぞと通された席には、ペンギンくんたちの特等席が準備されておりました。
20160305-イノダ (1)

ハムトーストサンドは、バショウカジキには軽すぎますが、美味しいサンドイッチです。
20160305-イノダ (2)

今月限定のスパゲティ。
毎年春に、菜の花を使ったスパゲティは登場しています。
20160305-イノダ (3)

今回は一段と映りがいいようですね。
20160305-イノダ (4)-加工
いいんでねぇの。

紅茶リーフのお店"TWG" ですと、いつも自由が丘まで足をのばしておりました。
TWG 丸の内(新丸ビル内)の存在に最近気づき、出かけてみました。
20160305-TWG (2)

お店がピカピカ光っており、ショーケースの中もまぶしかったですね。
20160305-TWG (1)

姿がくっきりと映るのは、鏡だからです。
ペンギンくんたち、知ってました?
20160305-TWG (3)

自由が丘の店舗はお食事もできますが、丸の内の店舗はリーフの販売のみ。
でも、東京駅ですとバショウカジキにとっては立ち寄りやすいですね。
20160305-TWG (4)

フェイスパック

以前に同僚から、歌舞伎役者の隈取(くまどり)顔に変身できるフェイスパックをいただきました。
一心堂本舗さんの商品。
すごい商品が出てきたな、おもしろいな、と思いました。

その一心堂本舗さんが期間限定で東京駅ナカに出店しておられました。
20160305-マスク (7)-加工

こういう商品の陳列を眺めるのはわくわくしますね。
20160305-マスク (4)-加工

動物顔もあるのですね。
20160305-マスク (3)-加工

画面の前にじっと立つと、疑似的にパックした顔が見られるサービスもありました。
20160305-マスク (2)-加工

いろいろと楽しむ男性が1名。
中国出張の際の、現地の方へのお土産を買っていたようでした。
現地の方の反応は如何に???
20160305-マスク (1)-加工

三兄松鼠

武尊さんが中国でお世話になっている通訳さんに頼んで、街中でこのお菓子を買ってきhttp://sailfish01.blog.fc2.com/img/20160306221842ba1.jpg/てもらいました。
小さなクルミのローストナッツです。
眼鏡をかけたリスが、知的に見えます。
20160306-クルミ (1)

開封口には、リスの足跡が。
20160306-クルミ (3)

袋の中にも袋が。
20160306-クルミ (4)

こちらにもリスの顔。
20160306-クルミ (5)

マチのある袋の左右に、リスの顔が描かれていました。
20160306-クルミ (6)

わー、たくさん入ってる!
20160306-クルミ (7)

殻を剥かずにぱくぱく食べられるけれど、食べすぎに注意。
少し甘くて香ばしくて、やめられない止まらないクルミなのでした。
20160306-クルミ (2)

おひなまつりは終わりましたが

おひなまつりはもう過ぎましたが、ペンスタではもうしばらくおひなまつりが続くようですね。
20160305-ペンスタ (1)

店長は今年(も)卒業式ですね!
いいですね、いろいろなことを終えられて。
20160305-ペンスタ (2)

おや?
20160305-ペンスタ (3)-加工

こんなところに"P"
もしや、"PD"(博士学位取得者) の"P"?
20160305-ペンスタ (4)

ところで、パタパタふせんが新発売です。
20160305-ペンスタ (5)

4 枚の絵柄のふせんです。
ちょっと使うのがもったいない。
でも、ふせんとして惜しみなく使いましょう。
20160305-ペンスタ (6)

マダム・ブロにて

バショウカジキペンとペンギンさん、遅いなぁ。
20160305-マダムブロ (1)

武尊ペン、お待たせ~。
20160305-マダムブロ (2)

ペンギンさんが言いました。
お出かけするときには、女子は支度に時間がかかるのよ。
20160305-マダムブロ (3)

今日のカップは緑色でした。
20160305-マダムブロ (9)

紅茶ではペンギン・ビューティ・チェックできませんが、
20160305-マダムブロ (5)
コーヒーでは可能です。
20160305-マダムブロ (4)-加工
いいんでねぇの。

最近は外国からの来訪者が多いですね。
20160305-マダムブロ (6)-加工

左側にいらした男性は、北欧らしき言葉を話す方でした。
唯一、"Shinkansen"だけが聞き取れました。
切符を片手に、時刻を調べておられました。
20160305-マダムブロ (8)-加工

日曜日から、武尊さんは中国に出かけます。
最近はペンギンくんたちは、大事なものが揃っているか、確認してくれるようになったそうです。
20160305-マダムブロ (7)-加工
気を付けて、いってらっしゃい。

青切

「青切」と聞いてすぐに何だかわかる方は、みかんの産地の方でしょうか。

山口の同僚が、こちらからの出張者が戻る際に、バショウカジキさんにぜひ、と「青切」を手渡してくれたそうです。
ありがとうございます。
20160304-青切 (1)-加工

これ、バショウカジキさんが好きなお菓子だ。
20160304-青切 (2)-加工

青切だ!
賞味期限がきたから、バショウカジキさんに食べるの手伝って、とくれたそうだ。
山口のお菓子「青切」は、極早生夏みかんの中でも、少し早く収獲される「青切」夏みかんの皮を、甘く加工したお菓子。
20160304-青切 (3)-加工

通常、商品としてパッケージに入っているものは、スライスしたきれいな丸のまま。
実際は、画像のとおり、いびつな形でできあがるものも少なくないのでしょうね。
20160304-青切 (4)

こにゃにゃちは~。

20160304-青切 (5)-加工

D さん、どうもありがとうございます。
おいしくいただいております。
20160304-青切 (6)

1966 年に予想した 20 年後

映画『『バック・トゥ・ザ・フューチャー Part2』(1989 年)では、2015 年に飛んで行ってしまうシーンがあります。
えー、ありえないな、と思う中に、実際に 2015 年には現実になったものもありました。
一種の未来予想映画でした。

最近手に入れたこの本。
1966 年に出版され、20 年後(1986 年)の日本の様子を予想した未来学の本です。
20160303-未来 (2)

1986 年自体、もう過去のこと。
今は予想した 1986 年からさらに、30 年が経過しました。
奇想天外な未来像も多いので、いまだに実現されていないものがたくさんあります。
20160303-未来 (4)-加工

「高速道路自動運転」
今話題になっている自動運転とはレベルが異なります。
行きたい場所をセットしたら、あとは読書にふけったり、飲み食いしたり、好きなことをして過ごしていても、安全に車が走行してくれるのです。
20160303-未来 (3)-加工

「腕電話」
サラリーマンが家を一歩出た瞬間から、行動の全てを会社のテレスクリーンに映し始めるというもの。
会社としては、社外商談の様子をいち早くキャッチして、早期対応に着手できますね。
しかし、奥方に知られたくないことまで秘密を握られ、ぼやくことしきり。

ある意味、現在の状況と似ています。
20160303-未来 (1)-加工

「世界への貢献」
世界的改造計画に日本の技術を生かす取組みをしようというもの。
「いま国連の議題の中心は南極理事会であり。」という一文に釘づけ。
20160303-未来 (5)-加工

読んで楽しい本。
勤め先で昼休み時間に、ペンギンくんたちと読書を楽しんでいるのでした。


本日ご紹介の書籍
『絵でみる 20 年後の日本』 林雄二郎著 ㈱金羊社 1966 年 出版

映画『この森で、天使はバスを降りた』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、昨年夏に14年をむかえました。


『この森で、天使はバスを降りた』
(アメリカ作品,1996年)
20160228-映画会 (5)-加工

少女パーシーが5年間の刑期を終え、メイン州の小さな町ギリアドでバスを降りました。
彼女は、ハナという女が経営するレストラン『スピットファイアー・グリル』で働くことになります。
町の人々はよそ者のパーシーについて噂話を囁きあいます。
しかし、少しずつパーシーの魅力に周囲の人々は惹かれていきます。
でも、彼女は誰にも言えない暗い過去があったのでした。


想像がつくと思いますが、「天使」はパーシーです。
その意味は、映画を最後まで観るとおのずとわかります。

ペンギンくんたちは、いつもお客様をお迎えに、テーブルの上に登場します。
(気づく方がいるかどうかは?)
20160228-映画会 (1)

あれ、何か見つけましたよ。
20160228-映画会 (2)

勝手に開けていいのかな?
バタースコッチキャンディが入っておりました。
20160228-映画会 (3)

お客様をお迎えするのに、キャンディの缶を開けている場合ではありませんよね。
すぐにふたを閉めました。
20160228-映画会 (4)

新しい器

軽井沢はペンギンくんたちにとっては適温だったと思いますが、バショウカジキには寒かった。


ところで、現地で器を手に入れました。



以前に購入したものよりも大きなサイズ。


これ、シリーズでほかにもいくつか大きさの異なるものがあります。


ぎりぎりの大きさで、盛り付けの悪い例となりますが、浅野屋のパルミエナッツを載せてみました。



メープルシロップとフォンダンがたっぷり。
とってもサクサクしていました。
20160302080654cd4.jpeg

メープルウォールナッツのハート型。
ペンギンくんたちに愛を!

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ