プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

ペンスタに行ってみた

ペンスタのペンギンがいろいろ衣替えしたと教えていただきましたので行ってみました。
20130427-ペンスタ (1)

着ぐるみ、お似合いですね。
ぎょろちゃんさんが、あなたを太巻きみたいだとおっしゃってました。
着ぐるみを着ると汗だくなのだって?
20130427-ペンスタ (2)

店長はエプロン姿でお店を切り盛りしていました。
こちらもよくお似合いです。
20130427-ペンスタ (6)

会議用バッグのポケットに入ってみました。
20130427-ペンスタ (4)

3周年記念グッズは、約1ヶ月、予定を延期してついに登場。
GW直前に発売されました。
さかざきちはる先生がデザインを再度練って作り直した、時間も気持ちもいつも以上にこめられた作品です。
「3」にちなんだデザインは、ペンギンが「3羽」。
20130427-ペンスタ(7)

ペンスタのますますの発展を、心よりお祈り申し上げます。
スポンサーサイト

INDEN・YA×JIZAING(東京駅のグランスタ)

小春日和さんから、グランスタにある INDEN・YA×JIZAING の店舗の、GW限定商品についての情報をいただきました。
ペンギンくんとともにさっそく観に行ってみました。
20130427-印傳 (3)-加工

グランスタの店舗は、今年の2月8日にオープンしたのですよね。

お店の方に協力いただきながら、何枚か画像を撮りましたのでご紹介。
20130427-印傳 (4)-加工

ペンギンシリーズは、いつもはモノトーンですが、ゴールデンウィーク限定で赤と紺の商品が出ています。画像
とても評判がよいとのことで、すでに一部アイテムは完売。
ペンギンファンだけではなく、印傳好きな方にも評判がよいのだそうです。
20130427-印傳 (7)-加工

赤の柄でお見せしましょう、ペンギンフェイス。
20130427-印傳 (8)

これがずっと欲しかった。
20130427-印傳 (5)

何年か前に、プレゼントでは買い求めたものの、バショウカジキ本人は買い逃したロングストラップタイプ。

シルバー色のペンギンフェイスがついているのがロングタイプの特徴。
ショートタイプにはついていないのですよ。
20130427-印傳 (1)
ようやく再販。さっそくひとつ買い求めました。

ストラップのひもなど、傷んだらお店から山梨に送って修理もしてくださるそうです。アフターサービスに手厚いお店は、お客様からいつまでも大事にされるでしょう。
20130427-印傳 (6)

みなさん、印傳製品はすごく丈夫なのをご存じですか?

使いこめば独特の風合いが出てくるものです。
手元でペンギン小物を長く長く楽しめることまちがいなしですよ。

20130427-印傳 (9)

スペインのおみやげ(後編)

(5月27日のつづき)
スペインのお土産をご紹介。

闘牛士の絵柄の木箱に入ったお菓子。
TURRON DE ALICANTE(トゥロン・デ・アリカンテ)は、アーモンドがそのままの形でぎっしり入ったお菓子。
"TURRON"ってどこかのトランジットの空港でも売っていますよね。以前、スペイン語圏(スペインではない)で買ったことがあって、とてもおいしかったので、お菓子の名前が記憶に残っていました。
"TURRON" の文字に小躍りしました。
20130407-トゥロン (1)

あれぇ、釘で打ちつけてある。
20130407-トゥロン (10)

くちばしで、エイヤー(とはいきません)。
20130407-トゥロン (9)

苦労して開けたら、まだ包装が。
20130407-トゥロン (8)

これだよ、これこれ! いい匂い。
20130407-トゥロン (7)

うん、スペイン家屋の外壁に見えなくもない。
20130407-トゥロン (3)-加工

おいしいおいしい。
食べ過ぎに注意。(お菓子のクズがペンギンくんの頭に・・・)
20130407-トゥロン (2)

さて、こちらはスペインの"DELAVIUDA"(デラビューダ)の "Bombones Artesano"
20130418-チョコレート (9)-加工

箱を開けると説明書き。
20130418-チョコレート (7)-加工

説明書きを外すと、ヒートシールのふた。
20130418-チョコレート (6)-加工

ふたを開けると中敷き。
なかなかチョコレートが出てこないねぇ。
20130418-チョコレート (5)

わぁ、きれいだねぇ。
20130418-チョコレート (4)

一粒一粒、全然違うテイストなんです。
20130418-チョコレート (1)-加工

おみやげ、どれもおいしかったです。
ありがとうございます。
少しずつ味わって、いただきます。

有楽町駅高架下

知らなかったなあ、高架下はビックカメラのアウトレットになっていました。細長い店舗。入口はあちらこちらにあり、見易いし。
高架下の有効活用ですね。


有楽町駅まで乗った山手線はペンギン電車。今日の運勢スーパー大吉です。


スペインのおみやげ(前編)

ツレのおとうさまより、スペイン旅行のおみやげをいただきました。
20130407-スペインみやげ (1)

おとうさまはご縁があって、スペイン語はリタイア後もずっと勉強されています。
今年はスペインへ出かけられました。

旅行先で、土曜日にお店でおみやげを念入りに選び、日曜日に買おうと思って、いざ店の前まで行ったら定休日だったそうで、結局帰国前に空港で買ってくださったと。時間と労力をかけて選んでくださっていたのにねぇ。
日曜日が休みとは。ひょっとしたら、多くの方が日曜日の朝には、教会に足を運ばれるのかな。

まずはベルギーのチョコレートを開けてみましょう。
LEONIDAS(レオニダス)のプラリネです。
20130413-プラリーネ (6)

どんなものかねぇ?
20130413-プラリーネ (5)

ヘーゼルナッツの風味豊かな粒チョコでした。
20130413-プラリーネ (2)-加工

似合いますか?
20130413-プラリーネ (7-8-9)
20130413-プラリーネ (10-11)

さて、お次は・・・
スペインの VALRHONA(ヴァローナ)の「グアナラ」です。
カカオ分 70% のブラックチョコレート。
20130413-チョコ (7)

苦みや酸味の強さ、フルーティさなどを表した説明図が。
20130413-チョコ (2)
グアナラのように、苦みの強いチョコレートが好みです。
ちょっとずつちょっとずつ、いただこうと思います。

似合いますか?
20130413-チョコ (6)

(明日へつづく)

飴細工:母の日が近いですね

こんにちは。
飴細工を見るときにはさいとうたろうと申します。
飴細工職人さんからさいとうたろうというクールな名前をいただいてから、飴細工屋さんではさいとうたろうと名乗らせていただいています。
20130418-飴細工 (20)-加工

仲間が大勢ディスプレイに並んでいました。
ボクは白黒ですが彼らはカラフルですな。
20130418-飴細工 (23)-加工

こんにちは!
とってもすてきな笑顔の、初めて拝見する飴職人さんが飴を作っておられました。
20130418-飴細工 (1)-加工
お花模様ですね。

母の日の準備なのだそうです。
こちらにかかっている商品はカーネーションだね。
真紅の赤、明るい赤、ピンク、黄、白・・・
どれを選ぼうか?
20130418-飴細工 (19)-加工

ボクに見つめられて職人さんはにやけ気味でした。
20130418-飴細工 (14)-加工

前から見るのは当然おもしろいのですが、横から見物しても楽しい眺めですよ。
20130418-飴細工 (16)-加工

手の動きがとても速い。
20130418-飴細工 (8)-加工

20130418-飴細工 (15)

カットしている飴の近くにあった、特大のくるくるキャンディ。
こんなに大きいの、見たことがない。
ボクが食べる飴の1年分かな。
20130418-飴細工 (11)

グミが欲しいぞ。
20130418-飴細工 (9)-加工

お買いものをしたら、グミの試食をさせてもらうことができました。
選んだピーチ味は、抜群においしかった。
くんにゃくんにゃのやわらかさ。
20130418-飴細工 (6)-加工
このグミをいただくとき、レジ係の店員さんから
「ペンギンのお名前、なんでしたっけ?」
と尋ねられました。
さいとうたろうです」
と答えたら、
「へ?」
と店員さんが不思議顔。
「あ、このペンギンは Suica のペンギンですが、飴細工職人さんからさいとうたろうとお名前をいただいたので、さいとうたろうと申します。」
と付け加えたら、店員さんが笑顔でワハハハハと笑い始めました。


そこで、その脇で飴を配っていた店員さんに尋ねました。
「このペンギンは、飴細工職人さんから名付けてもらって、さいとうたろうと言いますが、なぜかみなさん笑うんです。さいとうたろうさんはみなさんにとって、とても大事な方なのではありませんか?」
すると、重大な情報が。

「アハハハ、大事です。さいとうたろうというスタッフがいます。今はいませんけど。」
そう言って、近くの店員さんにもさいとうたろうの話をして笑っていました。

飴細工職人のさいとうたろうさん、どの方なのだろう?
20130418-飴細工 (20)-加工2
___________________________________________________________________________________________


さて・・・
このグミは、とてもやわらかなのです。
20130418-飴細工 (4)-加工

さいとうたろう
が見つめると、ペンギンの顔が見えるとか見えないとか。
20130418-飴細工 (2)-加工

映画『ポー川のひかり』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、12年たちました。

今月は、『ポー川のひかり』という、2006年のイタリア映画でした。
20130421-映画会-加工

イタリアのボローニャ大学。夏季休暇の人気のない学内で、大量の古文書が釘で打ち抜かれる事件が起きます。
容疑者は将来を嘱望される若き哲学教授。教授は学年末の授業を最後に、姿を消していました。
密かに旅立ち、あてもなく車を走らせていたのです。

途中で車を捨て、キー、ジャケット、財布をポー川へ捨て、わずかな所持品とともに川辺を歩く教授。

川岸の朽ちかけの小屋を見つけ、住処とした彼は、郵便配達の青年ダヴィデ、若い娘ゼリンダと知り合います。
近所で共同生活を営んでいた老人たちも、彼に関心を示します。いつしか老人たちは、教授をイエス・キリストと呼び始めます。なんとなく、風貌がキリストのイメージと似ていたのです。

ところがある日、ポー川を管理する役人が訪れ、立ち退きを迫られて・・・


新約聖書の引用がたびたび出てくるので、多少難しく思えるのですが、聖書を通して人生の豊かさとはなにかを問いかけ、映画を観るものに希望を与えようとした映画ではないでしょうか。

ペンギンナビを使ってみた

サンシャイン水族館のアプリをダウンロードして起動すると、ケープペンギンたちが「日本全国どこからでも」サンシャイン水族館へペンギンが案内してくれるというペンギンナビ。
20130330-ペンギンナビ (11)-加工
池袋駅構内を3月末に歩いていて、たまたまキャンペーンに出会いました。
iPhone、Androidで利用できます。

バショウカジキのブログでも、今年の4月1日に少し取り上げています。
http://sailfish01.blog.fc2.com/blog-entry-250.html

今回、これを使ってサンシャイン水族館へ行ってみました。

サンシャインシティには、こどもの頃から数えきれないほど足を運んでいます。
でも、頭上の案内板に頼ってしまうからか、お恥ずかしながらいまだに位置関係を把握できておらず、なんとなく水族館に到着というありさま。
初めての方には、正直言ってわかりづらい。
ペンギンナビは、初めてサンシャイン水族館に行ってみようと思われる方には、実用性と娯楽性の両面で楽しめると思います。

ところで、ガラパゴスケータイを使っているバショウカジキは、このアプリを使えません。
ツレに立ち上げてもらって池袋駅構内からスタート。
20130420-サンシャイン水族館 (14)
ペンギンが方向を示してくれます。

路上に出ても迷うことなし。
20130420-サンシャイン水族館 (13)

ここはサンシャインシティの入口。
20130420-サンシャイン水族館 (12)

さあ、サンシャインシティに入りましょう。
20130420-サンシャイン水族館 (10)-加工


サンシャインシティ内部ははペンギンだらけ。
20130420-サンシャイン水族館 (8)-加工

途中で特にわかりにくいと感じる場所には、足跡までが地面に本当についている。
ナビだけではなく、このような心遣いもありがたい。
20130420-サンシャイン水族館 (7)-加工

四つ角では、ペンギンがたっていて、矢印も出ます。
20130420-サンシャイン水族館 (5)-加工

おかげさまで入口までたどりつくことができました!
20130420-サンシャイン水族館 (4)

ペンギンがなめらかに動いて、ガッツポーズをしたり、指ならし(羽ならし?)のポーズをしたりします。
20130420-サンシャイン水族館 (3) -加工

遊びの要素がつまったペンギンナビ、体験するチャンスがありましたらお試しあれ。

JRの駅で

約1週間前のできごと。
中央線沿線で電車を待っていたら、頭上に不思議な金網を発見しました。
鳩さんが歩いていました。
なんだろう?
20130414-豊田駅 (6)-加工

駅員さんに聞いたら、鳩よけとのこと。

鳩よけの意味がいまひとつわからなかったのですが、勤務中の駅員さんにいろいろと尋ねて煩わしい思いをさせたくなかったので、お礼を言って足早に立ち去りました。

金網を置かなかったらあの高い場所に鳩が直接とまるので、それを回避するために金網を設置しているのか?
金網の上なら鳩がとまってもよしとして設置しているのか?
金網を置くことで鳩がとまらなくなる効果を期待しているのか?

世の中には、鳥害を防ぐために奔走する会社がいろいろあり、インターネットで金網の正体を調べようと思いましたが、よくわからず。

誰か、知っていたら教えてください、あの金網の効果はどこにあるのか。



さて、話題は変わり、池袋駅。
久々に suica ペンギンのこのポスターを見ました。
20130414-池袋駅 (1)

スーツケースから、出張の着替えシャツや靴下、いつ使ったのか荷物から出てきたマスクやスノーケル、採った魚や魚肉ソーセージをほじくり返して、ようやくスーツケース底にあったお財布を見つけたところ。

おつかれさまです、Suica ペンギンさん。
楽しいポスターは何度見ても飽きませんね。

少し歩くと、高速モバイルキャンペーンのブースを見つけました。ツレが機種変更の手続きをする間に、置いてあったモバイルでバショウカジキのブログを閲覧してみました。
20130414-池袋駅 (4)-加工

さいとうたろうとして登場したペンギンくんの姿が写っていました。

客観的に見て、自分の姿はどう映っていますかね?

Suica ペンギン 中央線車両ふたたび

仕事がオフの日の朝、自宅の最寄駅から中央線で出かけようと電車を待っていたら、ホームに入ってきた車両はペンギン車両でした。
ああ、うれしい。大吉です。

座った座席の正面は、ペンギンがいっぱい。
「九州でも Suica」。
20130420-ペンギン中央線 (20)

新宿で乗り換える予定でしたが、東京駅まで行って、扉の絵柄を写すことにしました。
扉の絵柄は全16種類。
20130420-ペンギン中央線-九州
20130420-ペンギン中央線-岡山広島京都大阪神戸名古屋
20130420-ペンギン中央線-首都圏新潟仙台
20130420-ペンギン中央線-北海道九州岡山広島
20130420-ペンギン中央線-京都大阪神戸名古屋首都圏
20130420-ペンギン中央線-新潟仙台北海道

撮り終えたところで折り返しで発車して、あっという間に行ってしまいました。
20130420-ペンギン中央線 (2)
後姿は通常の中央線でした。



五月人形

ホテルメトロポリタン池袋に飾られている五月人形。
照明が当たってまぶしく輝いていました。
20130414-端午の節句 (1)
歴史がある吉徳大光さんの、たいそう立派なお飾りです。
♪「顔がいのち」のよ~し~と~く~♪
というコマーシャル、こどものころ口ずさんでいました。

あれ、顔が???
20130414-端午の節句 (4)-加工

立派な鯉に、どうしても惹きつけられるんだよね。
20130414-端午の節句 (3)

あっ、あっ、あっ
それ以上近づいてはいけませんよ。
20130414-端午の節句 (2)

メトロポリタン池袋の1階、クロスダイン脇に飾られているので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

あらためて:ペンギンの『会議用バッグ』

(日中、携帯電話から画像を受け取ってもらえなかったので、自宅で再度この話題についてブログに書きます。)

あなたはきっと買いたくなーるー
20130420-ペンスタ (3)

この週末に新発売となった「会議用バッグ」です。
緑、青、赤のうち、赤はペンスタ限定。

ペンギンは、なべつかみの小さい方と寸法共通。厚みはなべつかみよりは薄いです。
ペンギンの下側はバッグの中に縫い込まれ、上側(頭側)は後ろにマジックテープが使われて、バッグにとまっています。

飛ぶように売れるので、店員さんが補充していました。
20130420-ペンスタ (1)-加工

ペンギンの『会議用バッグ』

あなたはきっと買いたくなーるー

…今日の日中は、大元の調子悪いらしくてなかなか画像がアップされません

くるくるラスク

「くるくるラスク」なるものをいただきました。

パティスリープルームというお店のラスク。

浦安にあるお店。友だちは恵比寿で買い求めたそうです。
20130414-石井さんおみやげ (1)

早く開けませんか?(ペンギンくんの声)
20130414-石井さんおみやげ (7)-加工

ロールケーキみたい。
20130414-石井さんおみやげ (5)

さっくさくです。
20130414-石井さんおみやげ (2)

カステラのような風味、新鮮でした。バニラもほんのり。
20130414-石井さんおみやげ (4)

ごちそうさまでした♪

まもなくペンスタ3周年の記念グッズが

ペンスタのペンギンは、一足早く旅行にピクニックにお出かけです。



気候が良いので、スカーフを頭にかけたり首に巻いたりして、散歩に出るペンギンもいます。






少し遅れていたペンスタ3周年の記念グッズが、ゴールデンウィーク前には発売になるかも、という話でした。

さかざきちはる先生が、納得のいくデザインを再検討されたとのこと。

感激しますね。さかざきちはる先生、ありがとうございます。

カードケースやマグネット、期待しましょう。
『3』にちなんだデザイン、わくわくします。

次の週末には、新しいかばんがお店に登場するそうですよ。

Suica ペンギン 山手線

いま、出張で利用した山手線は、ペンギン電車でした。






先日、中央線に乗って撮ったもの以外の絵柄を、追加で二枚だけ、撮ることができました。

中央線について書いた記事はこちらをご覧ください。↓

http://sailfish01.blog.fc2.com/?m&no=258

最初にこのタイプの電車に出会って以降、急いでいるときには出会うことがあるのですが、じっくり眺めるのは難しいですね。

時間が許せば携帯カメラでぱしゃぱしゃと納めたいものです。

山形尾花沢スイカサイダー

今日、ボクは山形尾花沢スイカサイダージュースをもらいました。
20130406-スイカジュース (1)-加工
ご当地サイダーですね。

スイカ色!
20130406-スイカジュース (3)-加工

昨夏のスイカサイダーも含め、最近はリアルなスイカフレーバーを作るのが上手だな。

最近、急に気温が上がってきました。スキッとする飲み物がおいしい季節です。

ごちそうさまでした。

亀有

亀有にやってきました。
隣町でおひるごはんを食べる約束をしていたので、時間調整です。
20130406-亀有 (3)

よぉ~! という声が聞こえてきそう。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の主人公である、両津勘吉像が駅の北口で今日も元気にあいさつしています。
20130406-亀有 (8)

20130406-亀有 (6)

亀有の住民に愛されており、リョウツ~ と声をかけていく通行人もいます。
20130406-亀有 (7)

迫力のある顔。
20130406-亀有 (5)

体の厚みに貫禄があります。
20130406-亀有 (4)
ペンギンくんのお腹に負けていないです。


駅の南口にもいるんですよ。
祭り姿像。
20130406-亀有 (15)

20130406-亀有 (13)

両さんは、「誰よりもお祭り好き」なんですね。
20130406-亀有 (12)

イキイキしています。
20130406-亀有 (14)

画像を携帯電話のカメラでパシャパシャ撮る間に、多くの方が同様にカメラを向けていました。

人気者の両津勘吉さんは、今日も亀有からみなさんを元気にしてくれるのでした。

京成パンダさん・チーバくん

京成パンダさんです。
失礼ながらたいそう不気味だと感じています。

ペンギンくんが心なしか、ちょいとひるんでいるように見えるぞ。

俗に言う、キモカワイイ系なのだろうか?

20130330-形成パンダ-2-加工

しかし、このパンダさんが、着ぐるみとしてどのように振る舞うのか興味はあります。

チーバくん  京成パンダくん! みんなが「最近来ないね」って言ってるよ

京成パンダさん  久しぶりにお友達に会いに行っちゃおうかな~
20130330-形成パンダ-1
チーバくんにお誘いを受け、ちょっとみなさんの前に出没しようか、という気持ちになったらしい。
このような会話が繰り広げられるということは、しばらくご無沙汰だったということでしょうか?

京成パンダさん、チーバくんに会えるイベントはこちら↓

「~BMKお客様感謝~ ほくそう春まつり」
日時:4 月 21 日(日) 10 時~ 15時  雨天決行・荒天中止
場所:千葉ニュータウン中央駅周辺
交通:北総線千葉ニュータウン中央駅下車


あいにくバショウカジキは、映画会を開く日とぶつかり、行けないのです。うー、残念。

いつか京成パンダさんを見てみたいと思う今日この頃。

続・ペンギンケーキをホテルメトロポリタンでいただきます

1 週間前に、ホテルメトロポリタン池袋の中 2 階にある「すずかけ」で、Suica ペンギンのタルトサイズ・シーズンケーキをいただきました。

ご興味ある方、2013 年 4 月 8 日のブログもあわせてご覧ください。
 ↓
http://sailfish01.blog.fc2.com/blog-entry-257.html

今回は、1 階のオールデイダイニング クロスダインでケーキをいただきました。
朝食、昼食、夕食の時間に和洋中のビュッフェが楽しめる、活気があるレストラン。
初めての来店で、きょろきょろしてしまいました。
20130414-ペンギンケーキ(クロスダイン) (9)

おめあてはこれ!
20130414-ペンギンケーキ(クロスダイン) (8)-加工

4月から始まったこのサービス。
遠くからいらして、ペンギンケーキを食べたい、でも持ち帰るのはちょっとたいへん…と躊躇していた方には、ありがたいサービス。

あぁ、やっぱりかわいい。
20130414-ペンギンケーキ(クロスダイン) (6)-加工

ダージリンとのセットでいただきました。
つやっつやのケーキ。
20130414-ペンギンケーキ(クロスダイン) (5)-加工

あ、マカロニペンギンみたい!
20130414-ペンギンケーキ(クロスダイン) (2)-加工

ティータイム 15:00 ~ 17:00 の限定とのこと。
来店時には時間を調整してください。
20130414-ペンギンケーキ(クロスダイン) (7)-加工


ケーキはこちらで↓

★ オールデイダイニング クロスダイン 1 階
1 日限定 10 個
単品 800 円
コーヒー・紅茶とのセット 1400 円
別途サービス料・消費税等がかかります。
15:00 ~ 17:00 ティータイム限定

★ メザニンラウンジ すずかけ 中 2 階
1 日限定 10 個
単品 900 円
コーヒー・紅茶とのセット 1500 円
別途サービス料・消費税等がかかります。
(営業時間中、売り切れにならない限りはいただけそうですよ。
 10:00 ~ 20:00,ラストオーダー 19:45)

飴細工職人さんを見て

こんにちは。
ボクは、ふだんはペンギンくんですが、飴細工をみるときにはさいとうたろうと申します。
20130330-飴細工 (4)カット-加工

画像に写っておられる飴職人さんの「へのへのもへ」さんから命名いただきました。
20130330-飴細工 (12)-加工

さいとうたろうくん、こんにちは!
グラニュー糖の大袋から原料を出すところで振り向いた「へのへのもへ」さんは「へへへへもへ」さんになっていました。
20130330-飴細工 (10)-加工

若い職人さんが、バショウカジキに声をかけてこられましたよ。
この方とお話したのは初めてです。
20130330-飴細工 (13)-加工

[職人さん]ペンギンくんには名前があるんですか?

[バショウ]さいとうたろうと申します。

(若手飴職人さんたちが顔を見合わせる)
[職人さん]偶然ですね、同じ名前のひとを知っています。とても大事なひとなんですよ。

[バショウ]へえ、実はこちらで名前をいただいたんですよ。

[職人さん]アハハハ、そうですか! アハハハハハ。


たしか、さいとうたろうと命名されたときにも、飴職人さんが、さいとうたろうという大事なひとがいると話しておられました。

さいとうたろう氏、飴職人さんがたにとって、とても大事なひとなのですね。
謎めいています。
20130330-飴細工 (4)-加工

4月のクウネルくん

ペンギン界の美の価値観。
むっちりつやつやぴちぴちであること。
まさにペンギンビューティー。
20130410-4月のクウネルくん (4)-加工
『ペンギンジャンプ』 さかざきちはる先生著 ㈱文溪堂 より

ある日、くびれのある体を得た夢を見た。
ペンギンには、くびれは必要ない。
20130410-4月のクウネルくん (2)-加工
『ペンギンさん、うさこ、パンダちゃんの女子ゴコロ』 坂崎千春先生著 ㈱オレンジぺージ より

ぽっこりおなか解消4週間プログラム? 必要ないな。
20130410-4月のクウネルくん (1)-加工

『平日の昼間からごろごろ~、ごろごろ。あ~あ、誰か南極から毎日魚を送ってくれないかなぁ。』
ずん板尾和樹さんの芸風を真似っこ。4月の穏やかな1日が過ぎていきます。

フルーツ味の飴細工

こにゃにゃちは~。
さいとうたろうです。
飴細工職人さんが、ボクに名前をつけてくださったので、飴細工を見るときにはさいとうたろうと申します。

とっても混雑しているでしょう。いつも見物人がたくさんいます。
みな、飴づくりに惹きつけられてしまうんですね。
20130330-飴細工 (3)

たまに、見物が困難になります。おとなしく、見物人が去るのを待ちましょう。
20130330-飴細工 (6)-加工


最近、飴細工はどこで見物しているんですか? とちょいちょい聞かれますので、お店をご紹介します。

"PAPABUBBLE" パパブブレ というお店。

東京大丸店の地下1階で見物しています。

ほかに、中野、渋谷、横浜に店舗があります。



今回は、フルーツ味のキャンディを作っているとのこと。
20130330-飴細工 (39)-加工

3人で分業。パーツを作っています。
20130330-飴細工 (37)-加工

20130330-飴細工 (35)-加工

あ、何ができるかわかったかも!!
20130330-飴細工 (32)-加工

オレンジだー。
20130330-飴細工 (30)-加工

オレンジといえば → みかん
冬場にヒヨドリが、庭のみかんをたくさんつついていたのを思い出します。
20130406-鳥

20130330-飴細工 (24)-加工

20130330-飴細工 (20)-加工

全部みかんだよ。
20130330-飴細工 (19)-加工

みかんキャンディもらった!
20130330-飴細工 (22)-加工

次の飴作りのために、作業台をきれいにする必要があり、袋に回収です。
20130330-飴細工 (9)-加工

ところで、短くなった棒状のキャンディは、修行中の職人さんの飴のカットの練習用に使われるんだって。
20130330-飴細工 (17)-加工
飴細工見物、おもしろいです。

地球の海フォトコンテスト2013

最近の池袋は、改札を出たとたんに、「ペンギン」の文字がたくさん目に飛び込んできます。
池袋サンシャイン・シティに続く道もごらんのとおり。
20130406-ペンギンナビ (1)
「ペンギンナビ」については、今年の4月1日にもブログで触れています。
ご参考に。
  ↓
http://sailfish01.blog.fc2.com/blog-entry-250.html


あら~、ペンギンの足跡ですよ。ペンギンたちが案内してくれていますね。
20130406-ペンギンナビ (4)

「サンシャイン水族館、こっち。」
20130406-ペンギンナビ (2)

水中造形センターが主催する水中写真の公募展が、4月5日~7日に池袋サンシャインシティ・コンベンションセンターにて開催されました。

会場入口にて。
20130406-水中写真展 (5)-加工
例年通り、故 舘石昭 氏の写真がみなさんをお出迎え。
水中写真の楽しさを広めてくださった方。
昨年惜しくも亡くなりました。

20130406-水中写真展 (4)-加工
故 舘石昭 氏のギンガメ玉の写真。
ペンギンくんのシルエットが見えます。

印象に強く残った写真がありました。
地球環境部門。
第3位は男性がメキシコで撮影された「芭蕉梶木(バショウカジキ)」の写真。
海で出会うこと、大きな体とその体色を写真にはっきり表現することはどれだけ大変なことかを考えますと、第1位と優劣つけがたいと思う力作でした。

このブログを書いている「バショウカジキ」は3部門に入選。
20130406-水中写真展 (10)

20130406-水中写真展 (8)

20130406-水中写真展 (7)

入賞作品の詳細は省略。
水中写真歴16年。若かりし頃はワイド、今はマクロの世界を追っています。
フィルムで撮る人間は皆無です。まだフィルムで撮っている古株です。

そうだ、これはちょっとおもしろい姿なのでご紹介しましょう。
ニシキフウライウオという、体長5センチ程度の生物の顔部分。下を向いています。
インドネシアで撮りました。
顔に同じ色の細長いウミウシがくっついていました。
(フウライウオの向かって右側)
20120813-02-12-加工

健康であることに日々感謝しています。
働くことができる、遊ぶことができるのは、元気な証拠です。

エディーズ・ブレッドミニ池袋

先日の土曜日、池袋に用事があり、池袋駅の「エディーズ・ブレッドミニ池袋」に立ち寄りました。

あるねあるね、ペンギンパン。
20130406-エディーズ (4)-加工

曜日ごとに特色をもたせています。
立ち寄った土曜日は、池袋店では「らいおんパンの日」です。
ほかの店舗は、違う曜日が「らいおんパンの日」に設定されています。
3月から5月の販売。
20130406-エディーズ (2)-加工
向かって左がメス(ストロベリークリーム味)、右がオス(カスタードクリーム味)。
「男の子と女の子 30匹ずつ限定販売」とありました。

たてがみが立派なオスライオンを1匹購入。
20130406-エディーズ (6)-加工
※ 1日持ち歩いたので、しぼんでしまいました。売り物はハリがあり、かっこいいです。

たてがみ部分はココアか黒糖による濃色の生地。顔の部分は白色の生地。
カスタードクリームがお好きな方におすすめ。
20130406-エディーズ (8)-加工

パン屋さんは街に無数にありますね。
原料、製法、味、種類、・・・ それぞれ特長を持って経営しておられます。
エディーズ・ブレッドというお店は、アイデアパンを次から次へと生み出して、毎日寄りたくなる楽しさをしかけているパン屋さんのようです。
若い感性を感じました。

Suica ペンギン 中央線

ようやく出会えました。
Suica ペンギン 一色の中央線。

ホテルメトロポリタン池袋からの帰りに出会ったんです。

バショウカジキが乗った扉は、ちょんまげペンギンの岡山の桃太郎でした。
20130407-ペンギン中央線 (1)

車内が楽しい!
20130407-ペンギン中央線 (12)-加工

最寄駅で降りてから、時間調整でしばらく停車していましたので、何枚かおさえました。
高尾駅まで乗っていくと、全部写せたかも。
披露します。
20130407-ペンギン中央線 (4)
20130407-ペンギン中央線 (5)
20130407-ペンギン中央線 (2)
20130407-ペンギン中央線 (3)
20130407-ペンギン中央線 (6)
20130407-ペンギン中央線 (7)
20130407-ペンギン中央線 (9)
20130407-ペンギン中央線 (10)
20130407-ペンギン中央線 (8)
20130407-ペンギン中央線 (11)

どれもかわいらしい。
楽しい電車よ、もう1度めぐってこい!

ペンギンケーキをホテルメトロポリタンでいただきます

同士よ、元気にやっとるかい?
20130407-ベイクショップ (2)-加工
ここは、ホテルメトロポリタン池袋。
ペンギンケーキが買える、ペストリー&ベーカリーブティック。

いけふくろうなどのディスプレイが立派です。
20130407-ベイクショップ (1)

20130407-ベイクショップ (5)-加工


さて、今日は中 2 階のすずかけへ。落ち着いたラウンジです。

席からは、フロント一帯が見渡せます。
20130407-すずかけ (2)

今回は、ホテルメトロポリタン『で』、ペンギンケーキをいただくことにしました。
20130407-すずかけ (1)-加工

4月から始まったこのサービス。
遠くからいらして、ペンギンケーキを食べたい、でも持ち帰るのはちょっとたいへん…と躊躇していた方には、ありがたいと思います。

ああ、かわいい。
足跡形状のクッキー付き。
20130407-すずかけ (4)-加工

まだみなさんに知られていないので毎日完売にはならず、『お客様がおひとりで10個食べても大丈夫でございます』と冗談めいた会話も。
20130407-すずかけ (3)

ケーキはこちらで↓

★ オールデイダイニング クロスダイン 1 階
1 日限定 10 個
単品 800 円
コーヒー・紅茶とのセット 1400 円
別途サービス料・消費税等がかかります。


★ メザニンラウンジ すずかけ 中 2 階
1 日限定 10 個
単品 900 円
コーヒー・紅茶とのセット 1500 円
別途サービス料・消費税等がかかります。


日曜の夜、心躍る楽しい時間を過ごしました。


2013 年 4 月 14 日 追記


クロスダインでは、ペンギンケーキを時間限定での提供です。

★ オールデイダイニング クロスダイン 1 階
1 日限定 10 個

15:00 ~ 17:00 のティータイム限定
単品 800 円
コーヒー・紅茶とのセット 1400 円
別途サービス料・消費税等がかかります。

丸ビルにて

丸ビルには、新鮮野菜を生かした料理を食べられるお店があります。

chef's V(シェフズ ブイ)というお店。

モスダイニンググループだそうです。
20130323-shef’s V (2)

土曜の夕方に来店しました。
ハッピーアワーの特典として、お得な値段でディナーがいただけました。

知らずに出かけてそういうサービスの恩恵を受けると、うれしいですね。

野菜たくさんのディナーを堪能。
味付けがとてもお上手で、また行きたいと思うお店でした。

お店の雰囲気から、ペンギンくんに登場いただくのはどうかな...と 思いましたので、デザートタイムにちょっぴり登場。
20130323-shef’s V (7)-加工
向かって左、手前がサツマイモのモンブランケーキ。
右がぶどうのチーズムースケーキ。

持っているのはぱりぱりに乾燥させたサツマイモだけど、なんだか格好いいでしょ。
20130323-shef’s V (6)
また訪問したいお店でした。

広島・瀬戸内の新鮮な魚介をどうぞ 『遠音近音』

銀座にあるブランドショップ tau にやってきました。

道沿いには広島のあれこれを宣伝するモニターがあります。
20130327-広島tau (2)

今はおなじみのCMも。
『全力歓迎課』発足。
県庁のみなさん、おどりと歌をずいぶんと練習されたのでは?
20130327-広島tau (4)-加工

習字の文字が達筆。『おしい 広島県』のプレス発表のCM。
何度見ても笑っちゃう。
20130327-広島tau (5)

観光大使は健在です。
20130327-広島tau (1)

tau の地下にある、落ち着いた和食の店。
「遠音近音」(おちこち)

ランチを食べに行ってきました。
20130327-遠音近音 (2)

鮮魚のランチ、お魚はサゴシでした。
さっぱりおいしい。もう少し大きくなれば、サワラに昇格するおいしい魚です。
20130327-遠音近音 (6)
お隣のテーブルのご婦人は、お味噌汁をおかわりしていましたよ。

広島といえば、アナゴ。
20130327-遠音近音 (4)

白焼きとたれと、2色入っているんです。
歓声をあげちゃいます。
手前の白焼きは、わさび醤油でいただきました。
どちらの味付けもおいしい。
アナゴ大好き。
20130327-遠音近音 (5)

鞆の浦のタイ網漁が有名ですが、タイ茶漬けのメニュー、ランチ分は完売。

今日のお料理に使われている魚介のおかしらなどが、ケースの中に飾られていました。
海の中で見るのとはまた違った色あい。

奥がコチ。
コチの左がタイ。
タイの手前にニシガイ。
広島のレモン。
手前にアナゴ。
20130327-遠音近音 (1)

「アナゴさん、こんにちは。マスオさんの同僚のアナゴさんと、口元が似ていますね。」
20130327-遠音近音 (7)

ごちそうさまでした!
20130327-遠音近音 (3)

さて・・・
わしたショップへ立ち寄ったら、シーサーがソーキそばを食べていましたよ。

20130327-わした-加工

目玉焼きの飴細工を開けてみた

こんにちは、ボクはさいとうたろうです。
飴細工職人さんが、ボクに名前をつけてくださいました。だから、飴細工を見るときにはさいとうたろうと申します。

4月2日のブログからのつづきです。

買ってもらった目玉焼きの飴細工。

ボクは、何をかけるのか?
大阪のソースか、Ωソースか、しょうゆか、はたまたケチャップか。
20130316-飴細工 1

じゃーん。
20130316-目玉焼き (1)
目玉焼きそっくり・・・ って、これはリアル目玉焼き。

こっちは飴細工の目玉焼き。
20130316-目玉焼き (3)

白身はパキッと割れます。
20130316-目玉焼き (4)

白身をパキッと割って断面を観察しますと、細かな気泡が確認できます(携帯電話のカメラ機能ではなかなか表現ができませんが)。
20130316-目玉焼き (11)

空気を抱き込んで真白く艶を出していく作業を行った際に、気泡ができるのかな。
20130316-飴細工 28-加工

黄身部分はどうしても割れません。
白身と黄身とで厚みが増していますから、割りにくい。
ひょっとしたら黄身の方は、力を入れてこねて仕上げているだけで、気泡を含まずひたすら堅いのかも。
20130316-目玉焼き (5)

気になるお味は、甘酸っぱい味。

パパブブレのキャンディは、単に甘いだけではありません。
おいしくなる白い粉を加えるなど秘密の工程があり、結果的に飴の甘味をやわらかく仕上げています。

粉に酸味があるのかどうかは不明ですが、とってもおいしいんですよ。

したがいまして、さいとうたろうは大阪のソースも、Ωソースも、しょうゆも、ケチャップも何もかけずに、目玉焼きキャンディをペロペロなめることにしました!

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ