プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

成田空港その1

つれが仕事から戻ってくる日に、空港に迎えに行きました。サロン・ドュ・ショコラで都心に出たついでに、成田空港まで足をのばした、というわけです。

空港はおもしろいですね。

展望エリア近くにある、不二家入口に立つフルーツ人間、ペンギンくんにとっては、ちょっとコワイ。




こんなときにはことわざどおりに行動しようかな。

「窮鳥懐に入れば猟師も殺さず」

ペンギンくんはひとまずペコちゃんの懐におさまって、様子見するのでした。

スポンサーサイト

ペンスタの節分

ペンスタ店長、今年も鬼役なんですね。
赤いバットと赤い羽根がアクセント。
20130126-鬼1

お面は店長の顔にはちょっと小さいかもね。
20130126-鬼2

小鬼たちもがんばります。
手に持っている恵方巻きは黙って食べきってください。



バレンタインも近いですね。
女子だってチョコレートはほしいのだ。
20130126-鬼5

ホワイトデーにはペンギンドロップをどうぞ。
頭上にしろうさぎちゃんがいます。
20130126-鬼4

ひといき


講演会、懇親会がおわり、お気に入りの喫茶店にきました。

バレンタインのスイーツだって。

懇親会では、名刺入れも話題になりました。

お、ペンギンですね~!

男性ばかりの場所でしたが、実にペンギンの反応が多かった。意外でしたね。

駅のNEWDAYS




バショウカジキさんとやってきた街のNEWDAYSは、ペンギンが飾られているよ。

下から見ると、ちょっと怖くてぶさいくだね。


今度から、ペンギンを撮るときは気を付けよう。


お昼はまるごと一本やわらかに煮込まれたにんじんが盛られた鰤の煮付け。おいしいんだよ~。

技術講演

20130129-バカショウジキ2
バショウカジキは、今日の午後、都内で技術講演です。
1時間の講演のあと、休憩10分。この10分の間に聴講者は質問カードに質問を記入。司会者が集めたカードを、次の15分で読み上げつつ演者が回答、という流れみたい。

たぶん。

独自のスタイルでおもしろい。


気合いだガッツだうりゃ~。
威勢の良い言葉を並べて気分を盛り上げ、そのテンションで本番に突入して一気に走り抜けましょう!

…その前に、いったん出勤するのを忘れないように。

20130129-バカショウジキ1

サロン・デュ・ショコラ 2013 年 その3(完)

伊勢丹新宿店で開催中のサロン・デュ・ショコラ。

これがラスト。

「ル・ポミエ」という、フレデリック・マドレーヌ氏のお店の本店が世田谷にあります。

このお店が作る干支エクレア。毎年楽しみにしています。
お店に買いに行けば、前の年のおおみそかから販売しているので、どんな作品なのかわかるんですが、あえてサロン・デュ・ショコラまで答えは見な~い。

さて、これが巳年のエクレアです。
エクレール セルポン。
にょろにょろな黄緑のボディに黄色のドット。
ショーケースの中からこんにちは。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-巳年1

ちなみに、巳年エクレアの隣には、牛さんも。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-巳年2

今日は、3本お買い上げ。
表参道にある、とあるお店のオーナーさんを訪問。
エクレアを持参するお約束をしておりました。
慣れるまではちょっとヘビが怖いから、ペンギンくんは後ろからそっと観察。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-巳年4-加工

赤は、ベロだよね?
20130126-SALON DU CHOCOLAT-巳年8-加工

オーナーさんが、日本のやぶきた紅茶をご準備くださいました。
これがとても美味しい紅茶だったんですよ。
ありがとうございます。
いっしょにいただきます♪
20130126-SALON DU CHOCOLAT-巳年5-加工

胴体真っ二つ、ごめんなさい。
カスタードクリームは、パッションフルーツの酸味がほんのりきいて、さわやか。
拍手!!!
20130126-SALON DU CHOCOLAT-巳年10
オーナーさんがとにかく感動して、
「最近、美味しいって思えるものに出会ってなかったけど、このエクレアは心から美味しいって思うわ。」
とおっしゃいました。そうそう、そうです、そうなんです。

チョコレートの祭典、来年も楽しみにしています。

サロン・デュ・ショコラ 2013 年 その2

伊勢丹新宿店で開催中のサロン・デュ・ショコラ。

昨日に続いて、ご紹介。

ヨーロッパ伝統のモチーフや小鳥などを美しいパッケージデザインに仕上げるベルギーの「ドゥバイヨル」。
今年はどんなデザインがあるかな、と気になるお店です。
もっちろん、味もピカイチです。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-19

よく見ると、鳥のカップルがハイヒールにブーツですよ。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-20

『ろう』の見本と本物が入り混じってました。
ペンギンくん、手にとってもいいのは真ん中の箱の『ろう』チョコだけですよ。
両脇の箱の中は本物です。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-17

ピエール・エルメのディスプレイの、チョコレートの加工品?(間違っていたらごめんなさい、すでに売り切れでした)
近くで観ていたカップルが、ヘアワックスみたいじゃん、とつぶやいていました。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-13
うん、そう見えなくも、ない。でもとても美味しいに違いない。

チョコレートの食べ過ぎで歯に不安を感じたら、歯医者さんの戸を叩きましょう、なーんてね。
催事場の真ん中付近にある、歯医者さんです。
お、今年もあった~。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-21-加工

さて、干支エクレアを買いに行きましょう。

(つづく)

サロン・デュ・ショコラ 2013 年 その1

伊勢丹新宿店で開催中のサロン・デュ・ショコラに行ってきました。

20130126-SALON DU CHOCOLAT-1

10時過ぎの到着で、すでに身動き取れなくなるほどの混雑ぶり。午後はもっとお客様が増えるんですよ。

お目当ての「干支エクレア」には最後に行くとして、まずは全体をぐるっと観察。

チョコレートでできた、立派な作品が展示されているのを観るのも楽しみ。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-12

20130126-SALON DU CHOCOLAT-14

世界トップクラスのショコラティエやパティシエがブースにおられ、接客してくださるし、サインに応じていただけることも。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-15
ステファン・トレアン氏の作品(すべてチョコレートでできていました)

ベルギーの「ノイハウス」のブースは、オリヴィエ・デモル氏が来日し、プラリーヌを実演しておられました。
こんにちは!
20130126-SALON DU CHOCOLAT-3

買い求めたチョコレートのパッケージにサインをいただきました。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-10

お、なんだろう?



1個、もらっちゃった。う~ん、とろけるおいしさ。ありがとうございます。
20130126-SALON DU CHOCOLAT-8

「干支エクレア」にたどりつけませんでした。
後日つづきを。

タイのおみやげ(タマリンドジャム)

タイのバナナチップスに引き続き、今度はジャム。
親友がタイの友人からいただき、日本に帰るときに空港でハンドキャリー分はジェルとみなされ没収されてしまい、唯一この1瓶だけ、スーツケースに入れていたためたまたま持ち帰れたという貴重なしろものです。
20130120-jam1
ピッカピカな青紫色カバーがついていました。アルミ蒸着のテカリが美しい。

20130120-jam2
うん、濃い褐色はタマリンドっぽい。お味は甘酸っぱいですね。

20130120-jam3
ミーとアデリーペンギンのカップでいただく紅茶に、ポテポテとジャムを落としているところ。
レモンティのような素敵な飲み物になりました。

おみやげをいただいた友人、日本に運んでくれた親友。
どうもありがとう。

タイのおみやげ(タマリンドをはさんだバナナチップス)

タイの友人からいただいたお菓子。
20130120-banana4
日本語で、『タマリンドをはさんだバナナチップス』と書いてありました。
タマリンドはバショウカジキが年末の旅で、甘酸っぱい加工品を買って帰ってきました。あの豆科の植物の加工品ね。

タイの友人が、市場に出かけてタマリンド画像を送ってくれました。うーん、たしかにこれは豆だ。
20130120-banana5-加工5

日本食スーパーマーケットでの購入ではなく、バンコクにお住いの日本人夫婦が厳選した食品を販売している店で購入したそうです。
20130120-banana1

はーい、1カメさん、いきまーす。
一見、単なるバナナチップスでしょ?
20130120-banana2


はい、真上から3カメさん、どうぞ!
20130120-banana3
タマリンドがたっぷりはさんであるのです。
酸っぱいタマリンドってね、バナナチップスとよーく合うんですよ。

台湾のおみやげ(聖祖貢糖)

親友がタイに家族旅行に行き、台湾経由で帰ってきたので、台湾みやげをいただきました。

獅子のような虎のような絵がパッケージに描かれていました。
うーん、なんじゃらほい。
20130119-台湾3
金門島の昔果山集落にある風獅爺(風を鎮める金門島の守護神)だということがわかりました。
神様でおられましたか。失礼いたしました。

名産のピーナツを主原料にした聖祖貢糖という甘いお菓子。
20130119-台湾1

あじゃじゃー、崩れちゃったよ。
20130119-台湾2
ピーナッツの風味がとても好ましく、軽いお菓子でした。

干支エクレア

世界最大級のチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラ。
パリのイベントです。日本にも毎年やってきます。
ごぞんじの方も多いことでしょう。
世界各国から話題のショコラトリー、ショコラティエが来日。
23日から伊勢丹新宿店で、そのあと各地に移って開催。

今年HPなどで見られるポスターはこちら↓
Penguin と ポスター
↑ちょっとだけ、さかざきちはる先生のポストカードの絵に似せてみた。↓
Penguin と 画

ところで、バショウカジキは、必ず干支エクレアを買います。ル・ポミエというお店のもの。
ケータイに保存してあった画像をご紹介。

2010年 寅年
寅

2011年 卯年
卯

2012年 辰年
辰

昨年のドラゴンは、宇治抹茶のクリームがとてもおいしかったんですよ。

今年は巳年。どうしても緑色のイメージがあるのですが、ドラゴンとは印象を変えてきますよね。
早くお目にかかりたいものです。

都内にあるお店を訪ねれば、答えはわかる、とは言いっこなしで。
祭典で見て、確認したいから。

タイみやげ・台湾みやげ

タイに暮らす友人から、ペンギンカレンダーのお礼にとお菓子とジャムをいただきました。
また、台湾のお菓子も。
でもね、国際郵便や国際宅配で届いたわけではありません。
20130119-タイと台湾みやげ1-加工5

バショウカジキの学生時代の親友が、タイに家族旅行に行きました。
宿泊した先で、タイの友人が親友とバショウカジキのために、お菓子とジャムをあらかじめ届けていたそうで。
サプライズプレゼントですね。

親友は、台湾経由だったようで、台湾のおみやげも加わり、日本に持ち帰ったものがバショウカジキの家に国内宅配便で送られて送られてきたというわけです。
20130119-タイと台湾みやげ2-加工5

タイ旅行からの帰り道、スーツケースに入れていたジャムは持ち帰れたけれど、ハンドキャリーは「ジェル」に該当して没収されてしまったそうです。
ジャムをおみやげにするときは、みなさんお気を付けください。

後日、味わってみようっと。

フロムアクア/落ちない縁起物グッズとキャップについて

20130119-落ちないマグネット1-加工8
もうすっかりみなさんご存じだと思いますが、現在『フロムアクア』をニューデイズなどで買うと、落ちないマグネットがひとつおまけでついてきます。

20130119-落ちないマグネット4-加工5
お守り、ダルマ、ふくろう。
現在、入試真っ最中。
縁起かつぎで試験に必勝!


20130119-落ちないマグネット2-加工8
アーム状のヒンジが活躍。キャップ落とさず、また 180°傾けることも可能にしています。

20130119-落ちないマグネット3-加工8
鼻は高くないからさ~。これだけ角度がついていればキャップが鼻に触ることはないさ~。

七福神の飴(今宮戎神社の十日戎)

くっきりした富士山を拝んでから、いいことが続いていますよ。
20130119-七福神1-加工4
今宮戎神社の十日戎(えびす)で大阪のみすずさんが買い求められた、七福神の飴ちゃんを2セットもいただいたのです。

金子 みすゞさんの貴重な切手を貼った郵便物でした。
さっすが~。
20130119-七福神4-加工6

感激です!
スペイン発の飴細工を見学してから、「金太郎飴」を作るのはとても大変なことなんだとわかりました。
七福神だって、飴細工職人が力も心もこめて作っているに違いありません。
20130119-七福神2-加工5

送ってくださった
みすずさんにも招福!

20130119-七福神3-加工5

クウネルくんのカレンダー

富士山がくっきり見えたらいいことがあるという話は本当です。

嬉しい郵便が届きました。

ペンギンくんが、興味を示しています。
(そのメガネは、はずしましょうか。)
20130119-カレンダー1

友だちが、『ku:nel』をたまたま買ったら、カレンダーが特別についてきたので、バショウカジキにその貴重な付録を送ってくださったのです。

嬉しい~。いいんですか~?
ありがとうございます。

1月はこれで~す。
「1秒でできること」
この続きはご想像にお任せします。
20130119-カレンダー

1年間じゅうにぶんに楽しませていただきます。

昼のできごと

今朝のできごと、のその後。
庭のみかんの木の話。

昼にもヒヨドリがやってきました。
朝と同じ個体かな。
普通ですとガラス戸のカギを開けた音でさーっと逃げてしまうところが、今日は全く動じません。

違う場所のみかんまでつつきはじめたので、そろそろネットを雪が降る前の状態に整えた方がよさそうです。

20130119-景色5-加工8
縁側まで出てペンギンくんが観察しても、逃げる様子はないのだ。
度胸あるね。

今朝のできごと

今回はペンギンくんに焦点は合わせませんよ。
主役がほかにいますから。

今朝、窓から富士山を眺めたら、はっきり見えました。
冬の景色だねぇ。
20130119-景色1-加工8

庭のみかんの木のネットの上に、まだ少し雪が残っています。
その上にヒヨドリがきました。
20130119-景色2-加工7

お、移動したね。
20130119-景色3-加工7

あぁ、とりさん用以外のみかんをつついてる!
そうか、雪が降ったあとはネットの位置が変わって、外からつつけるところにみかんが思いがけず現れたということですね。
雪の間、なかなかエサを探せなかったかもしれないので、そのみかんはヒヨドリにさしあげましょう。
20130119-景色4-加工7

寝ていなかったけどね

先日、東京から帰る電車で、座って目を閉じ、その日楽しかった1日のあれこれを思い出しながら揺られていました。すると、前に立っていた二十歳すぎの男女複数名のグループの女性が、

『ずっと見てたら悪いよぅ』

と言いました。

男性が

『だってにこにこしてるからさぁ。きっと今日なんかいいことあったんだろうなあ~。』


そう答えたところで、バショウカジキのことを話していると気付いたのでした。

たしかに、とても顔がニヤニヤしていました。
寝てはいなかったのですが、彼らの前で目を開けることができなくなりました。
幸い、彼らは新宿駅で降りたので、そのあとは逆に安心してうとうとしながら帰ってきました。

みなさん、意外とひとは観察しているものですから、ゆめゆめ油断なさらぬよう。

20130118-起きてます
『ボクは起きていますから』

飴細工よたび(マシーン登場)

飴細工が好きで、どうしても立ち寄ってしまいます。
今回のキャンディは枕型ストライプ。

20130112-飴細工15-加工6

枕型のキャンディは、マシーンが活躍して作るんですね。
知りませんでした。
細長く引き伸ばすまでは職人の手で行われ、あとはマシーンに通すと数珠つなぎのキャンディが出てきます。
20130112-飴細工1-加工11

ある程度冷めたところで職人が数珠つなぎのキャンディに手をざっと入れると、1個1個がパリンと割れて枕型キャンディのできあがり。
20130112-飴細工2-加工6

この職人さんが、ペンギンくんに名前を付けてくださいました。
20130112-飴細工11-加工10
命名 「さいとう たろう」

なぜ 「さいとう たろう」 ?
職人さんのお名前、バショウカジキの名前、ともにさいとうではございません。


うれしいですね。
飴細工を見るときは、このペンギンくんは「さいとう たろう」です。
お名前をいただき、ありがとうございます。

エスプレッソ・スプリッツアー

20130112-ポール・バセット7
バリスタ世界チャンピオンに輝いたポール・バセットが、渋谷ヒカリエ ShinQs にカフェをプロデュースしています。

20130112-ポール・バセット1-エスプレッソ スプリッツァー
ラテアートを頼もうと思っていましたが、メニューにエスプレッソ・スプリッツアーというものを見つけて、注文することに。
エスプレッソと炭酸水を合わせたもの。

20130112-ポール・バセット2-エスプレッソ スプリッツァー
エスプレッソのはっきりした味と炭酸水、バランスよくまとめています。
真夏にもう一度いただきたいですね。

エスプレッソの香り・苦味・酸味+炭酸の酸味 ⇒ すっきりさわやかな飲み物に。

自宅で、思いつきで単なるコーヒーと炭酸水を割ってみたことがありましたが、味が薄まってしまって中途半端な炭酸入りコーヒー水になり、完全なる失敗に終わりました。みなさんは安易に試さないでください。

ドライフルーツ

ドライフルーツはスーパーマーケットでも購入できますし、都心の街角でも出店で量り売りしている場合があります。
正直な話、農薬の心配、油脂の使用の有無、漂白しているかどうか、などなど気になることも多い。

渋谷ヒカリエ ShinQs に、オーガニックフーズを前面に打ち出したお店があるんです。
売り方(見せ方)が上手ですね。決して安くないのですが、その価値を十分にアピールできていると思います。
20130112-ドライフルーツ1

紫色のパッケージは、お店のイメージにぴったり。
20130112-ドライフルーツ3

そのネットワークから、世界のスパイスや塩の取り扱いもあり、先日同僚のお土産で知ったばかりのジブチという国からやってきた塩もありました。
20130112-ドライフルーツ2

いろいろと味見させていただき、トルコ産の立派なサイズのいちじくを買い求めました。
以前食べたことがあるものよりやわらかく、美味しいものでした。
20130112-ドライフルーツ4

ブーツ

昨日は関東は大雪でした。

今朝は、雪の日に履こうとして買った、カナダ製ブーツをおろしました。

JR東日本の新幹線の中に、トレインショップという雑誌がポケットに入っていますよね。

出張の行きの、まだ元気いっぱい?なときには、それを楽しんで眺めるのですが、通信販売の商品をいいと思ってもなかなか買うまでいかない。

ブーツもそのひとつでしたが、後日、パルシステムという宅配で同じ商品の扱いに出会ったので購入。

足がとてもぽかぽかして、つらい冷えを全く感じることなく勤め先に到着。

フォルムがかわいい。

勤め先更衣室で、やれやれの図。

林家パー子さんの上をいく

20130112-拡大丸

昨年秋に増床した東京大丸、キャッチコピーは「拡大丸」。
林家パー子さんの上を行く「もり」ようです。

ペンギンの大さじ小さじ

さかざきちはる展で買ったもの、みなさんいかがされてますか?

大事にしまう場合もありますが、できるだけ日常生活の中に取り入れようと思っています。

最近キッチンで活躍中の大さじ小さじ。



大さじがペンギン、小さじがちびすけ。
このあたりの設定が、うまいですよね。

最初は砂糖入れの容器の中に入れて、大さじ小さじとして使っていましたが、使うときだけしか目に触れないのはもったいなく思い、最近はテーブルに置いて毎日眺めています。

最近はジャムをすくうことがとても多くなりました。

みなさんは、どうやってお使いでしょうね?

ペンスタ店長も寒いと思っているようで

ここのところ朝晩の冷えこみ方が厳しいので、寒さに強いはずのペンスタの店長もマフラーを着用。
20130112-ペンスタ2

年始に餅をついていたペンギンさんは、外回りの作業中に寝てしまったのでしょうか。
雪だるまペンギンになっていました。
でもしっかり営業です。
はちみつくりーむ大福をPR。
20130112-ペンスタ1

クレヨンハウス(北青山)

土曜日は表参道駅近くに用事があり、青山界隈へ。
オーガニック・レストランでお昼ごはんを食べたい気分で、北青山にある落合恵子さんの老舗、クレヨンハウスを訪れました。

華やかな有名店がひしめく表通りを1本中に入ると、ひっそりとした街並みが広がる土地ですね。
クレヨンハウスは子どもの本やおもちゃの専門店であり、女性の本もたくさんあり、オーガニックの八百屋・レストランがある素敵な場所。

20130112-クレヨンハウス5
中庭にある八百屋さんです。産地はすべて明らかにされており、放射能対策もきちんとしています。

中でも「広場」というオーガニック・レストランは、あらゆる年齢層が集まる人気の場所。
ランチ・バイキングは待たないと入れません。大人は 1,260円。
20130112-クレヨンハウス7
野菜たっぷりのランチ。ご飯は玄米を選びました。味は二重丸。

20130112-クレヨンハウス4
中庭でおばあちゃんが孫をあやしていました。ペンギンさ~ん、と呼び止められました。

20130112-クレヨンハウス10
中庭を上から眺めるとこんな感じ。

とても居心地の良い場所です。

糀のジャム

同僚がくれたジャム。糀の甘さを生かして無加糖だそうです。また、保存料・着色料も無添加。

20130111-糀1

トーストパンに塗ったらとても美味しい。
甘酒と同じ香り。

20130111-糀2

ボソボソしていたり、堅いかもしれないと思いましたが、物性は従来からあるフルーツジャムと似たような仕上がりなのです。

商品化に至るまでの紆余曲折があったかもしれませんね。

美味しい体験、またひとつ増えました。
ごちそうさまでした。

クラブハウスサンド

20130105-クラブハウスサンド

バショウカジキはとある喫茶店にある、クラブハウスサンドが大好きです。

年始に、さっそくいただいてきました。

二人前想定らしいですが、お腹が空いているときにはペロリンちょです。

ペンギンくんは魚がいいんでしょうけれど、この喫茶店にはどうぞ今後もお付き合いください。

おみやげその5(完)

おみやげのラストはこれ。
NASTAR(ナスタル): ややかためなクッキー。
素朴でおいしいです。

20130107-NASTAR ALL

あれこれとお菓子を買いましたが、自動包装機を使ったものは少なく、人手を使って包装したものと思われる製品が多いですね。

作っている現場を想像しながら、味わっていただいています。

20130107-NASTAR Penguin

形が餃子みたいですね。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ