プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

下北沢駅近くの喫茶店

関東では週末に、少しだけ雪が降りました。
20160206-庭-加工

さて、下北沢駅の近くに、庶民的な喫茶店があります。
20160206-サンドイッチ (1)-加工

紅茶の種類を多くそろえています。
20160206-サンドイッチ (5)

がんばってペンギン・ビューティ・チェックをしようと思いましたが、紅茶では難しいようでした。
20160206-サンドイッチ (8)-加工

雑誌をたくさんそろえており、『ku:nel』もありました。
リニューアルしたら、クウネルくんは消えてしまったのですよね。
今までは、表紙右上にクウネルくんがいたのに。
20160206-サンドイッチ (3)

ペンギンくんたちは、クウネルくんの幻を見ました。
20160206-サンドイッチ (4)-加工

武尊さんが頼んだサンドイッチには、トマトがたくさん挟まっていました。
20160206-サンドイッチ (7)

武尊ペンは働きますね。
トマトを全部除いてくれました。
20160206-サンドイッチ (12)-加工

バショウカジキの頼んだサンドイッチにもトマトは入っておりましたが ・ ・ ・
20160206-サンドイッチ (10)

ペンギンくんたちの眼ヂカラで、覗いたトマトがワープしてきました。
20160206-サンドイッチ (13)

あれ、こちらの方が映りがいいぞ。
20160206-サンドイッチ (15)
いいんでねぇの。

ところで、約 1 年前に「茶葉少なめ」と言って頼みましたら、注文書に赤いペンによる手書きで「茶葉少なめ」と記載していただきましたが、勢い余って「少なぬ」とお店の方が書かれたことがありました。
今回もそれを期待しましたが、「少なめ」でした。
20160206-サンドイッチ (11)-加工

「茶葉少なぬ」という言葉は、どうしてもピタゴラスイッチで時々流れる歌(めかぬか合唱団による「めかぬか」)を思い出してしまうんですよね~。
めかぬか
スポンサーサイト

2015年12月のクウネルくん

『さかさま雪だるま』
2015 年 12 月のクウネルくん-加工
二個のボールのバランスを逆にした雪だるまを作った経験はありません。
やってみたらおもしろいでしょう。

2015 年 2 月初旬。消防犬ぶん公さんから見事な雪景色画像をいただきました。

上画像のように大きな大きな雪だるまは、実際に見物してみたいですよね。
20150202-ぶん公さんより (1 2)-加工2

2015年11月のクウネルくん

『前を向いて後ろに進め』
2015 年 11 月のクウネルくん-加工

「日常の動作にはない動きをしてみると、脳が活性化するのよ」と言われたことはありませんか。
専門的な見地はひとまず置いておき、それは誰にでも理解しやすく噛み砕かれた説明の結果なのでしょう。

今はあまり見かけませんが、近所のグラウンドのジョギング・ウォーキングコースには、前を向いて後方に進んでいくことを一生懸命に実践される方が、必ずひとりはいたものでした。

「後ろ歩き」は真剣にやってみると、思った以上に疲れます。

後方の視界は確保されませんので、挑戦される方は くれぐれもお気をつけて。

2015年10月のクウネルくん

『紅葉しない森で緑を楽しむ』
2015 年 10 月のクウネルくん-加工

クウネルくんの背景に見えるのはモミの木、あるいはスギの木でしょうか。
紅葉の時期に、紅葉しない常緑樹の木々の中でハイキングを楽しむという発想は、おもしろいです。

紅葉の季節に、紅葉最盛期の森へ行くか、クウネルくんのように紅葉しない森に足を運ぶか。
新鮮な空気を吸いに、森へ行きましょう。

2015年9月のクウネルくん

『悲しくて笑う うれしくて泣く』
2015 年 9 月のクウネルくん-加工

悲しくて笑った経験、うれしくて泣いた経験はありますか。

喜怒哀楽のはっきりしたバショウカジキですが、悲しくて笑った経験、うれしくて泣いた経験は
記憶にありません。
そのかわり、笑いのつぼにはまったら笑いすぎて涙が出てきます。
・ ・ ・ うれしくて泣く、というのとは違いますよねぇ。

クウネル君の読んでいる手紙は、泣ける話が書かれているのでしょうか。それとも思いがけず
うれしいことが書いてあるのでしょうか。

2015年8月のクウネルくん

『家のなかで風を見る』
2015年8月のクウネル-加工

夏休み、こどもの頃は夜に冷房をとめ、網戸にして涼しい風を入れて過ごすことも当たり前でした。
風鈴の音もよく聴きましたし、風鈴が風に揺られる姿もぼーっと眺めることがありました。
でも、今は夜も外の風を取り入れることなく、夜も冷房にお世話になっています。
サーキュレーターによって人工的に作られる風を見ても、風情は無いですねぇ。

2015年7月のクウネルくん

『夏になべパーティー』
2015年7月のクウネル-加工

熱々のものをいただき汗を出して体を冷やそう、そのような試みが必要なほど、連日暑い日が続いていますね。
そんなとき、ペンギンくんたちのニコニコ顔を見ますと、暑さをほんの一瞬忘れるのでした。

あくまで噂ですが、ペンギンくんたちは、こっそり保冷材を枕に昼寝することもあるとかないとか。
20150726-スイーツ (7)-加工

2015年6月のクウネルくん

『鏡文字を練習する』
20150522-6月のクウネルくん-加工

ひらがなの鏡文字を書くことは、こどもの頃に ほんの一時流行りました。
さらさらと書くおともだちがいて、心からすごいな、と思ったのでよく覚えています。

ところで、少し前にテレビ番組で、逆さ歌を正確に歌う女性が登場しました。

逆さ歌とは、ある歌を終わりから歌ってテープに録音し、逆再生したときに原曲どおりに聴こえるよう整えるものです。
歌詞をローマ字に直し、逆にして読むと聞こえるのだそうです。
聞いた話によると、仮にトマトが歌詞に含まれた場合、TOMATO(トマト) ⇒ OTAMOT(オタモツ)となるそうで。

おもしろいことを考える方がおられますね。

2015年5月のクウネルくん

『空に鯉のぼり 川に鳥ながし』
20150522-5月のクウネルくん-加工

バショウカジキの勤め先の街では、川の両岸に 5 本のワイヤーを渡して、約 1,200 匹の鯉のぼりを泳がせるイベントがあります。
それはそれは雄大な景観です。
ずいぶん昔からの伝統なのかなと思いきや、昭和 63 年から始まったイベントだそうです。

川に鳥ながし ・ ・ ・   「ながし」という雰囲気からやや離れた話題になりますが ・ ・ ・
川に泳ぐ鳥としてぱっと思いつくのは、カルガモ。
そして先日、花鳥園で見たオシドリ。
オシドリのオスって本当に美しいですよね。
20150502-花鳥園3-オシドリの池 (1)-加工2

2015年4月のクウネルくん

『あちらでお花見 こちらでお花見』
2015年4月のクウネル-加工

桜の花が満開の木の下で、お花見を夜に楽しむのは、寒いので正直言って積極的に参加はしませんが、昼間はあちらこちらを見て歩きます。
ところで、もう少しすると、森林総合研究所 多摩森林科学園の、黄緑色の桜が楽しめる季節がやってきます。
この保存林には、各地の著名なサクラの遺伝子を保存するため、約 1,700 本を植えているのです。

楽しいですよ。

2015年3月のクウネルくん

『一日一回さかさまになる』
2015年3月のクウネル-加工
ペンギンさんは、頭で逆立ちするんだ。


逆立ちそのものは、高校の体育の時間で行った倒立前転が最後であり、それ以来全く逆立ちしておりません。
それで、昨日壁を支えにやってみたら、意外になんなくできちゃいました。
時間的には数えで 1 分保持したのち、もとの姿勢に戻りました。
爽快な気分。

一日一回さかさまになる。
気分をリフレッシュできそうです。

2015年2月のクウネルくん

『冬にかき氷』
2015年2月のクウネル-加工

先日、北海道出身の若い同僚から聞いた話。
地元では室内の暖房設備が手厚く整えられているものなので、暖かな場所でアイスクリームなどを食べたい気分になるが、関東に就職してからは ・ ・ ・ という話を聞きました。
関東は室内が寒く感じられ、冷たいものが欲しい!という気持ちは弱くなってしまうのだそうです。

ペンギンくんたちに朗報です。
かき氷ではありませんが、冷凍庫に隠し財産として氷菓をストックしていますよ。
夏期限定で自販機にて販売されていたものです。
今日はこれを食べましょう。

20150210-氷菓-加工

2015年1月のクウネルくん

今年のクウネルくんのカレンダーを、ダイビングつながりの友人から昨年、一昨年に引き続きいただきました。
ありがとうございます。

今年も月に一度、話題にしていきたいと思います。


『初日の入りを見に行く』
2015年1月のクウネル-加工

初日の入りをきちんと拝んだことがある方は いらっしゃいますか。
バショウカジキは拝んだことはありません。

元旦の行動を振り返り、地域の不動尊へのお詣り、そして不動尊の最寄駅ナカのベーカリーショップの喫茶コーナーでおやつをいただくうちに、あれ? いつのまにか陽が沈んでましたね、と気づくのが常です。

来年の元旦は、あえて厳かな気持ちで拝んでみたいですが、果たして覚えていられるかどうか。

ベーカリーショップで例年通り「あぁ美味しい」などと言いながらひと休みしていて、日の入りをいつの間にか逃した〜! とくやしがる自分の姿が目に浮かびます。

2014年12月のクウネルくん

『あたたかい色の花束を買って帰る』
201412-クウネルくん-加工

30 年程度前、地域にとてもセンスの良いお花屋さんがあることに気づきました。当時、世界中の花を集めて売っているところはその店の他に地域には無く、花束を贈ろうと思う時には、必ずその店に頼みました。
こんなイメージで作ってくださいとおまかせでお願いし、約束の日に引き取りに行きますと、常に期待以上のものが出来上がっていたのです。

濃橙色、アクセントの真紅色、こういった暖色系は、アフリカあたりから仕入れたものが使われ、見たことがない形と色の花で構成された花束であったことを今でもよく覚えています。

2014年11月のクウネルくん

『ほかほかごはんに バターひとかけと しょうゆ少々』
201411-クウネルくん-加工

バターしょうゆごはんが大好きな方々の中には、バターの銘柄にこだわる方もおられますね。
バショウカジキの知り合いは、加塩と無塩、メーカーの違いなど語っていましたが、使うバターはなんといっても、某修道院のバター、しかも缶入りが一番だと言っていました。

某修道院のバターをあらためて食べてみたい!

2014年10月のクウネルくん

『猫と同じポーズでお昼寝』
201410-クウネルくん-加工

以前にテレビで、ある家庭のにゃんことわんこを話題にしていました。
2 匹が仲良く同じポーズで寝る珍しいシーンを映しておりました。
にゃんこが古株だそうで、2 匹の間には明らかに上下関係があり、後輩である優しい性格のわんこが、やや強気なにゃんこに受け入れられ、とても仲良くなったとの説明でした。

ペンギンくんたちは、にゃんこやわんこといつか仲良くなりたいものだと思っています。

2014年9月のクウネルくん

『月を見ながら釣りをする』
9月のクウネル-加工

 イラストに満月が見えますね。
 月の形と潮の潮の満ちひきはかかわりが深いですが、満潮時に命が生まれ、干潮時は旅立つと聞きます。
 ある場所で、年に1度、満月の大潮の日、満潮時にカニさんが卵を産むのでそれを狙って写真家が写真を撮りにみえます。明るくしてはいけないのだそうで、撮影の気苦労は相当なものだと思われます。

 満月の夜は神秘的なことが起こりますね。

2014年8月のクウネルくん

『ひとりで線香花火』
8月のクウネル

花火で最後に遊んだのは何年前かな、線香花火などは学生時代までさかのぼるだろうか? 花火大会のような大型なものも久しく見物していないと思いつつ振り返りました。

一番最近に見た花火はこれ。
2010年の年末に、とある国で、クリスマス・年越しの花火の練習と称した非常に危険な花火を間近で見ました。
201012花火-加工

発砲花火に点火した瞬間の画像。半そでで素手で作業されているんです。

この国は 1 年で数百人もの方が、花火の事故で死亡したりけがを負います。
わらぶき屋根の家屋が多いですから、屋根に火の粉が降って火事になることも少なくありません。
大統領が注意喚起するほどです。

怖いなぁと思いつつ、見物した花火でした。

2014年7月のクウネルくん

『風呂あがりの一杯』
201407-クウネルくん-加工

この季節の風呂あがりの一杯は、アルコールがいいヒト、ソフトドリンクがいいヒト、水が一番だというヒト、いろいろいらっしゃると思います。
バショウカジキの場合は氷水が好きです。
この季節だけ氷好きで、ペンギンくんと好みが合うと思います。
(夏以外は冷たいものをあまりいただきません。)

風呂あがりの一杯、みなさんは何がお好みですか?

2014年6月のクウネルくん

『かさをささずに歩く』
20140525-6月のクウネルくん-加工

雨が急に降ってきた場合、傘をさすかささないかの判断がヒトによって異なりますね。
バショウカジキの場合、かなり降りがひどくならないと傘を使いません。
身近にいた同行者が見かねて、そっと傘の半分の場所を提供してくださることも。

なぜ傘を使わないのでしょうか?

幼少から、毎日のようにプールに通ってきたので、濡れることに対して抵抗がない?
趣味のスクーバダイビングでは、スーツを着ていたら雨に濡れても全然かまわないので、いつしか日常生活にもその感覚が浸透した?

いろいろと傘を使いたがらない理由を考えてみますが、一番しっくりくる理由は「傘をさして歩くのが めんどうくさい」のだと思います。

ものぐさなバショウカジキです。

2014年5月のクウネルくん

『バスの終点まで行ってみる』
20140525-5月のクウネルくん-加工

バスの終点まで行ってみた経験はありません。
そのかわり、夜遅くまで仕事をし、駅からバスで帰宅する際に行先の確認をきちんとせずに乗り込みまして、似たような名前のバス路線でありながら、最終目的地に全く違うコースからアプローチする路線に乗ってしまったことがあります。
自宅からかけ離れた方向へ走り、ぐるっと回って、一番ましだと思われたバス停で降り、30 分ほど歩いて自宅に戻りました。0 時をとっくに過ぎていました。

アバウトな性格のバショウカジキですが、この出来事のあとは、おかげさまで路線誤りをせずに気を付けてバスに乗るようになりました。

2014年4月のクウネルくん

『うがいするとき いろいろな音を出してみる』

2014年4月のクウネルくん-加工

こどもの頃、あるホームドラマで、某有名コメディアンがクラシック音楽をうがいのガラガラで歌う場面がありまして、なぜかそれをいまだによく覚えています。
朝のシーンで、姿は映っていなかったのですが、観るひとによっては下品だと言ったかもしれません。

今は、そのようなホームドラマはありませんね。

ちなみにバショウカジキが好きだったホームドラマは、『ムー』や『ムー一族』であり(うがいのシーンとは関係ありません)、夏休みに再放送で毎日放映していて、部活で学校に来ると、みんなで「観た? 観た?」と話題にしたのでした。

2014年3月のクウネルくん

『桜もちと桜茶でお花見』
2014年3月のクウネルくん-加工

タイに暮らしている友人に、東京の桜の花はいつごろ咲くかと先日質問を受けました。
タイの同僚が日本(東京)へ旅行にいらっしゃるそうで、桜が咲く時期に合わせて来日し、お花見を希望されていました。

3月最終週から4月の第1週ぐらい、と答えましたが、当たるでしょうか。

でも、実際に決定した旅行日程は4月半ばのようです。
この時期には花の代わりに、新芽の鮮やかな桜の木が見られるでしょう。

2014年2月のクウネルくん

『テレビの前でトリプルアクセルをとぶ』

20140126-クウネルくん2月-加工

テレビの前でフィギュアスケート選手の真似をして飛んだことが、小学生時代にありました。
だから、このクウネルくんの気持ちがよくわかります。

連日目が離せないソチ・オリンピック。
各国の選手ひとりひとりに拍手を送りたい気持ちで観ています。

さあ、いよいよ女子フィギュアスケートが始まりました!

みなさんの演技をテレビの前で見守りますよ。

2014年1月のクウネルくん

20140126-クウネルくん1月-加工

『お風呂で読書』


バショウカジキの潜り仲間に、毎日お風呂に何時間も浸かる方がおられます。
上半身にスウェットを着て、雑誌などを持って湯船に入るのだそうです。
ちょっと真似してみたいと思っていますが、なかなか実現できません。

みなさんはお風呂で読書をしたことがありますか?

12月のクウネルくん

12世紀前から ここにいる

20131124-12月のクウネルくん-加工

このイラストで連想するもの。
「この~木何の木 気になる木」と歌が流れて大樹が映るH社グループCMと、そのCMの次に流れる『すばらしい世界旅行』の予告ナレーション、そのときに流れるオーケストラ演奏によるテーマ音楽、久米明氏の声、日曜の夜、・・・ 数珠つなぎにいろいろなものを連想してしまいます。

1年間、クウネルくんカレンダーを十分に楽しませていただきました。
そしてまた、来年のカレンダーも友だちからいただきましたので、来月からもご紹介できることになりました。

11月のクウネルくん

11時間ここから動いていないかも!?

20131124-11月のクウネルくん-加工

こたつに最高何時間いたことがあるでしょうか?

バショウカジキはこどもの頃、クウネルと同じぐらいこたつに居座ったことがあったように思います。
編み物に没頭して、日中に こたつで過ごした中学生時代!
今は肩がこってしまって無理です。

10月のクウネルくん

目をつむってストップウォッチを持って
10秒数えてみよう

20131020-クウネルくん10月-加工

何かのテレビ番組で、顔を水に浸して一定時間以上耐えるということを競っていました。
その中のひとりに、シンクロナイズドスイミングの元オリンピック代表選手がおられ、時間の計測は、かつて出場した時の音楽を頭の中で奏でることによって行っていました。計測の誤差は少なかったですよ。
さすがですね。

9月のクウネルくん

次に見ることができるのは9年後
クウネル座流星群

20130824-クウネル9月-加工

流星群・・・星空・・・宇宙

バショウカジキの勤務地近くに、宇宙航空を研究する機関があります。
展示コーナーは、おとなが訪れても非常に楽しい場所だと聞いています。

展示を見て、将来は宇宙をフィールドに活躍したい、という夢を持つちびっこたち、いるようですよ。
のぞいてみたいですね。

8月のクウネルくん

生後8ヵ月、はじめて自分の足で立つ
20130824-クウネル8月-加工

クウネルくんの赤ちゃんのときの姿でしょうか。
かわいいですね。

最近の赤ちゃんは、立ち上がるのが早いと聞いたことがあります。
それは本当ですか?

バショウカジキは特に遅くて、1年たっても、どでーんと座っていました。
日ごろ、どでーんと構えて余裕をかましている姿は、今も変わらない気が致します・・・

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ