プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

映画『エール!』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、今年の夏で16年を迎えます。

『エール!』
(フランス作品,2014年)

20170723-映画会 (7)-加工
フランスの田舎町に暮らすベリエ家。
高校生の長女ポーラ以外、全員が聴覚障害者でした。
ベリエ家は「家族はひとつ」 を合い言葉に、明るく幸せな毎日を送っていました。
ある日、ポーラは音楽教師トマソンにパリの音楽学校への進学を勧められます。
そのオーディションを受けるにあたり、ポーラの歌声を聴くことができない家族からは反対の声が上がってしまいます。
ポーラは進学を諦めてしまうのでしょうか。


映画会の日は、ボクらもわくわくします。
20170723-映画会 (1)

サラダを食べて、
20170723-映画会 (2)

カレーをいただき、
20170723-映画会 (3)

野菜を摂らにゃあ だちかんぞ。
20170723-映画会 (4)

顔が映らないコーヒーだけど、しかたないね。
20170723-映画会 (5)-加工

今月の映画もとてもいい作品です。
機会があったらぜひご覧ください。
20170723-映画会 (6)-加工
スポンサーサイト

映画『おみおくりの作法』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、今年の夏で16年を迎えます。

『おみおくりの作法』
(イギリス=イタリア作品,2013年)
20170625-映画会 (7)-加工

公務員のジョン・メイは、ロンドン孤独死した人々の葬儀を執り行う民生係の仕事をしています。
事務的に処理できる仕事ですが、律儀な彼は常に死者に敬意を持って接し、亡くなった人々の身内を捜すなど、心をこめておみおくりをしていました。
しかし、人員整理で解雇を言い渡されます。
最後の仕事はお向かいに住むビリーの弔いです。
最後の仕事にはいつも以上に熱意がこもります。
故人を知る人を訪ね、葬儀に招く旅を経て、心の中に変化が生じていくのでした。


映画の前には決まってカレーランチです。
もっとサラダはたくさん食べたいなと思います。
20170625-映画会 (3)

今回の野菜の具は何かしら。
20170625-映画会 (4)

何この野菜? とペンギンくんたちが興味しんしん。
20170625-映画会 (5)

映りチェックを開始します。
20170625-映画会 (2)-加工

本編が始まったら、ボクらも行儀よく映画を楽しむのでした。
20170625-映画会 (6)

映画『チャップリンからの贈りもの』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、今年の夏で16年を迎えます。

『チャップリンからの贈りもの』
(フランス作品,2014年)
20170528-映画会 (11)-加工

1977年12月25日、喜劇王チャップリン死去。スイスのレマン湖畔にある墓地に埋葬されました。
それを知ったお調子者の男性エディは、チャップリンの棺を盗んで身代金をせしめ、生活を立て直そうと思いつきます。
入院中の妻と幼い娘を抱え、医療費が払えないほど貧しい生活を送っていたのです。
親友オスマンを誘って決死の犯行に及ぶが、計画は穴だらけ。
ツキにも見放され、2人は窮地に追い込まれてしまいます。
そこでオスマンは最後の賭けに出たのでした。


お腹が空いたねぇ。
サラダをまずいただきましょう。
20170528-映画会 (1)

カレーはいつものとおり、野菜がとても美味しいです!
20170528-映画会 (2)

バショウカジキさんが時間があるときには、ちょっと遊んでくれます。
20170528-映画会 (3)

泡立ちコーヒーをぐるぐるとかき混ぜます。
20170528-映画会 (5)

どうなる?
20170528-映画会 (6)

泡が消えていくのでした。
(当たり前のことです。)

でもペンギンくんたちはいつも熱心に観察しています。
このレストランは照明を落とし気味ですので、ペンギン・ビューティ・チェックができるほどの明るさはありません。
20170528-映画会 (8)

武尊ペン、山登りでだいぶ腹黒いよ。
20170528-映画会 (9)-加工

バショウカジキペンも結構汚れてきたので、武尊ペンと同じタイミングでお風呂に入りましょう。
20170528-映画会 (10)-加工

映画『世界の果ての通学路』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、今年の夏で16年を迎えます。

『世界の果ての通学路』
(フランス作品,2012年)
20170423-映画会 (10)-加工

地球上の4つの地域で、数10キロの危険な道のりを通学している子どもたちの姿を追ったドキュメンタリーです。
ケニアで象やキリンを避けながらサバンナを駆け抜けるジャクソン。
パタゴニア平原を馬で妹と通学するカルロス。
モロッコのアトラス山脈を越えて寄宿学校へと通うザヒラ。
インドでは生まれつき足が不自由なサミュエルが舗装されていない道を弟たちの引く車いすで登校。
学習意欲旺盛な子どもたちが、道なき道を進んで通学しているのでした。


バショウカジキさんはいつもカレーランチセットですね。
20170423-映画会 (2)

なんだか野菜で目、鼻、口が表現されているような気がします。
20170423-映画会 (3)

このレストランがある街では、年に 1 度、ワインを町中で味わうイベントが開催されます。
下戸なので参加は難しいですが、このイベントの存在が気になります。
20170423-映画会 (6)-加工

ペンギン・ビューティ・チェックができないので・・・
20170423-映画会 (9)

代わりにこんなことをしてみました。
20170423-映画会 (1)

ボクたちは、たまにお金計算の係りを担います。
大役です。
間違えないようにしなくては。
20170423-映画会 (8)

映画会が始まる前に

昨日、映画会の映画のご紹介をしました。

映画が始まるまでに少し時間があったので、ゆっくりとお食事をしました。
20170326-映画会 (2)-加工

ペンギンくんたちは食後に、レストランの小物を見て遊びを思いつきました。
20170326-映画会 (11)-加工

武尊ペンが、そっとフリッパーを添えてポーズを決めました。
こうやって恰好良く決めるためのものだね。
20170326-映画会 (12)-加工

枕にもなるね。
20170326-映画会 (13)-加工

表彰台としても使えるよね。
20170326-映画会 (14)-加工

ピタゴラスイッチみたいにドミノにもなるよ。
20170326-映画会 (15)-加工

成功!
20170326-映画会 (16)-加工

ペンスタのカードケースの絵柄みたいに跳び箱としても使えるね。
20170326-映画会 (17)-加工

★お店のマッチ箱で遊んでしまいました(お店のみなさんには ないしょ)。

映画『黄金のアデーレ』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで15年間運営しております。

『黄金のアデーレ』
(アメリカ=イギリス作品,2015 年)
20170326-映画会 (18)-加工

アメリカ在住の82歳のマリア・アルトマン(ヘレン・ミレン)。
新米の弁護士ランディとともにオーストラリア政府を相手に裁判を起こしました。
クリムトが描いた伯母の肖像画「黄金のアデーレ」が、第 2 次世界大戦中ナチスに奪われ、政府に返還を求めたのです。
しかし、政府は真っ向から反論しました。
マリアとランディの闘いは、困難かつ長い道のりとなっていくのでした。


今日は少しだけ早めにレストランに入りました。
20170326-映画会 (1)

ゆっくりとごはんをいただきます。
20170326-映画会 (2)

野菜をたくさん食べましょうね。
20170326-映画会 (3)

ズッキーニはボクらのお腹?とちょっと近い気がします。
20170326-映画会 (4)

ナスはもっと近い気がします。
20170326-映画会 (5)

バショウカジキさんは、あまりお砂糖には手を伸ばさないね。
(おやつは毎日のように食べているけどね。)
20170326-映画会 (10)

今日は時間があるよ。
20170326-映画会 (6)

ちょっと待っててね。
20170326-映画会 (7)

キミたちはこれを期待しているよね。
20170326-映画会 (8)

ペンギン・ビューティ・チェック。
20170326-映画会 (9)-加工
いい笑顔なんでねぇの。

映画『ストレイト・ストーリー』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで15年間運営しております。


『ストレイト・ストーリー』
(アメリカ作品,1999年)
20170226-映画会 (1)-加工

アメリカ・アイオワ州ローレンスに住む老人アルヴィン・ストレイト。
娘のローズとともに暮らしています。
ある日、ローズは電話でアルヴィンの兄が脳卒中で倒れたという知らせを受けます。

アルヴィンと兄は長いこと音信不通で、二人はこの数十年は顔も合わせていないのですが、アルヴィンは兄に会いに行くことにしました。
アルヴィンは杖なしでは歩けません。
車もバスも乗ることは難しくなっていましたが、芝刈り機で約560キロ離れたウィスコンシン州まで旅に出ることを決意しました。


お昼ごはんですよ。
20170226-映画会 (2)

具だくさんのカレー、まず何を食べましょうか。
20170226-映画会 (3)

ブロッコリー、マッシュルームが食べたいです。
20170226-映画会 (4)

姿が映らないとわかりながら覗いてしまうコーヒー。
20170226-映画会 (5)-加工

お客様を待つ間に、道具を使っていろいろとポーズを決める試みをマッチ箱で実演してくれようとしていましたが、
20170226-映画会 (7)-加工2

ひとつポーズを決めたとたんに、
20170226-映画会 (8)-加工

映画が始まり、お遊びの時間はおしまい。
20170226-映画会 (8)-加工2

映画『サンドラの週末』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで15年間運営しております。

『サンドラの週末』
(フランス作品,2014年)

20170122-映画会 (7)-加工

体調不良により休職していたサンドラは、復帰目前に解雇されそうになってしまいます。
しかし、週明けに行われる同僚の投票によって、ボーナス返上を受け入れる者が半数以上となれば、解雇を回避できることになりました。
サンドラは復職したい一心で、週末に同僚たちを説得してまわります。
結果はどうなるのでしょうか。
そしてサンドラが得たものは何でしょうか。


お昼ごはんをいただきましょう。
20170122-映画会 (1)

このレストランのカレーライスは、野菜の色を鮮やかに見せた、視覚的にも楽しくて美味しいカレーです。
20170122-映画会 (2)

ボクたち菜の花が食べたいです。
20170122-映画会 (3)

映らないとわかりつつ、毎回覗いて驚いてしまうコーヒー。
20170122-映画会 (4)-加工

いらっしゃいませ。
20170122-映画会 (5)

ちょっとした隙に、スプーンでペンギン・ビューティ・チェックを試みて、ぶちゃいくな顔になって笑わせていただきました。
20170122-映画会 (6)-加工

映画『あなたを抱きしめるまで』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで15年間運営しております。

『あなたを抱きしめるまで』
(フランス作品,2013年)

20161120-映画会 (13)-加工
1952年、アイルランド。
未婚の母フィロミナは、修道院に入れられて、子どもを育てていました。
だが、3 歳になったときに、息子をアメリカへ養子に出されてしまいます。
それから50年の時が経ちました。
息子の消息を捜していたフィロミナは、娘の知り合いのジャーナリストと共に、アメリカに旅出つのでした。


今日のサラダもとても美味しそう。
20161120-映画会 (1)

カレーの具はどれから食べようかしら。
20161120-映画会 (2)

エリンギがいいね。
20161120-映画会 (3)

サツマイモも興味あり。
20161120-映画会 (4)

丸つながりでズッキーニも。
20161120-映画会 (5)

ペンギン・ビューティ・チェックができないコーヒーですが、
20161120-映画会 (6)

こうすると、
20161120-映画会 (7)

できるようになります。
20161120-映画会 (8)
いいんでねぇの。

食後にバーフロアを探索しました。
20161120-映画会 (10)

お酒に詳しくなく、このボトルが意味するものはわかりません。
20161120-映画会 (11)

キッチンの方を眺めてみました。
そろそろ休憩に入るのだそうです。
20161120-映画会 (12)

※ バーフロアではたくさんのお酒を準備してお待ちしております。
  詳しくは、バショウカジキまで。

20161120-映画会 (9)

映画『グレートデイズ!』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで15年間運営しております。

『グレートデイズ!』
(フランス作品,2013年)

20161023-映画会 (5)-加工

体が不自由で車椅子生活を送る17歳のジュリアン。
彼の世話はお母さんのクレアがしっかりとしてくれています。
お父さんのポールはトライアスロン選手です。
不器用な性格であり、ジュリアンとの向き合い方がわからず、話すことさえ避けていました。
ある日、障がいのある息子と一緒にトライアスロンに出場した親子のニュースを見たジュリアン。
自分もお父さんと一緒にレースに出たいと相談します。
ポールはいったん反対しますが、ジュリアンの熱意に押し切られて参加を決意するのでした。

トライアスロンのレースのシーンでは、観ている側も思わず踏ん張りたくなりますよ。


ボクらはこのレストラン、バーフロアの料理が大好きです。
20161023-映画会 (1)

チキンカツカレーの場合、「鶏肉? とりさんって何でしたっけ?」というセリフがお約束。
20161023-映画会 (2)

向かって左がズッキーニ、右は四角豆(うりずん豆)です。
このようなものが入ったカレー、とっても美味しいんですよ。
20161023-映画会 (3)-加工

今回も、ペンギン・ビューティ・チェックをしようとして大変驚き、あぁこちらのコーヒーではできなかったんだよねとペンギンくんたちが話しておりました。
20161023-映画会 (4)-加工

映画『ラヴェンダーの咲く庭で』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、8月で15年になりました。

『ラヴェンダーの咲く庭で』
(イギリス作品,2004年)

20160925-映画会 (9)-加工2

1936年、イギリスのコーンウォール地方。
ジャネットとアーシュラの姉妹は静かな日々を過ごしていました。
そんなある日、1人の青年が嵐の去った浜辺に打ち上げられます。
アンドレアと名乗るヴァイオリニストの若者でした。
2人の看病のかいがあり、やがて回復したアンドレアは、得意のヴァイオリンで姉妹の心を和ませていきます。
しかし、その後突然にアンドレアはコーンウォールを去ってしまいます。
冬が訪れる頃、ロンドンのアンドレアから手紙が届きます。
ロンドンでデビュー・コンサートを行うというのです。

アーシュラとジャネットはロンドンへ向かいます。
彼の奏でる美しい調べを聴くために。


お水がひんやりしますね。
20160925-映画会 (1)

おひるごはんをいただきます。
20160925-映画会 (2)

チキンカツカレーをいただきました。
美味しかった。
20160925-映画会 (3)

わかっていますよ、えぇ、わかっています。
ペンギン・ビューティ・チェックできないコーヒーですよね。
20160925-映画会 (5)-加工

これ、かぼすだよね。
20160925-映画会 (7)

ウィスキーをかぼすと炭酸で割ると美味しいそうですね。
映画会を開くのは、レストランのバーフロアなので、このようなものがそばに置かれているんですね。
きっとかぼすが、美味しいお酒をさらに美味しく変身させるのでしょう。
20160925-映画会 (8)

映画『ポネット』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、8月で15年になります。

夏季はバショウカジキの勤め先が、電力の都合で土日出勤の平日休みになります。
映画会は先生と先生のご友人にバトンタッチし、お任せしています。

『ポネット』
(フランス作品,1996年)

20160724-映画会-加工

4歳の少女ポネットは、愛する母親が事故で亡くなってしまったことを理解できないでいました。
戻ってくることを、いつまでもいつまでも待ち続けています。
そんなポネットの様子を見た周囲の大人達は、彼女に死の意味を教えようとします。
しかしポネットは逆に、自分の世界に閉じこもってしまいます。
そんな時、ポネットの前に、ある奇跡が訪れるのでした。


映画会の日、ペンギンくんたちはバショウカジキと一緒に出勤しました。
バショウカジキの作業を一部、監視していてくれたのでした。
20160724-会社生活

映画『アンコール』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、次の夏で15年になります。

『アンコール』
(イギリス作品,2012年)
20160624-映画会 (3)-加工

ロンドンに暮らす72歳のアーサーは、正直言って、寡黙でとっつきにくい人物です。
周囲から頑固なおじいさんとして扱われて、息子との関係もうまくいきません。
彼が唯一笑顔を見せることができるのは、最愛の妻マリオンでした。
そんな彼女が「がん」を再発します。
マリオンは、ロックやポップスを歌う合唱団「年金ズ」で歌うことを楽しみにしていますが、治療に専念するために練習に参加できません。
ある時、「年金ズ」は国際コンクールのオーディションに挑戦することになり、代わりにアーサーが練習に参加することになりました。
合唱団のメンバーは個性的。
すっかり面食らってしまいます。


照明を落とした、バースペースで開く映画会。
ペンギン・ビューティ・チェックをするには、少々明るさが足りません。
20160624-映画会 (1)

暗がりでろうそくの灯を愛でるのも、たまには良いものですね。
20160624-映画会 (2)-加工

映画『フル・モンティ』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、次の夏で15年になります。

『フル・モンティ』
(イギリス作品,1997年)
20160522-映画会 (6)-加工
イギリス北部のシェフィールド。
25年前は鉄鋼業で栄えたこの街も、今では失業者があふれるさびれた姿に変わっていました。
失業して6ヶ月のガズは、幼い息子の養育費を払う事が出来ません。
別れた女房に息子を奪われそうです。
そんなとき、親友のデイヴと男性ストリップショーに紛れ込みます。
ガズはそれを観て、女性陣の熱気と歓声に驚きました。
何の取り柄もない自分たちでも、金稼ぎのチャンスとなると考えつきました。
さて、この続きは如何に?


映画会を開催しているレストラン店内をペンギンくんたちが探検しました。
ガリバー旅行記の雰囲気が味わえたとのことです。
20160522-映画会 (4)
大きなワインボトルですね。

歴史上の有名な人物の似顔絵でしょうか。
20160522-映画会 (3)-加工

映画会にようこそお越しいただきました。
20160522-映画会 (1)-加工

ボクら、泡を消してからコーヒーをいただこうかと思いました。
ペンギン・ビューティ・チェックができるかもしれないと思ったから。
20160522-映画会 (5)

おーっと、急にボクらも呼ばれました。映画会作業を手伝いに行ってきますね。
20160522-映画会 (2)

映画『小さな村の小さなダンサー』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、次の夏で15年になります。

『小さな村の小さなダンサー』
(オーストラリア作品,2009年)
20160424-映画会 (1)-加工

リーは1961年、中国・山東省で7人兄弟の6番目の息子として誕生しました。
毛沢東夫人・江青の文化政策により、11歳で親元を離れ、遠く離れた北京で英才教育を受けます。
愛国心をあおる厳しいバレエの特訓になじめない日々。
しかし、たくましく成長し、中国を訪れていたヒューストンのバレエ団の主任ベンの目に留まりました。
新天地アメリカで、その類いまれなる才能を開花させていきます。


ボクらも、映画を毎回観ています。
ボトルに寄りかかると、いい感じです。
20160424-映画会 (2)

映画『敬愛なるベートーヴェン』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、昨年夏に14年をむかえました。

『敬愛なるベートーヴェン』
(イギリス=ハンガリー作品,2006年)
20160327-映画会 (1)-加工

1824年のウィーン。
作曲家ベートーヴェンは「第九」の初演をあと数日に控え、未完の曲を前に途方に暮れていました。
音楽学校に通う学生アンナは、ベートーヴェンが楽譜を清書する写譜師を務めることに。
女性がやってきたことに激怒するベートーヴェン。
ベートーヴェンを尊敬するアンナは彼の粗暴な振る舞いに驚きます。
やがてベートーヴェンは、アンナが優れた才能の持ち主であることを認め、仕事を任せるようになっていきました。
「第九」初演の日、難聴のため指揮棒を振ることに怯えていたベートーヴェン。
アンナに励まされ指揮台に立ちました。
彼女の合図を頼りに指揮をやり遂げるのでした。


こちらのレストランで出すカレーが大のお気に入りで、また頼んでしまいました。
まず、野菜をいただきます。
20160327-映画会 (2)

今日の具は何でしょう?
20160327-映画会 (3)

その時々で手に入った美味しい野菜が入っているので、毎回少しずつ違います。
美味しくいただきました。
20160327-映画会 (4)

ペンギン・ビューティ・チェックはこちらでは難しいと、最近ようやくわかってきたようですが、とりあえずは覗いてしまうそうです。
20160327-映画会 (5)
別な店でリトライするから、いいんでねぇの。

映画『この森で、天使はバスを降りた』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、昨年夏に14年をむかえました。


『この森で、天使はバスを降りた』
(アメリカ作品,1996年)
20160228-映画会 (5)-加工

少女パーシーが5年間の刑期を終え、メイン州の小さな町ギリアドでバスを降りました。
彼女は、ハナという女が経営するレストラン『スピットファイアー・グリル』で働くことになります。
町の人々はよそ者のパーシーについて噂話を囁きあいます。
しかし、少しずつパーシーの魅力に周囲の人々は惹かれていきます。
でも、彼女は誰にも言えない暗い過去があったのでした。


想像がつくと思いますが、「天使」はパーシーです。
その意味は、映画を最後まで観るとおのずとわかります。

ペンギンくんたちは、いつもお客様をお迎えに、テーブルの上に登場します。
(気づく方がいるかどうかは?)
20160228-映画会 (1)

あれ、何か見つけましたよ。
20160228-映画会 (2)

勝手に開けていいのかな?
バタースコッチキャンディが入っておりました。
20160228-映画会 (3)

お客様をお迎えするのに、キャンディの缶を開けている場合ではありませんよね。
すぐにふたを閉めました。
20160228-映画会 (4)

ボルシチ

昨日に引き続き、映画会の(レストランの)話題。

今日はボルシチセットの気分だね。
20160124-映画会 (1)-加工

サラダと美味しいドレッシングの相性が抜群。
20160124-映画会 (2)-加工

パン屋さんでレストラン専用に焼いていただいているというバケット。
20160124-映画会 (4)-加工

とっても熱いパン。
内部の柔らかな部分と表面のカリカリ部分の比率にこだわっているとのこと。
20160124-映画会 (5)-加工

ほ、ほう、これが噂のボルシチですか。
20160124-映画会 (6)-加工

体が温まるのよね~。
20160124-映画会 (7)-加工

じゃがいもも、ビート(赤カブ)の赤色に染まりました。
20160124-映画会 (8)-加工

はー、いつも驚いちゃうね。
ペンギン・ビューティ・チェックができないのだ。
20160124-映画会 (9)-加工
このお店では、良いのです。

今日はぶちゃいくごっこの気分だねー。
20160124-映画会 (3)-加工

映画『スタンリーのお弁当箱』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、この夏に14年をむかえました。

『スタンリーのお弁当箱』
(インド作品,2011年)

20160124-映画会 (10)-加工

周囲をいつも笑わせているクラスの人気者スタンリー。
家庭の事情で、学校にお弁当を持ってくることができずに、お昼休みはいつも水道水で空腹を満たしていました。
そんなスタンリーを助けようと、クラスメートはお弁当を分けてあげていました。
しかし、美味しいお弁当を狙う先生に見つかって、弁当を取り上げられてしまい、おまけにスタンリーを「たかり」だと揶揄します。
先生の言葉に傷ついたスタンリーは、学校に行かなくなってしまいます。
ところで、なぜスタンリーはお弁当を持ってこないのでしょうか。

インドの社会の現状も見える作品です。
ちなみに、いじわるな先生はフィクションです。


。゜°。°。゜°。。゜。°゜。°゜°。゜゜。°゜。°。。°。゜。゜゜。°゜。゜。°。。゜°゜。

この週末、東京は予報とは一致せず、バショウカジキの暮らしている地域では、雪を見ることはありませんでした。
で、各地で大雪が降りましたね。

ぴょんみさんは鹿児島で大雪に見舞われ、飛行機が欠航し、新幹線でご自宅まで戻られたそうです。

そんなとき、元気で笑顔なのはペンギンくん。
大雪で嬉しそうですね。
20160125-ぴょんみさんより-加工
ぴょんみさん、画像をありがとうございました。

映画『耳に残るは君の歌声』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、この夏に14年をむかえました。

『耳に残るは君の歌声』
(イギリス=フランス作品,2000年)
20151129-映画会 (4)-加工
1927年、ユダヤ人の少女フィゲレはロシアの片田舎で父、祖父母と暮らしていました。
父は美しい歌声の持ち主で、いつも子守唄を歌ってくれました。
ユダヤ人迫害が激しくなり、ゆくゆくは娘を呼び寄せると胸に誓って、父はひとり渡米を決意し行ってしまいます。
その後戦火の荒波の中、フィゲレはひとりイギリスへと流れ着きました。
スージーと名付けられキリスト教の家庭に預けられます。
言葉が通じず孤立するスージー。
10年後、成長したスージーは父を探す旅に出たのでした。


レストランのバーフロアへの入口。
季節に見合った飾りつけを楽しむことができます。
20151129-映画会 (3)-加工

知ってるよ。
ここではペンギン・ビューティ・チェックが難しいことを。
でもコーヒーを思わず見つめてしまうペンギンくんたちでした。
20151129-映画会 (2)-加工

視線の先には、かさ付きのどんぐり。
1個しかありませんから、譲り合って松ぼっくりと遊んでください。
20151129-映画会 (1)-加工

映画『バベットの晩餐会』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、この夏に14年をむかえました。

『バベットの晩餐会』
(デンマーク作品,1987年)

20151101-映画会 (2)-加工

 19世紀後半のデンマークの小さな漁村。
 牧師の父と姉妹の元に、パリ・コミューンによって家族を亡くしてフランスから亡命してきた女性バベットがやって来て、家政婦として働きだします。
 月日は流れ、父も亡くなり、村人の信仰心も薄れてきた頃、バベットはフランスのくじが当たって一万フランを得ます。
父の生誕100年記念の年、バベットはそのお金を使って、村人たちのために晩餐会を開くと申し出ました。
実は、バベットはフランスでは有名なレストランのシェフだったのでした。


 過去に映画会で取り上げた映画を、再度観るということがたまにあります。
 あの映画は良かったね、と深く記憶に残るものを、もう1度観ましょう、と取り上げるのです。
 「おいしい食事が人を幸せいっぱいにする」映画は数ありまして、そのひとつと言えるでしょう。

映画『大統領の料理人』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、この夏で14年となりました。

『大統領の料理人』
(フランス作品,2012年)

20150927-映画会 (12)-加工


片田舎で小さなレストランを経営しているオルタンスは、ミッテラン大統領の指名により、フランス大統領官邸のプライベートキッチンに迎えられます。
彼女は規律に縛られた男社会の厨房で孤立しながらも、ひたすらに「美味しい」の本当の意味を追求していきます。
やがて彼女の情熱が、冷え切っていた男社会の厨房を刺激していくのでした。


夏の間、映画会には勤めの都合で参加できませんでしたから、レストランのカレーランチもしばらくいただいておりませんでした。
でも、今回はいただきましたよ。
このサラダにかかったドレッシング、売ってくれないかなぁ。とてもおいしいんですよ。
20150927-映画会 (1)-加工

どの具からいただこうかしら。
20150927-映画会 (2)-加工

タマネギ
20150927-映画会 (5)-加工

ズッキーニ
20150927-映画会 (3)-加工

ナス
20150927-映画会 (7)-加工

パプリカ
20150927-映画会 (4)-加工

わかってます。えぇ わかっていますとも。
泡立ちコーヒーではペンギン・ビューティ・チェックが できません!
20150927-映画会 (8)-加工

残念でした。
20150927-映画会 (9)-加工

おや?
20150927-映画会 (10)-加工

クッキーがぎっしり入ったキャニスター。
開けていいのかな。だめかな。
どこへ出かけても食いしん坊です。
20150927-映画会 (11)-加工

映画『八月のクリスマス』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、この夏で14年となりました。

『八月のクリスマス』
(韓国作品,1998年)

201508-映画会-加工

ジョンウォン(ハン・ソッキュ)は、小さな写真館を経営していました。
彼は不治の病を抱えていますが、写真館の仕事ややもめの父親との家事をこなし、笑顔を絶やしません。
ある夏の日、駐車違反取り締まり員のタリム(シム・ウナ)が、違反車の写真を拡大して欲しいとやってきます。
その日からふたりは親しくなっていきます。
しかし、思いを伝えぬまま、ジョンウォンが入院する日がやってきます。
タリムは急に姿を消した彼あてに手紙を書くが、どうしても姿を見ることができません。

せつないラブストーリーですが、ラストはタリムの微笑みを見て、ちょっとほっとします。


今月も、映画会当日は仕事だったので、運営は先生と先生のお仲間にお任せしてしまいました。
でも9月からはまた復帰です。

ペンギンくんたちは、レストランのランチのカレーを楽しみにしていますので。
201508-映画会 (2)-加工

映画『クロワッサンで朝食を』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、この夏で14年となります。

『クロワッサンで朝食を』
(フランス=エストニア=ベルギー作品,2012年)


20150726-映画会 (1)-加工

 エストニアの小さな町で暮らすアンヌ。
 2 年間介護をしていた母親を亡くして放心状態でした。
 多少フランス語が話せる彼女に、パリでの家政婦の仕事が舞い込み、憧れのパリへ旅立ちます。
 しかし、おしゃれなアパルトマンで待っていたのは、気難しいエストニア出身の老婦人フリーダ。
 フリーダはおいしいクロワッサンの買い方も知らないアンヌを追い返そうとします。
 実はアンヌを雇ったのはフリーダではなく、近くでカフェを経営するステファンだったのです。
 だけれども、遠い昔にエストニアから出てきたフリーダは、アンヌに自分の姿を重ねて少しずつ心を開いていきます。


 今月と来月の映画会は、仕事の日の開催なので、恩師のお友だちに助っ人を頼みました。
 ペンギンくんたちは、映画会の開かれるレストランの、カレー海と点在する野菜島を見ることができないね、とがっかりしています。
20150629-映画会 (3)-加工3

 そのかわり、ペンギンくんたちにとって「いいもの」を用意しましたので、あまり がっかりしないでください。
 後日、いただきましょう。
20150726-スイーツ (2)-加工

映画『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、この夏で14年となります。

『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』
(スウェーデン作品,1985年)
20150629-映画会 (9)-加工

1950年代のスウェーデン。
「人工衛星で死んだライカ犬より僕はまだ幸せだ」と満天の星を見上げながらつぶやく12歳の少年イングマル。
イングマルは、病気のママとイジワル兄貴のエリクとの3人暮らしです。
パパは、仕事で南洋に行ったきり、ずっと帰ってきません。

夏休み、ママの病状が悪化しました。
そこで、エリクはおばあさんの家へ、イングマルは叔父さんの家に行くことになりました。
男の子のふりをしている女の子・サガとも仲良くなり、毎日を楽しく過ごすイングマルでした。


こどもたちは、日本のこどもと比べると、とても大人びた雰囲気なのですよね。
文化の違いでしょうか。

映画が始まる前にランチをいただきました。
いつも変わらぬおいしいサラダ。
20150629-映画会 (1)-加工

今月のカレーはチキンカツ入り。
先月よりカレーの海に点在する「野菜島」などが増えたように見えるとペンギンさんが申しておりました。。
そうですね、地殻変動?により島が動いて乗り上げちゃってますし。
20150629-映画会 (3)-加工2

レストランの照明の演出効果はすてきですが、ペンギン・ビューティ・チェックは難しい。
でも、コーヒーを覗いてしまいます。
20150629-映画会 (4)-加工

凝視。
20150629-映画会 (5 6 7)-加工

んんん ・ ・ ・  かろうじて ・ ・ ・ 見えました。
20150629-映画会 (8)-加工
上出来上出来、いいんでねぇの。

映画『ローマ法王の休日』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、13年間続けています。

『ローマ法王の休日』
(イタリア作品,2011年)
20150524-映画会 (1)-加工

ローマ法王が亡くなり、新しい法王を選出するため各国の枢機卿がシスティーナ礼拝堂に集まってきました。
みな、面倒な法王には選ばれたくないと、心の中で祈っています。
そのような中、予想外のメルヴィルが新法王に選出されました。
誰よりも本人が一番驚きました。
パニックに陥った彼は、新法王のスピーチを待ちわびる大群衆の前に、完全に怖気づいてしまいます。
困り果てた報道官が、セラピストに診てもらおうとヴァチカンの外へ連れ出しますが、隙をついて街中に逃げ出してしまいました。
果たしてどうなるのでしょうか。


レストランのバーフロアでランチをいただくには、14時までに入店する必要があります。
ぎりぎりになっちゃいましたが、なんとかランチにありつけました。
良かった。
20150524-映画会 (2)-加工

今日はカレーの海に点在する野菜小島の数が多いように見えます。
ボクはズッキーニ島と赤パプリカ島を領土にしたいな、ワタシはブロッコリー島とインゲン半島を選びます、みたいな島取り合戦を繰り広げておりました。
20150524-映画会 (3)-加工

武尊ペン、今頃機上のヒト(もとい、機上のペンギン)だね。
映画会にはなかなか来られないみたいだ。
20150524-映画会 (4)-加工

コーヒーを発見すると、つい覗いてしまう習慣があります。
20150524-映画会 (8)-加工

あっ、ボクらと似たヒトがいます。
白黒人間。
このレストランには白黒人間がたくさん働いているのでした。
20150524-映画会 (7)-加工

映画『再見 ツァイツェン また逢う日まで』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、13年間続けています。

『再見 ツァイツェン また逢う日まで』
(中国作品,2001年)
201503(4)-映画会-加工

アメリカで、チー・スーティエンは女性指揮者として成功を収めました。
そして 20 年ぶりに祖国の地に戻ります。
祖国での凱旋記念コンサートが待っているからです。
しかし、もうひとつの大事な目的がありました。
7 歳のときに生き別れた 3 人の兄弟妹を探し出して再会したいのです。
20 年前、音楽教師の父、しっかり者の母に見守られ、幸せな日々をおくっていましたが、悲劇の出来事によって 4 人のこどもは里親へ引き取られてばらばらになってしまったのです。

再会は果たせるのでしょうか。


ランチに最近必ず注文する野菜カレーのセット。
いつものサラダ。
20150405-映画会 (2)-加工

いつもの野菜カレー。
カレーの大海に広がる野菜の島々よ!
ボクはズッキーニ島がいいな。
ワタシはライス島の次に大きいブロッコリー島がいいな。
バショウカジキさん、ジャガイモ島はいかがですか?
20150405-映画会 (3)-加工

先日バショウカジキペンは、ペンギン・ビューティ・チェックの応用事例を研究発表したそうですね。
20150405-映画会 (4)-加工

ブラックコーヒー以外のものを使って、ビューティ・チェックを可能にする条件を発見したとか。
発表内容が気になりますな。
20150405-映画会 (5)-加工

このレストランは照明を落とし気味で、ビューティ・チェックはしにくいのですが、映せなくもない。
20150405-映画会 (6)-加工
いいんでねぇの。

少しだけバショウカジキさんと話す時間がありまして、
20150405-映画会 (9)-加工

そのあとにはお客様の方を向きなおして、お客様を待つペンギンくんでした。
20150405-映画会 (8)-加工

映画会を一緒にやっている先生から、水中写真で賞を獲得したお祝いに、と卓上に添えるかわいらしい花束をいただきました。
ありがとうございました。
20150405-映画会 (1)-加工

映画『オレンジと太陽』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、13年間続けています。

『オレンジと太陽』
(イギリス作品,2010年)

20150222-映画会 (19)-加工

1986年、マーガレットはイギリスのノッティンガムでソーシャルワーカーとして働いていました。
ある夜、見も知らぬ女性シャーロットから「自分が誰なのかを知りたい」と訴えられます。
児童養護施設にいたシャーロットは、船でノッティンガムからオーストラリアまで送られたというのです。
そして、数百人の子どもたちが同じ境遇で送られたと。
彼女は最初信じられませんでした。
でも、別な女性からも同様な話を聞いたのです。
そして調査を開始し、徐々に明らかになる事実。
彼女の調査は、政府レベルの大きな組織をも揺らし始めていくのでした。

児童移民は歴史的に事実の出来事なのです。
2009 年 11 月にオーストラリア首相が、2010 年 2 月にイギリス首相が事実を認め、正式に謝罪をしています。



さて、ペンギンくんたちは、このお店のカレーランチを楽しみにしています。
オリジナルのドレッシングがかかったサラダ。
ドレッシングを売ってくださるのであれば購入して、家でも楽しみたい味。
20150222-映画会 (1)-加工

カレーの海に点在する、ごはんや野菜の具の大小さまざまな島。
野菜カレーは春の訪れを感じさせます。
20150222-映画会 (4)-加工

菜の花です。
きっとレストランの方々が畑から収穫してきたものです。
20150222-映画会 (5)-加工

ズッキーニとナス。
なんとなく、このあたりの野菜はボクらは形に親しみがもてます。
丸みがボクらペンギンに似ていると申しております。
20150222-映画会 (6)-加工

レーズンとアーモンドは、ケンカしないように均等に分けていただきましょう。
20150222-映画会 (8)-加工

映画会ではペンギン・ビューティ・チェックはお休みだよ。
20150222-映画会 (9)-加工

泡立ち部分をよけても無理だよ。
20150222-映画会 (10 11)-加工

粘っても無理でした。
20150222-映画会 (12)-加工

レストランのいろいろなものが気になります。
20150222-映画会 (13)-加工

バタースコッチキャンディ入りの缶ふたを、こっそりと開けてしまいました。
20150222-映画会 (14)-加工

こっそりと悪いことはできません。
ペンギンさんはキャンディの缶のふちにくちばしをのせましたね。
粉糖がくっついて、ペンギンさんの顔がおもしろいことになっていますよ。
20150222-映画会 (15)-加工

映画『おばあちゃんの家』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、13年間続けています。

『おばあちゃんの家』
(韓国作品,2002年)

20150125-映画会 (11)-加工

7 歳の息子サンウを一人で育てていた母親は、新しい仕事を見つけるまで、田舎のおばあちゃんの家に預けられることになりました。
サンウは都会暮らしに慣れており、田舎が退屈です。
おばあちゃんは文字も読み書きできないし、耳が不自由で話もできないのです。

サンウは欲求不満になり、一緒に過ごす時間が長くなるほどおばあちゃんを困らせることも増えていきました。
でも、おばあちゃんはわがままな孫を叱ることは決してしませんでした。

おばあちゃんの姿を見て、サンウはしだいに心を開いていくのでした。


とても印象的な映画であり、2005 年に映画会でみなさんと観ましたが、今回再度観ることにしました。
機会がありましたら、みなさんも鑑賞してみてくださいね。

映画『天使の分け前』

月に1回、とあるレストランで映画を観る会を開いています。
ランチが終わり、ディナーまでの休憩時間に場所をお借りして、誰でも好きに観に来ていただけるもので、決しておおげさなものではありません。
小学生の時にお世話になった恩師とふたりで運営し、13年間続けています。

『天使の分け前』
(イギリス=フランス=ベルギー=イタリア作品,2012年)
20141207-映画会-加工

ケンカの絶えない人生を送るロビーという青年がいました。
トラブルを起こして警察沙汰になってしまいます。
でも、恋人との間にできたこどもの出産時期が近付いていることに免じ、刑務所送りの代わりに社会奉仕活動をすることになりました。
そこで3人の仲間とともにそこで出会った奉仕活動指導者のハリーから、スコッチウィスキーの奥深さを教わります。
ハリーはウィスキーの愛好者なのです。
テイスティングの才能を開花させ、仲間とともに1樽100万ポンド以上する高級なウィスキーに人生の大逆転をかけます。


最近は、ランチに野菜カレーをいただくことが多くなりました。
ひと手間かけてパリパリに保ったサラダからスタート。
20141207-映画会 (1)-加工

スパイス類が引き立つカレー。
火を落としてからスパイス類をさらにプラスしているのかな、と思います。
20141207-映画会 (2)-加工

野菜は油通ししてあります。
油通しなのに油っこさを感じさせないのは、その温度と時間の絶妙なテクニックによるものでしょう。
ナスが食べたいね。
20141207-映画会 (3)-加工
ジャガイモが食べたいね。
20141207-映画会 (4)-加工

わかっていますよ、こちらのコーヒーはペンギン・ビューティー・チェックができないってことを。
20141207-映画会 (5)-加工

ちょっと待っていてください。泡をすくいとりますから。
20141207-映画会 (9)-加工

レストランの明るい場所を選んで、かろうじてチェックができました。
20141207-映画会 (8)-加工
いいんでねぇの。

映画会へようこそ!
20141207-映画会 (10)-加工

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ