プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

スクンビット・ソイ・トンロー(タイ料理) 後ペン

東京駅八重洲口からとても近い場所にある、スクンビット・ソイ・トンローというタイ料理のお店にて、お食事をしたときのお話の後ペンです。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (24)-加工

力ずくで取ろうとして奮闘してようやく取り出すことができるメニュー。
挟む物に対して厚みが厚すぎます。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (17)

辛いのが苦手なヒトがいるから、辛くなく作ってね、とお願いしました。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (14)-加工

箸の先とは逆側のこの変形、バショウカジキの手への当たりが合いにくかったです。
不思議な変形箸でした。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (16)

彩り野菜のいためもの
辛くないです。優しい味。
お野菜をたっぷりいただきます。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (9)

生春巻き
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (8)

ふわふわ海老のすり身揚げ
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (11)

春雨と豆腐のあっさりスープ
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (10)

これはバショウカジキがとても美味しいと思ったスープでした。
もちろん、辛くありません。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (15)

一般的にはこれが美味しいと言われるのかな。
トムヤムヌードルです。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (18)

あたたかなお茶でしめくくり。
ごちそうさまでした。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (13)
スポンサーサイト

スクンビット・ソイ・トンロー(タイ料理) 前ペン

東京駅八重洲側にやってきました。
ペンギンくんたちの後ろに映る建物は、大丸東京店ですね。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (25)

ようこそ、バンコクへ!
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (24)

いつもに増して、ペンギンくんたちが笑顔のような気がいたしました。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (21)

海外旅行にやってきたみたいです。
ドリアンがいっぱい。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (22)

以上はスクンビット・ソイ・トンローというタイ料理のお店のエントランスです。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (23)

席につきましょう。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (20)-加工

お客様で席はほぼ埋まる人気店。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (19)-加工

ペンギンくんたちのアドバイスを聞きながら、お料理を注文しました。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (3)-加工
シーフードもいいけれど、生春巻きを食べたいね。

お店の従業員は、タイの方のようでした。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (14)-加工

さぁこれから待ちに待ったごはんですよ。
20170527-スクンビット・ソイ・トンロー (1)

(つづく)

タイのお土産

4月に東京に遊びに来てくれた、タイ在住の友人から、お土産をいただいておりました。
20140419-タイのお土産 (14)-加工

巷の評判では、タイのインスタントコーヒーはおいしいと聞いております。
20140419-タイのお土産 (5)-加工

ミルクも砂糖も入ったタイプ。
20140419-タイのお土産 (17)-加工

ペンギン・ビューティー・チェックは難しそうですね。
20140419-タイのお土産 (1)-加工

バショウカジキが大好きな、タマリンドサンド・バナナチップス。
20140419-タイのお土産 (15)-加工

バナナの甘味、タマリンドの甘酸っぱい味、この組み合わせが絶妙です。
20140419-タイのお土産 (16)-加工

これは何?
タマリンド・キャンディですと ?
20140419-タイのお土産 (7)-加工

ほほぅ。
20140419-タイのお土産 (8)-加工

タマリンドの加工品を味見しましょう。
20140419-タイのお土産 (10)-加工

いただきます。
20140419-タイのお土産 (11)-加工

ひゃーっ。
20140419-タイのお土産 (12)-加工

このキャンディ、バショウカジキさんの勤め先に生息している、あのおともだちにも体感してもらいましょう。
20140512-食べましょう (1)-加工

バショウカジキさんの勤め先の部屋に生息している、クラレまると、タマリンド・キャンディをいただくことにしました。
20140512-食べましょう (9)-加工
20140512-食べましょう (8)-加工

ん? ん?
20140512-食べましょう (6)

ん?
20140512-食べましょう (7)

ん?
20140512-食べましょう (5)

ん なっし~?

20140512-食べましょう (4)

すっぱーい!
20140512-食べましょう (3)-加工

このタマリンド・キャンディは、酸っぱい×辛い×甘い 味の加工品です。
実は、バショウカジキは大好きで、むしゃむしゃ食べてしまいます。
でも、好き嫌いがはっきり出るお菓子のひとつだと思いますね。

久しぶりの再会

かつてフィリピンのダイビング地で出会い、今ではとても仲良しの友だち。

今はタイで日本語を教えているのですが、タイの夏休みなので、日本に一時的に帰国しています。

東京に旅行するのは修学旅行以来というので、友だちはICカードの東京をスムーズに歩けるであろうかとちょいと心配しつつ、平日の夜に丸の内で待ち合わせてごはんを食べに行きました。

まずは東京駅の夜景を見物。
20140419-東京駅 (4)

右手に映るのは東京中央郵便局。
20140419-東京駅 (3)

晩ごはんをどこで食べようかとさんざん迷いましたが、chef'sV(シェフズブイ)に決めました。

店員さんが、ボクら2羽のことをよく覚えていてくださいました。
前回は冬に来店しています。
20140419-シェフズ・ブイ (1)-加工

20品目のお野菜コースをチョイス。

◆ お通し、野菜のスープ
  手前右手はエボダイの酢味噌あえ。
  左手は季節の野菜のポタージュ。
オニオンポタージュです。
◆ 前菜5種の盛り合わせ
  奥にちょこっと見えているのが前菜。
  パプリカクリームを詰めたアボカドロール
  昆布〆大根のオリエンタルソース 九条葱添え
  トラウトサーモンとグレープフルーツのカルパッチョ
  新玉葱とベーコンのキッシュ
  独活(うど)のフリット

20140419-シェフズ・ブイ (16)-加工

風味が良い!
20140419-シェフズ・ブイ (15)

とてもまろやか。茶褐色になるまで炒めるのがオニオンのスープとしての生かし方だと思っておりましたが、このポタージュをいただき、既成概念が吹っ飛びました。これは真似したい。新玉ねぎだからできるのでしょう。
20140419-シェフズ・ブイ (13)

アボカド好きなバショウカジキは、アボカドを使った料理に心が躍ります。
20140419-シェフズ・ブイ (14)

◆ 熱々鉄鍋料理
  淡路島産玉葱のステーキ ソイジンジャーソース

20140419-シェフズ・ブイ (11)-加工

熱そうだね。
20140419-シェフズ・ブイ (10)-加工

◆ 本日のパスタ
  ムール貝を使ったトマトソースベースのパスタ
でした。
20140419-シェフズ・ブイ (12)-加工
 
◆ 本日の鮮魚のポワレ 小柱クリームソース
  マダイのポアレ
  パンは小ぶり。これ以上大きいと、デザートが入らなくなるので、小さめサイズが正解。

20140419-シェフズ・ブイ (8)-加工

◆ デザート&ドリンク
  オレンジのシブースト カモミールアイス添え
  ローズヒップティー
をチョイス
20140419-シェフズ・ブイ (7)-加工

シブーストのクリームの上、キャラメリゼの部分がたくさんあるといいのになぁと、いつも思うのでした。
20140419-シェフズ・ブイ (3)-加工

カモミールアイスにささった乾燥オレンジスライス。
20140419-シェフズ・ブイ (2)-加工

武尊さん、乾燥オレンジに興味あるでしょう?
お店に行きたくなるでしょう?
・・・武尊さんのバディペンギンくんの「ひとりごと」、もとい、「いちわごと」。

20140419-シェフズ・ブイ (5)-加工

ローズヒップティはペンギン・ビューティー・チェックできません。
鮮やかな色合い、フレーバーを楽しみましょう。
20140419-シェフズ・ブイ (4)-加工

また、日本に、東京に遊びに来てください。
20140419-シェフズ・ブイ (9)-加工

タイのおみやげ(タマリンドジャム)

タイのバナナチップスに引き続き、今度はジャム。
親友がタイの友人からいただき、日本に帰るときに空港でハンドキャリー分はジェルとみなされ没収されてしまい、唯一この1瓶だけ、スーツケースに入れていたためたまたま持ち帰れたという貴重なしろものです。
20130120-jam1
ピッカピカな青紫色カバーがついていました。アルミ蒸着のテカリが美しい。

20130120-jam2
うん、濃い褐色はタマリンドっぽい。お味は甘酸っぱいですね。

20130120-jam3
ミーとアデリーペンギンのカップでいただく紅茶に、ポテポテとジャムを落としているところ。
レモンティのような素敵な飲み物になりました。

おみやげをいただいた友人、日本に運んでくれた親友。
どうもありがとう。

タイのおみやげ(タマリンドをはさんだバナナチップス)

タイの友人からいただいたお菓子。
20130120-banana4
日本語で、『タマリンドをはさんだバナナチップス』と書いてありました。
タマリンドはバショウカジキが年末の旅で、甘酸っぱい加工品を買って帰ってきました。あの豆科の植物の加工品ね。

タイの友人が、市場に出かけてタマリンド画像を送ってくれました。うーん、たしかにこれは豆だ。
20130120-banana5-加工5

日本食スーパーマーケットでの購入ではなく、バンコクにお住いの日本人夫婦が厳選した食品を販売している店で購入したそうです。
20130120-banana1

はーい、1カメさん、いきまーす。
一見、単なるバナナチップスでしょ?
20130120-banana2


はい、真上から3カメさん、どうぞ!
20130120-banana3
タマリンドがたっぷりはさんであるのです。
酸っぱいタマリンドってね、バナナチップスとよーく合うんですよ。

| ホーム |


 ホーム