プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

卵ボーロ

出張中での出来事は、いったんその出来事はおやすみします。

本日の話題。

大粒卵ボーロを買ってきました。
20180702-大粒卵ボーロ (1)

ボクらの卵に見えてしかたがありませんね。
20180702-大粒卵ボーロ (2)

ペンギンくんたちは今年の春、長崎ペンギン水族館で「オスのつらい抱卵期間」について学習したばかりです。
20180323-展示 (23)-加工2

ボーロで抱卵の練習をしてみました。
これで万が一のときにはうまく抱卵ができますね。
20180702-大粒卵ボーロ (3)

お腹がすいてきました。
これがボクらの卵だという説は撤回します。
これは単なるお菓子です、ボーロです。
20180702-大粒卵ボーロ (4)

ボーロをコーヒーに浮かべて大きく育ててみたくなりました。
20180702-大粒卵ボーロ (8 9)

あっという間に沈んでしまいました。
20180702-大粒卵ボーロ (11 12)

あわてて回収しました。
20180702-大粒卵ボーロ (19 21)

まるで溶けつつあるお麩のような姿に変身しておりました。
20180702-大粒卵ボーロ (22)

お行儀悪いから、このような遊びはほどほどに。
20180702-大粒卵ボーロ (23)
スポンサーサイト

ふるさと納税とチーバくん

ひなっちさんに教えていただきました話題から。

ふるさと納税アイテムに、さかざきちはるさんのシルクスクリーン作品が登場です。
20180703-ふるさと納税5
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12203/4423263?city-product_rank

3 種登場しており、選ぶ楽しさがあります。
20180703-ふるさと納税6
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12203/4423266?city-product_rank

バショウカジキのお気に入りはこちら。
2018 年制作の『ピーナツカレンダー』でも、いいなぁと思った絵柄です。
20180703-ふるさと納税4
https://www.furusato-tax.jp/product/detail/12203/4423267?city-product_rank

枚数には限りがありますので、購入にご興味ある方は、どうぞお早めに動いてください。

かつお節ポテトチップス わさび味

かつお節ポテトチップスという商品を見つけました。
20180701-かつお節ポテトチップス (1)

ペンギンくんたちが、別添のかつお節に目を奪われ、どうしても欲しいというので、買ってきました。
かつお節は物流で落ちないように、両面テープでしっかりと接着されておりました。
20180701-かつお節ポテトチップス (3)

このかつお節は、ポテトチップスの袋に入れてシャカシャカとシェイクして食べるためのもの。
20180701-かつお節ポテトチップス (2)

まずは辛味を楽しむためにそのままいただく。
その次にかつお節を入れてまぶして辛味をマイルドにしていただくことを推奨しています。
20180701-かつお節ポテトチップス (13)

では、最初にそのままいただきます。
たしからに、ピリリと辛い。
(美味しいです。)
20180701-かつお節ポテトチップス (4)

田丸屋さんとのコラボのわさびなのですね。
20180701-かつお節ポテトチップス (5)

では、かつお節を入れます。
20180701-かつお節ポテトチップス (6)

シャカシャカ混ぜました。
あまり思いきってやりすぎるとチップスが粉々になりそうで、手加減しました。
20180701-かつお節ポテトチップス (7)

ほら見て、かつお節がまぶされています。
20180701-かつお節ポテトチップス (8)-加工
旨味がぐっと増しました。
使用している「わさび塩」には昆布が含まれているそうなので、かつお節の旨味成分との相乗効果がはたらいたのですね。
そして辛味がマイルドに変化しました。

シャカシャカと混ぜるのを多少手加減した成果、かつお節が適度にかかっているものもあれば、
20180701-かつお節ポテトチップス (9)

たくさんまぶされているものもありました。
20180701-かつお節ポテトチップス (10)

ハズレもあるようですね。
20180701-かつお節ポテトチップス (11)

バショウカジキは、さらにかつお節を混ぜて、最後まで美味しくいただきました。
ごちそうさまでした。
20180701-かつお節ポテトチップス (12)

すいかチョコチップクッキー

イトウ製菓さんのすいかチョコチップクッキーをペンギンくんたちにせがまれて買ってきました。
今年で発売 6 年目とのことです。
20180630-すいかクッキー (1)

期間限定すっごいスイカ味
と記載があったら、食べたくなりますね。
20180630-すいかクッキー (3)

皆が取り合いにならないように、3 連パックになっていますのでご安心ください。
20180630-すいかクッキー (4)

でも、食べ切りサイズで包装設計されているので、3 羽で 1 パックをシェアして食べきりましょう。
20180630-すいかクッキー (5)

ふたを一部あけたら、ふわっとスイカのいいにおいがしました。
20180630-すいかクッキー (6)

5 枚入っているから、バショウカジキさんも食べていいよと許可をいただきました。
20180630-すいかクッキー (7)

スイカの種に見立てたチョコチップが詰まっています。
20180630-すいかクッキー (8)

スイカ味の期待を裏切らず、かなり正確にスイカ味を表現しています。
驚きの味だね。
20180630-すいかクッキー (9)

クッキー生地の中に、スイカの果肉を練りこんであるところがポイント高いね。
20180630-すいかクッキー (10)

サクサクしたスイカ味クッキーは、バショウカジキペンのお勧めです。
見つけたらトライされるといいですよ。
20180630-すいかクッキー (11)

ちょぼちょぼ

ちょぼちょぼというお菓子は、みなさんすぐイメージできるでしょうか。
ボーロに近い組成のものです。
20180624-ちょぼちょぼ (1)

ペンギンくんたちのもぐもぐタイムにちょぼちょぼを用意して瓶にあけたら、ペンギンくんたちは初めて見ると言って瓶の中に入っていくちょぼちょぼを一生懸命観察しておりました。
20180624-ちょぼちょぼ (2)
20180624-ちょぼちょぼ (3)
20180624-ちょぼちょぼ (4)

あっという間にいっぱいになりました。
20180624-ちょぼちょぼ (5)

入りきらないものは食べていいっていうことだよね。
20180624-ちょぼちょぼ (6)

色が違うね、とペンギンくんたち。
20180624-ちょぼちょぼ (8)
20180624-ちょぼちょぼ (9)

2 種類あるの?
20180624-ちょぼちょぼ (7)

いやいや、裏と表で焼き色が違うのだよ。
20180624-ちょぼちょぼ (11)

ちょぼちょぼの味、食感がとても気に入ったそうです。
気に入ると、コーヒーに浮かべて大きく育ててみたくなりますね。
20180624-ちょぼちょぼ (19)

コーヒーに入れてみましょう。
20180624-ちょぼちょぼ (13 15 16)

あいにくあまり変化はなさそうです。
20180624-ちょぼちょぼ (17)

あまり育てがいのないお菓子なので、コーヒーに浮かべるのはやめましょう。
20180624-ちょぼちょぼ (18)

もぐもぐタイムのあとはペンギン・ビューティ・チェック。
顔はイケてるでしょうか。
20180624-ちょぼちょぼ (12)
イケてるんでねぇの。

仕事の「ついでに」買うおやつ

仕事と関連してケーキを買うことが最近多いですが、「ついでに」買うおやつがたくさんあります。
20180624-自家製洋酒漬けレーズンのレーズンサンド (2)

ビスキュイワッフル アーモンドというワッフルを買ったら、ペンギンくんたちの熱い視線が集まりました。
20180624-ビスキュイワッフル アーモンド (1)

アーモンドがごろごろと入っています。
20180624-ビスキュイワッフル アーモンド (2)

みんなでアーモンドのところが美味しいねと言いながらいただきました。
20180624-ビスキュイワッフル アーモンド (3)

みなさん真剣になりすぎて、お菓子まみれの顔になってしまいました。
20180624-ビスキュイワッフル アーモンド (4)

自家製洋酒漬レーズンのレーズンサンドも食べてみましょう。
20180624-自家製洋酒漬けレーズンのレーズンサンド (1)

とても美味しそうな黄金色。
20180624-自家製洋酒漬けレーズンのレーズンサンド (5)

ちょっと気温が高い日に置くと、今の季節はクリームが緩くなりますね。
ご注意を。
20180624-自家製洋酒漬けレーズンのレーズンサンド (6)

みなさん真剣なまなざしで見つめています。
20180624-自家製洋酒漬けレーズンのレーズンサンド (7)

武尊ペンは最近フライングが多いですね。
20180624-自家製洋酒漬けレーズンのレーズンサンド (8)

実はこのレーズンサンド、実際にいただいてみて思ったのは、洋酒がかなりはっきりときいていること。
20180624-自家製洋酒漬けレーズンのレーズンサンド (9)

ペンギンくんたちは洋酒成分が抜けるまで横になりましたが、実はバショウカジキも横になって数時間寝てしまいました。
美味しい洋酒使いのスイーツは、ひと口ふた口いただいたあと、このようなこともたまにあるのでした。
20180624-自家製洋酒漬けレーズンのレーズンサンド (10)



かわいいワンちゃん

最近、ケーキをよく買います。
仕事と関係があるために店を覗き、ついでに買ってしまうというわけです。
3 羽はとても嬉しそうですね。
20180627-ケーキ (1)-加工

「かわいいワンちゃん」というケーキがありました。
3 匹くださいとつい店員さんに言ってしまいました。
20180627-ケーキ (3)

各々がいいなぁと思うかわいいワンちゃんとご対面。
20180627-ケーキ (4)

ワンちゃんの種類は何でしょうね。
20180627-ケーキ (9)

ワンちゃんの中身はスポンジ入りホワイトチョコクリームを使用。
20180627-ケーキ (10)

ワンちゃんの中身の秘密を知ってしまった・・・・・・
20180627-ケーキ (11)

中心部にはラズベリーソースが使われていました。
20180627-ケーキ (12)
おこさま向けケーキだとは思いますが、おとなが食べても充分に楽しめます。

悪魔的なおいしさ、デビルズチョコケーキ

デビルズチョコケーキというものを、初めて知りました。
これは知る人ぞ知る濃厚なケーキだそうですね。
20180626-デビルズチョコケーキ (2)

2014 年の 2 月に発売されたとき話題になったそうですね。
また今年登場しているのだとか。
「悪魔的おいしさ」と書いてあります。
紙容器に入っています。
20180626-デビルズチョコケーキ (1)

悪魔の顔が側面にデザインされています。
おぉ、怖い!
20180626-デビルズチョコケーキ (3)

やわらかいのかと思いきや、スプーンで力をこめないと すくえません。
20180626-デビルズチョコケーキ (4)

ぎゅっと圧縮されたような、密度が高そうな見た目でしょ。
そう、重たさを感じます。
そして、とても、甘い。
20180626-デビルズチョコケーキ (5)

画像ではわかりにくいですが、真上にチョコレートクランチがまぶしてあります。
サクサクとした食感を生み出しています。
色の濃い上層の上は、ビターチョコレートのソース。
明るい色調の中間層は、チョコレートムース。
下層はガトーショコラ。
20180626-デビルズチョコケーキ (7)-加工

すべて濃厚なのです。

このケーキ、チョコレート好きにはおすすめします。
バショウカジキが思う悪魔的なささやきは、次のポイントかと。

1)とても甘くて美味しい
2)この体積の少なさで熱量が 381kcal、ダイエットの敵である
3)食べた直後は、もうチョコレートは当面いらないと思っても、お店に来店するとじわじわと食べたくなり買ってしまう
20180626-デビルズチョコケーキ (6)

ごちそうさまでした。


米国みやげ

つい先日、米国の流通大手 Amazon 社と Walmart 社などに出かけてきた友人から、お土産をいただきました。
お勤め先のお休みを取って、1 週間盛りだくさんのスケジュールでどん欲にリサーチをされてきたそうです。

Amazon Go アプリを事前にダウンロードし、シアトルの店舗でお買い物もしてみたそうです。
会計無しで店舗を出てくるのは何とも違和感ある体験だったそうです。

体験してみたいですよね。

さて、ちょこちょこお土産を買ってきたよと聞いておりまして、そのひとつを先日いただきました。
桃色の緩衝材に包まれたものがお土産です。
20180623-ブルーベリージャム (3)

ブルーベリージャムですね。
20180623-ブルーベリージャム (4)

バショウカジキが社内旅行のイベントで、数年前にサンドブラストにより作ったカジキのお皿の登場です。
20180623-ブルーベリージャム (1)

開栓したときにブルーベリーの香りがふわっとあがってきました。
20180623-ブルーベリージャム (5)

ヨーグルトにジャムをかけている最中も、ペンギンくんたちの熱い視線を感じます。
20180623-ブルーベリージャム (6)

では、混ぜてからいただきましょうか。
20180623-ブルーベリージャム (7)

見た目はおじやか何かに見えてしまい、やや幻滅かもしれません。
見た目はさておき、とても甘くて美味しいブルーベリーヨーグルトになりました。
米国のものは糖度が高めなのか、ショ糖の甘さがストレートにきますね。
20180623-ブルーベリージャム (8)
他にもお土産があるそうですが、いついただけるかな。
お待ちしております。

(決して催促ではありません。)

チョコミントパンケーキ

勤め先から戻ってくるのが深夜になったとき、なんとなく CVS に吸い寄せられてしまいます。

今夜、チョコミントパンケーキというものを見つけました。
20180622-チョミントパンケーキ (1)

う~ん、なんというか、食品で青みがかったものは日本にはほぼありませんから、なんとなくこの色味は抵抗感が否めません。
ペンギンくんたちは、全然抵抗感などないよと話しておりました。
20180622-チョミントパンケーキ (2)

開封後、ミントの香りがはっきりと強く立ち上がってきました。
20180622-チョミントパンケーキ (3)

2 個も入っているのですよ。
20180622-チョミントパンケーキ (4)

パンケーキ同士を剥がすと、ミント風味のクリームが中央にあり、その周りをチョコクリームが円形に囲っているという内訳でした。
20180622-チョミントパンケーキ (5)

パンケーキは、ふわふわですが食感がすこしもちもちしたテクスチャー。
20180622-チョミントパンケーキ (6)

一枚剥がした状態で食べ方を考えるひともいるでしょう。
20180622-チョミントパンケーキ (7)

なんだか柏餅みたい。
20180622-チョミントパンケーキ (8)

ひととおりチェックしたので、パンケーキをゆっくりといただきます。
20180622-チョミントパンケーキ (10)

フリーズドライのスープ いろいろ

先日、丸の内の JP タワー内にあるアマノ フリーズドライ ステーションにて購入したスープ、さっそくいただきました。
街のスーパーマーケットで売っているは主にお味噌汁シリーズのようですね。

ステーションのみで扱っているポタージュなどの商品を購入してみました。
20180612-アマノフーズ-加工

トマトスープは旨味が豊富なレシピです。
20180621-アマノフーズ (2)

実際にトマトを凝縮するとこういう味に近づくのかなと思わせるような味でした。
20180621-アマノフーズ (1)

かぼちゃのポタージュは、香りづけも控えめです。
20180616-アマノフーズ (1)

かぼちゃの加工品は、ただただ甘い香りをつけたようなものが見られる中、このポタージュは素材を主役にして着香も控えめ。
20180616-アマノフーズ (3)

えだまめのポタージュ。
豆臭いにおいが苦手な方にはおすすめしにくいですが、逆にえだまめの雰囲気はよく出ており、バショウカジキペンもバショウカジキも気に入りました。
20180614-アマノフーズ (1)

夏に向けて、これをもう少し買い足そうかと思います。
20180614-アマノフーズ (2)

たこやきの缶詰

ぴょんみさんから、食レポのお仕事のお話をいただきました。
20180612-ぴょんみさんより (9)

ところで缶詰は何かしら。
20180612-ぴょんみさんより (10)

あ、知ってる!
以前に食べたことがある。
20180612-ぴょんみさんより (11)

では、いただきましょう。
20180612-ぴょんみさんより (26)

このどろっとした姿から、もうたこやきではないと言いきってはいけないのです。
20180612-ぴょんみさんより (27)

ミートボールを煮たもの、またはがんもどき、などと言ってはいけません。
20180612-ぴょんみさんより (28)

食感はとてもやわらか。
周りにからまったソースがたこやき感を演出しているわね。
20180612-ぴょんみさんより (29)

青のりがかかっていてほしいな。
20180612-ぴょんみさんより (30)

タコさんに出会えてうれしい。
やわらかくなりすぎているタコを、たこやき内部から見つけたのでした。
20180612-ぴょんみさんより (31)

話題性がある缶詰だとは思います。
視点がユニークです。

でもペンギンくんたちは、缶詰のたこやきを食べるのは、いただきものとしていただいたときだけでいいな、次は屋台でアツアツを食べたいと意見を述べておりました。
20180612-ぴょんみさんより (32)

割れたんねん

ぴょんみさんにいただいたお菓子の中に、「割れたんねん」というものがありました。
20180612-ぴょんみさんより (14)
関西の方の話し言葉「~たんねん」と「丹念」をかけているのでしょう。
丹念に作ったおせんべいなのですね。

米を精米して糠と白米に分かれ、揚げせんべい加工の過程で奇跡の再開を果たすというイラスト入り。
20180612-ぴょんみさんより (15)

調味料を厳選しており、余計なにおいも感じられず、原材料がわかってしまうようなフレーバー。
20180612-ぴょんみさんより (16)-加工

関東には、「こわれせん」とか「割れせんべい」という名称で似たような揚げせんべいがあります。
20180612-ぴょんみさんより (17)

 バショウカジキはこういう商品は、小さいかけらから選んで食べていく癖があります。
食べながら、徐々に手に取るせんべいは大きなかけらになるのでした。
20180612-ぴょんみさんより (18)
そのようなことを考えつつ選んで食べている方は世の中にいらっしゃるでしょうか。

ハッピーターン

ぴょんみさんから、ボクらは食レポを期待されています。
勝手にそう思っている部分もあるかもしれません。
20180612-ぴょんみさんより (3)-加工

お仕事だね。
20180612-ぴょんみさんより (9)

これ、バショウカジキは知っているかもしれません。
20180612-ぴょんみさんより (10)

あぁやはり。
これ、以前にいただいたことがありますね。
ペンギンくんたちには後日に、あらためて食レポをお願いしますね。
20180612-ぴょんみさんより (11)

今日はハッピーターンのとうもろこしフレーバーをいただきましょう。
20180612-ぴょんみさんより (12)

ペンギン・ビューティ・チェックができる外箱がお気に入りです。
20180612-ぴょんみさんより (13)
いいんでねぇの。

意外にも、甘い香りがふんわりと漂います。
20180612-ぴょんみさんより (21)

バショウカジキペンは、さくさくした食感がハッピーターンの良さだよね、と申しております。
20180612-ぴょんみさんより (23)

ペンギンさんは、市販の粉末コーンスープと同じフレーバー成分を感じるとコメントしておりました。
20180612-ぴょんみさんより (24)

武尊ペンは、食べる前からすでに、顔がおもしろいことになっています。
おそらく、ハッピーターンを間近で見すぎたのでしょう。
楽しんで召し上がれ。
20180612-ぴょんみさんより (22)
あとで顔をきれいにしましょう。

いただきもの

最近、とあるお店の焼菓子を食べていないな、買いに行こうかな、と思っていたら、そのお店の焼菓子をおすそ分けで友人からいただきました。
20180617-いただきもの (1)

欲しい欲しいと念じると、夢がかなうのかね?
それならば、毎日、おやつが欲しいと念じるよ。
20180617-いただきもの (3)

こちらのお店にも、マルセイバターサンドとよく似たお菓子があります。
どちらのお店のものも、とても美味しいですね。
20180617-いただきもの (2)-加工

室温に置いたから、少しふにゃっとしてしまいました。
20180617-いただきもの (5)

じゅうぶんに冷やしてから、いただきましたよ。
20180617-いただきもの (6)

アーモンドスライスが入ったクッキーは、たくさんいただきました。
20180617-いただきもの (4)

色と香りが大好きです。
20180617-いただきもの (7)

たくさんあるからって、大人食いしてはいけません。
えぇ、わかっています。わかっていますとも。
でも、休日にいただくと、あると食べちゃう病で瞬く間に消えてしまうのでした。
20180617-いただきもの (8)

アボカドのスナック

この季節、洋菓子屋さんや CVS に行けば抹茶・緑茶を使ったデザートが目につきますし、冷凍ショーケースを覗けばそれらのアイスクリーム商品が目につきます。

スナック菓子コーナーでも緑色のパッケージが目につきました。

でもアボカド(&ワサビ)による緑色パッケージなのでした。
20180616-アボカドーサ (1)

アボカドはバショウカジキさんの大好物ね。
20180616-アボカドーサ (2)

わさび醤油仕上げと書かれてあります。
20180616-アボカドーサ (17)

開封時にふわっと立ち上がってきたにおいは、バターの香り。
アボカドのにおいは、う~ん???
20180616-アボカドーサ (15)

チーズを思わせる三角の形です。
20180616-アボカドーサ (3)

穴が開いているお菓子だね。
20180616-アボカドーサ (5)

ひょっとして、「アレ」やるの?
20180616-アボカドーサ (6)

「アレ」。
20160502-そばぼうろ (5)-加工3

やるよ、当たり前でしょ。
穴の開いたお菓子では、必ず穴から覗きますよ。
20180616-アボカドーサ (7)

みなさん 3 羽同時に覗きたいなど言いませんよね?
それは無理ですよ。
20180616-アボカドーサ (8)

では 1 羽ずつ。

ペンギンさん。
20180616-アボカドーサ (9)

武尊ペン。
20180616-アボカドーサ (10)

最後にもう一度バショウカジキペン。
20180616-アボカドーサ (11)
みなさん、よくできました。

山分けだね。
20180616-アボカドーサ (13)

もちろん、バショウカジキも仲間に入れてくださいよ。
20180616-アボカドーサ (14)

ドック

ぴょんみさんからお便りをいただきました。
高速道路でいつも見かける絵柄、今回は助手席だったので写すことできたそうです。
ねじの物流センターのようですね。
20180612-ぴょんみさんより (4)-加工
20180612-ぴょんみさんより (5)-加工

さて、バショウカジキは人間ドックを受けました。
ひととおり終わってからいただく食事が楽しみです。
20180613-人間ドック (1)-加工

いつも食後はこの器にゆずシャーベットなのですよね。
20180613-人間ドック (2)

またこれから 1 年、健康で過ごしてこのセンターに健診に来て、お昼ごはんをいただけますように。
20180613-人間ドック (3)

お抹茶を用いたケーキ

バショウカジキさんがケーキを買ってきたよ。
売店を通りかかって、ふと目に留まったのだって。
20180611-コージーコーナー (1)-加工

1 個だけ買ったのか。
20180611-コージーコーナー (2)

ちょっと食べてみたいな、と思ったのだって。
西尾のお抹茶を使ったケーキだって。
20180611-コージーコーナー (7)

お抹茶・緑茶ものは遮光が求められるけれども、日配のケーキにも必要なのかと少し驚き。
20180611-コージーコーナー (9)

株式会社コージーコーナーさんのニュースリリースでは、お抹茶を使ったケーキをひとつひとつ説明されています。
手軽にまとめて見るには、下記サイトがよろしいかと思います。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000537.000004367.html

ふんだんにお抹茶が使われていますね。
「抹茶のミルクレープ~西尾抹茶使用~」という名前のケーキだそうです。
20180611-コージーコーナー (14)

食べるのがもったいなくて、しばらくケーキを愛でました。
20180611-コージーコーナー (17)

遮光の効果があって、サイド面の色調は、いま切ったばかりの断面の色調と変わりありませんね。
20180611-コージーコーナー (18)

しっとりとしたミルクレープでした。
6 月 17 日までの販売だそうです。
食べてみたい方はどうぞお早めにお買い求めください。
20180611-コージーコーナー (20)

パンドルチェ ジェノベーゼ

La Rose des Japonais で自宅にお土産を買って帰ってきました。
パンドルチェ ジェノベーゼ。
ずっしりと重たくて美味しそうなものです。
20180610-パンドルチェジェノベーゼ (1)

もう食べたくて仕方がないです。
20180610-パンドルチェジェノベーゼ (2)

大きいお菓子は、ついつい一度に食べすぎてしまう傾向があります。
20180610-パンドルチェジェノベーゼ (4)

真夜中だから、少し小さなカットを食べることにしましょう。
20180610-パンドルチェジェノベーゼ (6)

とてもいい香りがします。
20180610-パンドルチェジェノベーゼ (7)

ドイツでクリスマスを待ちながら毎日いただくシュトーレンに似ています。
20180610-パンドルチェジェノベーゼ (8)

材料的にもだいぶリッチなのではないかと。
20180610-パンドルチェジェノベーゼ (9)

アーモンドを砕かずにたくさん載せているところが気に入りました。
20180610-パンドルチェジェノベーゼ (10)

あると食べちゃう病に年間通して罹患しているバショウカジキですが、このドルチェについては ゆっくりと楽しみながらいただこうと思います。
20180610-パンドルチェジェノベーゼ (5)-加工

20180609-La Rose des Japonais

ラ・ローズ・ジャポネへケーキをいただきに来店しました。
金町から亀有に今年の3月にお引越しをしています。
20180609-La Rose des Japonais (1)


香取神社敷地内にお店を構えています。
20180610015716010.jpeg

ボクら、ラ・ローズ・ジャポネに来られてとっても嬉しい!
201806100214489dc.jpeg

ケーキを作る様子も見えるのがいいのです。
あまりじーっと見ては仕事がしにくいでしょうから、遠くから控えめに眺めています。
201806100217564ce.jpeg

注文お願いします。
20180609-La Rose des Japonais (6)-加工


ケーキを待つ間にペンギンくんたちはおしゃべりを。
20180610022214813.jpeg

ケーキがテーブルに届きました!

サントノーレ ア ラ カシス
色も美しいですね。
20180610022359f94.jpeg

ピクシー
看板商品でもあり、日中も職人たちがピスタチオクリームを常に作りながらどんどん作っていくおかげで、一日中いただくことが可能となりました。

以前は開店30分の間に売り切れていたものではないかと。
201806100224194ef.jpeg

とても素敵でしょう?
20180610022439795.jpeg

ペンギン・ビューティ・チェックの時間ですね。
2018061002225452f.jpeg
2018061002251220c.jpeg
20180610023349779.jpeg
2018061002341136e.jpeg
みなさん笑顔がいいんでねぇの。

ジャムラテ

今年アヲハタさんに遊びに出かけた際、瀬戸内の柑橘を用いたママレード(夏みかん、レモン)を購入したら、シェイカーをおまけにいただきました。
東京ではこのママレードは流通していないのではないかな、とアヲハタ社の友人が言うので、じゃあこれを、と買い求めたのです。
20180608-ジャムラテ (3)

今日はジャムラテの気分だね。
20180608-ジャムラテ (5)

夏みかんママレードのふたを開けました。
開けた瞬間から、夏みかんのすてきな香りが漂いました。
20180608-ジャムラテ (6)

大さじ 1 のママレードに対して、牛乳 100ml と記載がありましたが、ペンギン界の大さじは、この瓶の口にあいにく入れられません。
20180608-ジャムラテ (7)

小さじ 3 のママレードを入れることにしました。
20180608-ジャムラテ (8)

夏みかんのカットが割と大きめのママレードですね。
20180608-ジャムラテ (9)

次は牛乳を入れるのだね。
20180608-ジャムラテ (10)
20180608-ジャムラテ (11)
20180608-ジャムラテ (12)

100ml の牛乳が入りました。
20180608-ジャムラテ (13)

シェイカーを開けたら、あわあわラテができあがっておりました。
20180608-ジャムラテ (16)

ガラスのグラスに注ぎました。
20180608-ジャムラテ (17)

このママレード、牛乳の中で攪拌されてもなお、すてきな香りを放っておりました。
瀬戸内の柑橘を、パンに塗るだけではなくこうしてラテにも使えるので、美味しいママレードやジャムを家で楽しむシーンはますます増えそうです。
20180608-ジャムラテ (18)

ブールドネージュ 4 種

ブールドネージュはたびたびブログに登場します。
バショウカジキが大好きなお菓子です。
アーモンドプードル入りの生地にナッツを入れて焼き、仕上げに粉糖をまぶすもの。
卵は使いません。
ホロっとした食感がいいのですよね。

英名ではスノーボールと呼ばれています。

値段と味とを総合し、無印良品から発売されているシリーズをお奨めします。
20180607-ブールドネージュ (1)

え、4 種類あるの?
20180607-ブールドネージュ (2)

白っぽいものは、どれがどれだかわかりにくいです。
20180607-ブールドネージュ (3)

ペンギンくんたちの眼ヂカラで、それぞれの商品の特徴が文字としてあぶりだされました。
同時に、眉毛もあぶりだされ?ました。
20180607-ブールドネージュ (4)-加工

ペンギンさんはプレーンのブールドネージュをいただきました。
20180607-ブールドネージュ (7)

武尊ペンは、酸味がアクセントのレモンのブールドネージュ。
20180607-ブールドネージュ (6)

バショウカジキペンは、やや褐色づいたキャラメルのブールドネージュ。
20180607-ブールドネージュ (5)

ついでにいちごのブールドネージュもいただきましょうよ。
20180607-ブールドネージュ (8)

イチゴ色だね。
20180607-ブールドネージュ (9)

イチゴの香りが鼻から抜けます。
これも美味しいぞ。
20180607-ブールドネージュ (10)

みな、頬がほんのりとイチゴ色に染まりました。
20180607-ブールドネージュ (11)-加工

ところで・・・
開封した際の開き方が、いつも少しだけ不満なのでした。
開け方を誤っているのかな、と思います。
もっと食べやすい開き方をご存じの方は、お教えくださいね。
20180607-ブールドネージュ (12)

東京百年物語-焼きキャラメル2

東京百年物語-焼きキャラメルは、武尊さんがイチオシする焼菓子です。
東京駅ナカのecute東京 South Court で買える、東京百年物語。
20171217-東京百年物語 (7)-加工

武尊ペンが得意げです。
20180531-東京百年物語 (2)

底面のデザインはこれまた違いますね。
ついつい別物かと勘違いします。
20180531-東京百年物語 (3)

おやつはほどほどにしないと注意されるけど、いま、どうしても食べたい。
20180531-東京百年物語 (4)

ひとつ取っても立派ですよね。
20180531-東京百年物語 (5)

においからして、とても甘そうだなと思いきや、
20180531-東京百年物語 (6)
20180531-東京百年物語 (7)

キャラメルのほろ苦さ、甘さのバランスが上手に取れていて、おとなのみなさんにも好まれそうな焼き菓子です。
20180531-東京百年物語 (8)

しっとりとしているところがいいのですよね。
20180531-東京百年物語 (9)

武尊ペンは特に嬉しそうです。
20180531-東京百年物語 (10)

<お知らせ>

6 月 10 日まで、東京駅ナカ グランスタB1F シーズンセレクトにて、第一弾の「焼きキャラメル」に続き、第二弾の先行販売を行っています。
第二弾はキリンレモンを使用した「キリンレモンサンドクッキー」だそうです。
チョコサンドクッキー、気になりますね。
http://www.tokyoinfo.com/news/event/20171211.html

サブレ ポワソン(ダロワイヨ)

東京駅ナカのダロワイヨで、サブレ ポワソンを買いました。
20180525-おさかな (1)

さかなの形がかわいらしい。
20180525-おさかな (2)

6 匹もおさかなが入っているね!
20180525-おさかな (3)

どうやって食べるかい?
20180525-おさかな (4)

ふと、長崎のペンギン水族館のかわいらしいペンギンたちを思い出しました。
アジを頭から丸飲みしていましたね。
20180324-フンボルトペンギンの餌やり体験 (11)-加工

ペンギンさん
20180525-おさかな (8)

武尊ペン
20180525-おさかな (6)

バショウカジキペン
20180525-おさかな (7)

幸いなことに、水族館で観る「アジ争奪戦」のような状況にはなりません。
美味しくサブレをいただきました。
20180525-おさかな (5)

ミニストップのソフトクリーム

CVS のミニストップに販売されているソフトクリームバニラ味がとても美味しいと聞きました。
20180520-ミニストップソフト (1)

買って持ち歩けるように、クリームの上側がコーンでカバーされておりました。
20180520-ミニストップソフト (2)

買ってから、これはどうやって食べるのか?と悩みまして、美味しいと教えてくれた方に LINE で問合せ。
ペンギンくんたちは「待て」と言われるワンコのようです。
20180520-ミニストップソフト (4)

でもカンカン照りの日にあまり待てませんね。
上側のコーンを外しました。
20180520-ミニストップソフト (6)

途中で気づきましたが、下側のコーンは平らなので、状況に応じて置くこともできるのです。
ありがたい。
20180520-ミニストップソフト (5)

上側のコーンにソフトクリームを適量盛って、コーンごといただきました。
20180520-ミニストップソフト (7)

・・・とそのとき、コーンごとかぶりついていますよと LINE からお返事をいただきました。
その食べ方は次回に試しましょう。

下側のコーンのクリームもいただきます。
20180520-ミニストップソフト (9)

バニラクリームの風味もいいですし、余計な味もなくストレートに美味しいな、と感じます。
20180520-ミニストップソフト (10)

今度また、買ってきましょう。
20180520-ミニストップソフト (11)

紀ノ国屋のサブレブラン/切手

紀ノ国屋にも、ブールドネージュのようなものがあります。

ペンギンくんたちのブールドネージュの定義は、「表面にまぶした粉砂糖で顔にまゆ毛が作れる焼菓子」とのことでした。
20180519-サブレブラン (1)

美味しそう。
20180519-サブレブラン (2)

そして、なんだかまゆ毛が作れそだね~。
そだね~。
20180519-サブレブラン (3)
流行り言葉を使ってみたいと思うペンギンくんたちです。

今日はちょっときりっとしたイメージだね。
20180519-サブレブラン (5)
20180519-サブレブラン (4)

肝心なお味はいかがでしょうか。
20180519-サブレブラン (6)

杏仁粉を添加したものは初めていただきました。
杏仁豆腐と同じフレーバーが特徴的なサブレブランでした。
ホロっとしていて口の中で溶けていく食感はとても好ましいです。
20180519-サブレブラン (7)

話題は変わり、切手のお話です。
20180519-切手 (1)-加工

北欧をイメージさせる色使いのムーミンの切手。
画像の切手は 82 円ですが、62 円切手も別柄であります。
どちらも素敵です。
20180519-切手 (2)

星座シリーズは終了したのか、今度は天体シリーズが始まっていたのですね。
星座シリーズよりも華やかです。
これだけ買うと、郵便物を出すときにはしばらく楽しめそうです。
20180519-切手 (3)

ペンギンくんたちにお土産

この 1 週間、外出が続いて忙しかったです。
もろもろが終わって、金曜日の夜に美味しい洋菓子を買い求めました。
20180518-WEST (1)

銀座 WEST の焼菓子です。
本当は、ポロンが買いたかったのですが、今は製造をお休みしているということを聴き、少し残念。
○ポロン

そこで、結局はいつも買う定番二種類を買い求めました。
「サブレスト」と「ジンジャーl」。
20180518-WEST (2)

バショウカジキの大好物のサブレスト。
ペンギンくんたちも食べたことはあるよね?
20180518-WEST (3)

スライスアーモンドが結構入っています。
20180518-WEST (4)

みなさん美味しかったと。
ありがとうございます。
20180518-WEST (5)
20180518-WEST (6)
20180518-WEST (7)

ジンジャーはいかがでしょうか。
20180518-WEST (8)

サブレストよりも面積が一回り小さくなっています。
20180518-WEST (9)

生姜がピリッときいています。
強烈過ぎず、ほのか過ぎず、ちょうどよい程度。
WEST の中では新しいものなので、召し上がったことがなければ ぜひお試しを。
20180518-WEST (10)
20180518-WEST (11)
20180518-WEST (12)

ブールドネージュ

ブールドネージュはペンギンくんたちの大好きなお菓子です。

セブンイレブンさんでも「アーモンドボール」という名称で販売されているので、今回購入してみました。
20180516-アーモンドボール (1)

一般的なブールドネージュよりも、まぶしてある粉砂糖の量が少なめかな。
20180516-アーモンドボール (2)

粉砂糖が少なめではありますが、バショウカジキが期待する、いつものお約束をやってくれたペンギンくんたちです。
20180516-アーモンドボール (4)

大きいから半分に割ってみました。
中にアーモンドダイスが入っていました。
これは特徴的ですね。
20180516-アーモンドボール (5)

さくさくとした食感に魅力を感じるそうです。
20180516-アーモンドボール (6)

ペンギンさんはおやつにペンギン一倍(人一倍)うるさいので、まるごと一個いただきます。
20180516-アーモンドボール (7)

他のお店のブールドネージュも見つけたら買ってみようと思っています。
20180516-アーモンドボール (3)

母の日のお土産(後ペン)

母の日のお土産として買ったゼリー。
20180512-ゼリー (7)

全体を崩すように混ぜると炭酸が出てくるしかけのものでした。
20180512-ゼリー (8)

涼しげでしょう?
20180512-ゼリー (10)

添え付けのスプーンは、見たことがない形状でした。
この商品に適した、すくいやすい形状ということでしょうか。
20180512-ゼリー (12)

「スプラッシュジュレ」
星型ナタデココ、すいか、ブルーベリー、ソーダジュレが入っています。
20180512-ゼリー (14)

かき混ぜました。
20180512-ゼリー (15)

5 秒ほど待つと炭酸が発生。
20180512-ゼリー (18)

なんとおいしいのでしょう。
ソーダの炭酸も堪能できる素敵なゼリーでした。
20180512-ゼリー (21)
20180512-ゼリー (19)
20180512-ゼリー (20)

「昔ながらのクリームソーダ」
バニラムース、チェリー、ナタデココ、メロンソーダジュレが入っています。
20180512-ゼリー (23)

かき混ぜました。
20180512-ゼリー (24)

これ、武尊さんが好きなタイプのゼリーだ。
さすが武尊ペン。よくわかっていますね。
20180512-ゼリー (25)
20180512-ゼリー (26)
20180512-ゼリー (27)

個性豊かなゼリー。
もう 1 回買ってみたいと思います。
ごちそうさまでした。
20180512-ゼリー (9)

母の日のお土産(前ペン)

東京駅の構内を歩いておりましたら、微炭酸ゼリーを見つけました。
20180512-ゼリー (1)

母の日を思い浮かべまして、買って帰ってみました。
20180512-ゼリー (2)

何と書いてあるのか知りたくなり、どこぞの翻訳ソフトを使ってみました。
20180512-ゼリー (3)

う~ん?
たしかに、やわらかいゼリーだし。
20180512-ゼリー (6)

底の方をかき混ぜるようにお召し上がりくださいと店員さんからアドバイスをいただきました。
底の方に微炭酸が潜んでいるそうで。
20180512-ゼリー (4)

ひんやりと美味しそうです。
20180512-ゼリー (5)

(つづく)

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ