プロフィール

バショウカジキ

Author:バショウカジキ
Suicaペンギンと一緒にあちこち出かけて楽しんでいます。

カテゴリ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ペンギン画像投稿BBS

画像掲示板の閲覧は コチラ
クリックして下さい。
新規投稿は投稿するボタンからも
ご投稿できます。

訪問者

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新トラックバック

QRコード

QR

バレンタインデー

本日、ボクらの出番はおやすみです。
20180210-NUMBER SUGAR (31)-加工

近所の郵便局へ行きましたら、バレンタインデー向けの姿に郵便ポストが変身しておりました。
チョコレートを郵便で送るということも、あるかもしれませんね。
20180211-郵便ポスト-加工

今日は、iPhone のバッテーリー交換の話をいたしましょう。

こちらは都内某所 Apple ○○。
エレベータ前。
20180211-Apple Store 銀座 (2)-加工

事前に予約枠を確保し、来店して対応待ちしている方々です。
20180211-Apple Store 銀座 (1)-加工

バショウカジキは iPhone 6 Plus のバッテリー切れが著しくなってきたので交換の予約を取り来店しました。
結論として 3 月下旬 ~ 4 月上旬まで交換が見送りになりました。

全世界的に 6 Plus のバッテリーが不足しているという噂がありましたよね。
スタッフから直に聞き、自身の iPhone にも実際に影響する話としてふりかかってきて、初めて実感しました。

しばらくは充電器を日常的に持ち歩く生活が続きそうです。
スポンサーサイト

トラディショナルマーマレード

ペンギンくんたちは、昨夏にバショウカジキがアヲハタ様で作ったトラディショナルマーマレードが大好きです。
20180208-マーマレード (1)-加工

おヘタなペンギンマークが瓶に入っている点は、ご愛嬌ですな、と申しております。
20180208-マーマレード (2)-加工

最近の主流とされるジャムの糖度は、従来の「トラディショナル」なものと比べて低く抑えてあります。
でも、これは糖度そのまま。
20180208-マーマレード (3)

今日はパンにつけていただきます。
20180208-マーマレード (4)

バショウカジキペンは、皮の苦みがアクセントになっていると申しております。
20180208-マーマレード (5)

武尊ペンも同感だそうです。
20180208-マーマレード (6)

ペンギンさん、それはちょっと欲張りすぎではありませんか?
20180208-マーマレード (7)
美味しいと言ってくださる方々に、このマーマレードを今後も共有したいと思います。

ユーイチローエーアー Pizzeria YUICIRO&A (後ペン)

(昨日前ペンからのつづき)

あさりの白ワイン蒸しです。
20180203-ユーイチローエアー (11)

とてもやわらかい身。ふっくらとしています。
20180203-ユーイチローエアー (13)

ぎりぎりの火入れなのでは?と思うようなアサリもありました。
ちょっと珍しいです。
20180203-ユーイチローエアー (12)

ポモドーロ コン ヴェルドゥーラです。
20180203-ユーイチローエアー (14)

真っ白なお腹のペンギンくんたちは、いつも要注意するお料理のひとつ。
20180203-ユーイチローエアー (15)

酸味がはっきりとしたトマトソースのパスタ。
美味しいね。
20180203-ユーイチローエアー (16)

アンチョビ モッツァレラ トマト ジャガイモです。
20180203-ユーイチローエアー (21)

焦げ目がとても食欲をそそるのでした。
20180203-ユーイチローエアー (22)

美味しくて、大きな口を開けながらいただき、どんどんと食が進みます。
20180203-ユーイチローエアー (23)

追加でもう一枚、ピザを頼みました。
Fabio というオリジナルピザ。
江の島にいらしたときに思いついたものだそうですよ。
20180203-ユーイチローエアー (24)

ペンギンくんたちは、これがとっても気に入ったそうです。
20180203-ユーイチローエアー (25)

今度バショウカジキさんと再度来店したときには、これをリクエストしたいと申しておりました。
20180203-ユーイチローエアー (26)

照明を落としている店内で、ペンギン・ビューティ・チェックは難しいですね。
20180203-ユーイチローエアー (27)

柑橘のジェラティーナ。
20180203-ユーイチローエアー (28)

鮮度を生かしたままゼリーにするのも、技術の一つですね。
感激しました。
20180203-ユーイチローエアー (29)

トルタ ディ チョコラータ
20180203-ユーイチローエアー (31)

ペンギンくんたちは、これをテイクアウトできないかと話しておりました。
武尊さんもバショウカジキも、同じことを考えております。
次回の来店時に、相談してみたいと思っております。
20180203-ユーイチローエアー (32)

ごちそうさまでした!

浅草/ユーイチローエーアー Pizzeria YUICIRO&A(前ペン)

仕事を終えた後、業界の打合せで浅草へ行きました。
炎が最近お色直しをしたので、キンピカに光っています。
20180207-浅草 (1)

打合せ後、ビアレストラン フラムドールに移動しました。
バショウカジキは下戸なので、残念ながらクラフトビールの良さを堪能することは難しいです。
皆様が頼んでいるビールを画像に写してみました。
皆様がおいしそうにめしあがっているのを見て、満足をいたしました。
20180207-ビアレストラン フラムドールにて

さて、ところ変わって立川にあるレストランのお話。
ユーイチローエアーというお店。
人気店なのだそうです。
ペンギンくんたちに、食べたいものを注文してもらいました。
20180203-ユーイチローエアー (1)

パスタから1品。
20180203-ユーイチローエアー (2)

ピザから1品。
20180203-ユーイチローエアー (3)

まだまだイケるということで、ピザをもう1品。
20180203-ユーイチローエアー (17)

ドルチェもいきましょう。
20180203-ユーイチローエアー (19)

注文後、ひと息ついたところで厨房を眺めてみました。
20180203-ユーイチローエアー (8)-加工

釜で焼くピザに期待が膨らみます。
20180203-ユーイチローエアー (9)-加工

ペンギンくんたちも、冷たい飲み物のそばで談笑です。
20180203-ユーイチローエアー (4)

(後ぺんへつづく)

ジンジャークッキー

IKEA でいつもおやつを買ってきます。

今回はジンジャークッキーを購入しました。

ジンジャークッキー(黄色)、アーモンド入りジンジャークッキー(橙色)。
20180206-ジンジャークッキー (1)

ジンジャークッキー
20180206-ジンジャークッキー (4)
アーモンド入りのジンジャークッキー
20180206-ジンジャークッキー (3)

たくさん入っていて嬉しいね。
20180206-ジンジャークッキー (2)

それぞれ1枚ずついただきましょうか。
20180206-ジンジャークッキー (5)

バショウカジキペンは、シンプルな味のジンジャークッキーが好みだそうです。
20180206-ジンジャークッキー (6)

武尊ペンは、アーモンドスライスが入って味に深みが増したジンジャークッキーが美味しいと言います。
20180206-ジンジャークッキー (7)

ペンギンさんは、一度に 2 種を食べるに決まっているじゃない!と言います。
20180206-ジンジャークッキー (8)

これからしばらくは、毎日のおやつタイムを楽しくすごせそうです。
20180206-ジンジャークッキー (9)

IKEA

ちょっとした隙間時間に、IKEA へ遊びに行ってきました。
土曜の午後、カフェテリアは大勢の方がお食事をしていました。
20180203-IKEA (2)-加工

あ、ここではペンギン・ビューティ・チェックができないのか。
20180203-IKEA (1)

バショウカジキペンが、代わりに炭酸水でみんなに披露してくれたのがこちら。
ちょっと人相が悪い(基、ペンギン相が悪い)感じ。
2 羽のペンギンくんたち、笑ってあげましょうね。
20180203-IKEA (4)

アデリーペンギンのカレンダー

消防犬ぶん公さんから、南極観測隊カレンダーの 2 月の写真をご紹介いただきました。
アデリーペンギンさんの子育て。
親子のサイズの違いにびっくりです。
201802-カレンダー(消防犬ぶん公さん)-加工
画像をありがとうございました。

バショウカジキの家のカレンダー、2 月はこちら。
顔の表情にご注目。
201802-カレンダー-加工

ちなみに 1 月はこのような絵でした。
ひと月終わって破らずにすむタイプのカレンダーは嬉しいですね。
201801-カレンダー-加工

贅沢苺のプリンパフェなど

ペンギンくんたちが見つめているメニュー。
贅沢苺のプリンパフェ。
1 月限定メニューです。

どうしても、武尊さんがこれを食べたいと言うんですよ。
20180127-イノダ (1)

すごいな。
プリンから何から、背景のビル街のように、そびえ立って見えます。
20180127-イノダ (2)

ペンギンさんは、ただただ驚くばかり。
20180127-イノダ (3)

ペンギンちゃんは、真っ赤な苺に興味があるようです。
20180127-イノダ (4)

武尊ペンは、イチゴのアイスクリームが欲しいとか。
(これ、ハイチュウを思い出す味でした。)
20180127-イノダ (5)

バショウカジキペンは、てっぺんの苺に注目していました。
20180127-イノダ (6)
武尊さんがペンギンくんたちとともに、あっという間にたいらげてしまいました。


その一方で、バショウカジキさんが頼んだカフェショコラ。
何だかとても小さく見えますよね。
20180127-イノダ (7)

あっ!
20180127-イノダ (8)

フライングですよ。あごについています。
20180127-イノダ (9)

おっと。
巻チョコレートを前によろめいてしまいました。
フライングに記録されますよ。
20180127-イノダ (10)

カフェショコラは濃厚なチョコレートクリームが口中に広がり、冬に似合うケーキでした。
20180127-イノダ (11)

ケーキをあごにつけたり、巻チョコレートによろめいたりしましたから、いったん顔をふきました。
ペンギン・ビューティ・チェックで問題ないことを確認しましたよ。
20180127-イノダ (12)-加工
いいんでねぇの。

Le Rencontre(国立)

WORLD BREAKFAST ALLDAY にて、フィンランドの朝食を食べに行く機会にめぐまれました。
後日にお話をさせていただきます。
20180127-WORLD BREAKFAST ALLDAY (1)-加工

さて、本日はペンギンくんたちの出番はお休みです。
Le Rencontre(国立)というレストランへ、年始に来店しました。
20180113-Le Rencontre (1)-加工

アミューズ(お楽しみ)はタラとジャガイモのペースト。
20180113-Le Rencontre (5)-加工

冷たいオードブル。
ナスタチウムも使われていました。
20180113-Le Rencontre (6)

自家製のパンは、おかわり自由です。
ライ麦パンと、キヌワ入りのパン。
20180113-Le Rencontre (7)

温かいオードブル。
牡蠣とエノキダケのパン粉焼き。
20180113-Le Rencontre (8)-加工

白菜のポタージュ。
体が温まります。
20180113-Le Rencontre (9)

メインとして、魚料理を選びました。
手前はマダイ、向こう側はオマール海老をパイ生地で包んだもの。
20180113-Le Rencontre (10)

お口直しとして、ブラッドオレンジのシャーベット。
すっきりしましたね。
20180113-Le Rencontre (11)

そして、長崎リンゴタルトとアールグレイのガナッシュをいただきました。
20180113-Le Rencontre (12)

一口デザート付きのコーヒー。
トリュフがとても美味しかった。
20180113-Le Rencontre (13)-加工
新年から美味しいお料理をいただきました。

眼ヂカラ

今週は大雪が降りましたね。
次の日から晴天が続き、近所の雪だるまも徐々にユニークな姿に変わりました。
20180123-雪

ペンギンくんたちが、4 羽揃ってごはんを食べにやってきました。
4 羽の眼は合計 8 個。
きっとチカラを発揮するはず。
20180113-イノダ (8)

武尊さんが頼んだスパゲッティに、サラダがついてきました。
プチトマトが並んでいます。
20180113-イノダ (1)

バショウカジキさんが頼んだサンドイッチ。
こちらにはプチトマトがないですね。
20180113-イノダ (2)
眼ヂカラの発揮しどころです。

プチトマトがひとつ、やってきました。
20180113-イノダ (3)

プチトマトのふたつめもやってきました。
20180113-イノダ (4)
眼ヂカラでトマトを引き寄せたんですよ。
その割にはフォークや指が画像に写っていますが。

プチトマトが嫌いだという武尊さんよりも、バショウカジキのように大好きなひとが食べる方が幸せなのかも。
20180113-イノダ (5)

ペンギンくんがプチトマトを眺める様子を気に入りました。
20180113-イノダ (6)

ペンギン・ビューティ・チェックも 4 羽揃って行いました。
20180113-イノダ (7)
みんないい顔。いいんでねぇの。

珈琲茶館 集(イトシアプラザ)

お正月休みが過ぎたころ、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を有楽町の映画館まで観に行きました。

みなさんが観終えてひと段落したところだからでしょうか、ゆったりと観ることができました。
20180113-映画館

さて、珈琲茶館の「集」に初めて入りました。
有楽町駅前のイトシアプラザの 2 階にあります。
約 10 年前にイトシアプラザが開業した当時、いつもいつもお客様で満席だったので、なんとなく今まで敬遠していた場所です。

モカを頼みました。
いい香り。
20180113-集 (10)

4 羽でコーヒーを覗いてみましたら、油膜が多く、ペンギン・ビューティ・チェックは難しかったです。
20180113-集 (6)
大丈夫、バショウカジキが皆さんを見る限り、非常にいいお顔をしていますよ。

これらプチスイーツは、映画を観に来た方へのサービス。
みんなの目がまん丸に見開かれたように見えます。
20180113-集 (1)

武尊さんが、砂糖の種類は たくさんあってわからん!と言うので、ペンギンくんたちがチェック。
20180113-集 (2)
3 個が上白糖、1 個がブラウンシュガー。
結局 2 種だけでした。

これはモーニングサービス。
コーヒーを頼んだ方に対して付いてくるもの。
(11 時までのオーダーに限るサービス)

バショウカジキは朝ごはんを食べていましたが、小腹が空いたので食べちゃいました。
20180113-集 (3)

トーストが厚くて、ちょっと嬉しい。
20180113-集 (4)

ブルーベリージャムはたっぷりと塗りました。
20180113-集 (7)

武尊さんは、1 羽 1 羽がテーブルで立ちやすいように、足の股関節をほぐしておりました。
20180113-集 (8)

なるほど、そのようなことは全く思いつかなかったですね。
ペンギンくんたちの動きも変わるでしょう。
20180113-集 (9)-加工

ペンギンちゃんの初お風呂

ペンギンちゃんは昨年の登山によって、すっかりと腹黒くなってしまいました。
右から 2 番目がペンギンちゃんです。
20180103-ペンギンちゃん (9)-加工2

ペンギンちゃんは泡風呂に入ったことがないので、今日は初泡風呂にしましょう。
20180110-お風呂 (1)

準備ができました。
20180110-お風呂 (2)

泡風呂はリラックスできるでしょう?
20180110-お風呂 (3)

気持ちんよか~、よかとね~。
20180110-お風呂 (5)

湯加減がちょうどよいでしょう。
20180110-お風呂 (7)-加工

腹白くきれいになってください。
20180110-お風呂 (6)

泡風呂を気に入ってくれたみたいですね。
安心しました。
20180110-お風呂 (13)-加工

水も滴るペンギンちゃんです。
20180110-お風呂 (15)

ぶるぶるぶる・・・
20180110-お風呂 (16)

しばらくおやすみ。
20180110-お風呂 (17)-加工

乾いたかどうかは体重計測で判断するのでした。
20180110-お風呂 (18)-加工

バショウカジキの勤め先では、電車通勤者は昼過ぎ早々に帰宅命令が出ました。

バショウカジキは来客が来てともに仕事をしていたので、終わるまで帰宅を延ばしました。
それでもいつもに比べるとはるかに早い退社で、帰り道にあれこれと買い物をしていそいそと帰宅しました。

さて、夜のこと。

雪の様子を見たくなって、玄関から雪景色を眺めてみました。
21 時近くてもこんなに明るいのでした。
20180122-雪 (1)

ボクらはアデリーペンギンですから、雪景色に立つ姿は違和感ないですよね。
20180122-雪 (2)-加工

バショウカジキさん、明日玄関先から通勤で苦労しますね。
20180122-雪 (4)

しばらく庭を眺めておりましたら、雪まみれになってしまいました。
家の前の道を通る車はなく、非常に静かな冬の夜でした。
20180122-雪 (6)

クリームわんこ

おととい、アンデルセンの初商(はつあきない)のパン「幸せを運ぶぶた」さんをご紹介しました。
20180107-幸せを呼ぶブタ (19)
andersen.co.jp

実は、初商のパンとして、もうひとつありました。
「クリームわんこ」です。
買うと(飼うと)1 匹ずつ紙器に入れてくださいます。
(1 月 11 日に発売になった某メーカーの「わんこ」も、包装設計に工夫がありましたよね。)
20180107-ワンコ (1)

こにゃにゃちは~。
20180107-ワンコ (2)

アンデルセンの HP では、クリームわんこの顔つきは下記の通り。
標準の顔つきと言えましょう。
20180107-ワンコ (13)
andersen.co.jp

それに対して我が家にやってきた 2 匹のわんこは画像のとおり。
20180107-ワンコ (8)

各店舗の作り手の裁量に一任されているのかもしれません。
20180107-ワンコ (6)

なんだかボクらに似ているかもね。
20180107-ワンコ (7)-加工

わんこの頭と胴体は、チョコレートで軽く接着されておりました。
20180107-ワンコ (9)

まさにこれはクリームわんこですね。
20180107-ワンコ (10)

胴体の中身はクリーム。
20180107-ワンコ (12)

わんこの頭の中身はチョコレートクリーム。
20180107-ワンコ (11)

美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

幸せを運ぶブタさん

新年早々、ひなっちさんからアンデルセンの新春のパン情報をいただきました。

幸せのぶた(フルーツ&ナッツ)というパンが1月7日まで販売されていました。
バショウカジキは最終日にかけ込みで飼いました、もとい、買いました。
20180107-幸せを呼ぶブタ (1)

ヨーロッパでは、新年に幸せを運ぶと言われているブタさん。
20180107-幸せを呼ぶブタ (2)

しっぽもかわいいですね。
20180107-幸せを呼ぶブタ (3)

大きさの割にずっしりと感じたので、量りで計測しました。
20180107-幸せを呼ぶブタ (14)

フィルム包装の風袋込みで約 470g。
20180107-幸せを呼ぶブタ (15)-加工

バショウカジキペンも量りに載りました。
軽~い。
20180107-幸せを呼ぶブタ (17)-加工

バショウカジキペンの場合は、郵便物の質量を簡便に量る道具を使った方がお似合いです。
20g 強。

これ、いただいてもいいかしら。
20180107-幸せを呼ぶブタ (7)
20180107-幸せを呼ぶブタ (4)
20180107-幸せを呼ぶブタ (6)

いただく前に、記念撮影ね。
20180107-幸せを呼ぶブタ (5)

フルーツとナッツがぎっしり。
これはどうりで重たいはずです。
20180107-幸せを呼ぶブタ (9)

こ、これは...
20180107-幸せを呼ぶブタ (10)

年末に見た、ブタさんの輸送トラック車のようですね。
20171230-Bali (48)-加工2

ブタは、最後まで美味しくいただきましょうね。
20180107-幸せを呼ぶブタ (18)

腹黒いですか?

昨年、武尊さんと山登りをたくさん楽しんだペンギンちゃん。
武尊さんと同行しても、寝ていることが多いです。
20180103-ペンギンちゃん (3)

おはよう。
20180103-ペンギンちゃん (1)-加工

4 羽のなかで、一番がっしりとした体型に見えます。
(山登りの成果でしょうか?)
20180103-ペンギンちゃん (4)-加工

バショウカジキが、バリ滞在中にジンジャーティをたくさん飲んでいました。
このお店にもジンジャーティがあったので、思わず選んでしまいました。
20180103-ペンギンちゃん (5)

体が温かくなります。
20180103-ペンギンちゃん (6)

ペンギンちゃんは腹黒くなってきましたよね?
20180103-ペンギンちゃん (8)-加工

お風呂に入ったほうがよさそうです。
20180103-ペンギンちゃん (9)-加工

ところで、ペンギンちゃんは、ペンギン・ビューティ・チェックのやり方を観察して学んでいるそうです。
20180103-イノダ (2)-加工
いいんでねぇの。

ペンギン会議で重要案件を審議中。
20180103-イノダ (1)

ペンギンちゃんがバショウカジキの家にお泊りして泡風呂に入る間、武尊さんには誰が同行するか決定いたしました。
武尊ペンです。
20180103-イノダ (3)

武尊さん、これからしばらく武尊さんにお供しますね。
よろしくお願いします。
20180103-イノダ (4)

汁やにて

昨日ご紹介した汁やでの小話を。
20180103-汁や (8)-加工

食後に武尊さんが、最近新しくソフトを入れて、その使用感を確認しておりました。
20180103-汁や (11)-加工

専用のペンでメモを取り、それを文字に変換する機能があるのですが走り書きすると識字率が著しく低下するようです。
20180103-汁や (12)-加工

「いろんなメモをとっています」が

「いろんな人もをとって11ます」

になるのでした。
20180103-汁や (13)-加工
武尊さん、ソフトを使いこなしてくださいね。

北海道から

北海道のおいしいものが詰まったプレゼントが届きました。
消防犬ぶん公さんが選んでくださったもの。
ありがとうございます。
20171215-北海道のおいしいもの (1)

お楽しみがたくさんあります。
20171215-北海道のおいしいもの (7)

こちらは「なんもなんも」です。おせんべいですね。
「青いレモン」とは気になります。
20171215-北海道のおいしいもの (3)

ふふふ、この 3 点の袋詰めのものが何かをわかる方は少ないと思います。
ゆりねが入っております。
嬉しいです。
ありがとうございます。
20171215-北海道のおいしいもの (4)

非常に珍しい、1 匹丸ごとの豪快な群来巻です。
小樽産の大きな子持ちニシンを丸干しにしてから、日高昆布で巻いてじっくりと煮込んだもの。
20171215-北海道のおいしいもの (5)

お正月にいただきましょう。
20171215-北海道のおいしいもの (6)

10 月新発売の「いつものアレ」は、通販ラインナップにないもの。
とっても貴重です。
20171215-北海道のおいしいもの (2)

1 本いただきましょう。
20171215-北海道のおいしいもの (8)

チョコガナッシュ入りのスポンジ生地が、パイに包まれています。
20171215-北海道のおいしいもの (9)

しっとりと美味しいパイです。
20171215-北海道のおいしいもの (10)

こちらも非常に気になるのですが、今日は観察をするだけですよ。
20171215-北海道のおいしいもの (11)

消防犬ぶん公さん、ありがとうございました。
味わいながらゆっくりといただきます。

マロングラッセ

バショウカジキさんが、マロングラッセを買ってきてくれました。

クリーム色の包装紙に包まれておりました。
20171220-マロン グラッセ (1)

包装を剥がすと、紙器は藍色でした。
20171220-マロン グラッセ (2)

マロングラッセというものは、特別扱いされるようですね。
金色の包装紙に包まれています。
そして紙器は緩衝機能付きです。
20171220-マロン グラッセ (3)

1 個、食べましょう。
20171220-マロン グラッセ (4)

ひっくり返してから金色の包装紙の糊を剥がすと、板紙が入っておりました。
これも栗の保護、栗の重さで包装紙から抜け落ちないようにするための配慮かしら。
20171220-マロン グラッセ (5)

大きな栗ですね。
20171220-マロン グラッセ (6)

じ~っ
20171220-マロン グラッセ (7)

バショウカジキさん、開けてください。
20171220-マロン グラッセ (8)

ノッチから裂いて開けるか、四角からヒートシールを剥がして開けるか。
20171220-マロン グラッセ (10)

バショウカジキはシールの開封性に興味があるので、角から剥がして開けました。
20171220-マロン グラッセ (11)

大きなおおきなマロングラッセです。
いただきましょう。
20171220-マロン グラッセ (12)

開けやすさに配慮してヒートシール金型を山型に設計したものなのだよ、とバショウカジキさんに説明を受けましたけれど・・・
20171220-マロン グラッセ (14)-加工

次のマロングラッセはうんちくなど聞かずに、おいしく味わいたいと思うペンギンくんたちなのでした。
20171220-マロン グラッセ (9)

タイのバナナチップス

タイのバナナチップスを、お土産にいただいておりました。
バショウカジキの大好物です。
タマリンドのペースト状のものをはさんだもの。
20171218-バナナチップス (1)

今までにいただいていたものよりも色が浅いですね。
そしてあまり油っぽく見えません。
加工技術が上手なのでしょうか。
20171218-バナナチップス (2)

目つきが真剣です。
20171218-バナナチップス (3)

ペンギンさんは、タマリンドの部分を一生懸命観察しておりました。
20171218-バナナチップス (4)

ざーっと出していきます。
20171218-バナナチップス (5 6)

こ、これは・・・
20171218-バナナチップス (8)

こ、これは・・・
20171218-バナナチップス (9)

こ、これは・・・
20171218-バナナチップス (10)

積み上ったバナナチップスを芸術作品として鑑賞するかのような、ペンギンくんたちでした。
20171218-バナナチップス (7)

東京百年物語-焼きキャラメル

武尊さんが、東京百年物語という洋菓子を、どこかの手土産によく買っています。
お気に入りの味だそうです。

そんなに美味しいの?とペンギンくんたちが尋ねましたら、ある日ひと箱買ってきてくれました。
森永キャラメルと関係があるようですね。
20171217-東京百年物語 (1)

・・・とここで、臨時ペンギン会議を開いている模様です。
20171217-東京百年物語 (2)

あ、誰が森永キャラメルのふだを付けるかという議論をしていたようですね。
バショウカジキペンが身に着けました。
20171217-東京百年物語 (9)

たくさん入っています。
20171217-東京百年物語 (3)

ひとつ食べてみましょう。
20171217-東京百年物語 (4)

美味しそうな焼き色。
20171217-東京百年物語 (5)

メイラード反応万歳!
20171217-東京百年物語 (6)

中心付近に色の異なる部分がありますね。
森永キャラメルのソースがここに凝縮されています。
しっとりと美味しい焼菓子です。
20171217-東京百年物語 (7)

美味しいおやつをありがとうございました。
20171217-東京百年物語 (8)

マドレーヌ

土曜日、技術士の集まりのあと、”串カツ田中”さんに寄りました。

いっしょに立ち寄った友人が、最近串カツ田中さんの社長のお話を聞いて、お店に行ってみたいと言ったからでした。

店内設備にはさほどお金をかけていないようですね。
スタッフがみないきいきと働いており、気持ちのよい接客でした。

ついつい食べすぎますね。
中身があんこという変わり種や、肉すいなどのサイドメニューも楽しみつつ、来年の計画を語り合いました。
20171216-串かつ-加工

さて、話題は変わります。
バショウカジキがとあるポイントで最近交換した中に、コージーコーナーさんの「和香日和」というマドレーヌがあります。
20171216-和香日和 (1)

さっそパッケージを開封することにしました。
20171216-和香日和 (2)

少し商品の知識をインプットしましたよ。
20171216-和香日和 (4)

抹茶味とほうじ茶味のマドレーヌ。
20171216-和香日和 (3)

ほうじ茶味のマドレーヌからは、ふわっとほうじ茶の香りが漂ってきました。
20171216-和香日和 (5)

ほうじ茶の香りが美味しさを倍増させるようでした。
20171216-和香日和 (6)

お抹茶味は、色をきれいに保持できていると思いました。
20171216-和香日和 (7)

ほうじ茶味よりもしっとりとしているように思われました。
20171216-和香日和 (8)

爽やかな抹茶の色を保持させるには、ある程度のテクニックを必要とします。
このマドレーヌ、色がきちんと保護されているのでした。
20171216-和香日和 (9)

ドレスデンで作られたシュトーレン(後ペン)

(前ペンからのつづき)

早く食べたいね、ということで、二つとも封を開けることにしました。
20171210-シュトーレン (14)

クリスマスが待ち遠しい。
20171210-シュトーレン (23)

見た目にはあまり差がなさそうです。
20171210-シュトーレン (20)

でもね、缶入りの方は、粉砂糖が別添えになっています。
細やかな配慮です。
20171210-シュトーレン (21)

向かって左が缶入りの方、右が紙器入りの方。
缶入りの方がドライフルーツの量が少し多いかな。
そしてとにかく風味が豊か。
生地もしっとり感が強く感じられました。
とはいえ、紙器のシュトーレンも美味しいのですよ。
20171210-シュトーレン (29)

眺めるのも食べるのも真剣です。
20171210-シュトーレン (24)

あまり真剣になりすぎると、顔に粉砂糖がついてしまうのでした。
20171210-シュトーレン (30)
少しずついただきながら、クリスマスを心待ちにしましょう。

ドレスデンで作られたシュトーレン(前ペン)

山口にある「ドイツハウス・パレッテ」で、アンゲリカさんにドイツ・ドレスデンで作られた美味しいシュトーレンを予約してきました。
20171001-ドイツハウス パレッテ- (1)-加工2

そのときのお話は、下記ブログをご参照ください。
http://sailfish01.blog.fc2.com/blog-entry-2031.html

そして、11 月後半に、ペンギンくんたちの元にシュトーレンが届けられました。
20171210-シュトーレン (1)

2 種類頼みました。
20171210-シュトーレン (4)

封じ込まれた風味が、缶を開けたとたんにふわっと立ち上ってきました。
保香性は大事です。
20171210-シュトーレン (16)
巾着袋にシュトーレンがくるまれているのでした。
粉砂糖が別添えになっています。
20171210-シュトーレン (11)

紙器入りもあります。
20171210-シュトーレン (12)

こちらも立派なシュトーレンです。
20171210-シュトーレン (13)
早く食べたいね。

(つづく)

かぼちゃと渋皮栗のデニッシュ

某食品メーカーの技術士仲間が、ジャムがねぇ・・・ 若い方にねぇ・・・ と今年ぼやいていました。

バショウカジキもパン屋さんに出かけて、毎回とは言わないまでも、そのまま何もつけずに食べられるデニッシュや総菜パンを買っていますから、たしかに以前よりもジャムをつける食シーンが減っています。

A 社さんごめんなさい。
バショウカジキは今回、かぼちゃと渋皮栗のデニッシュを買い求めました。
20171209-かぼちゃと渋皮栗のデニッシュ (1)

栗は 1 羽につき 1 個だよ。
20171209-かぼちゃと渋皮栗のデニッシュ (2)

サクサクとしたパイ生地が、ペンギンくんたちのお気に入り。
20171209-かぼちゃと渋皮栗のデニッシュ (3)

たまに、このように美味しいパンをいただいてしまったらごめんなさい。
20171209-かぼちゃと渋皮栗のデニッシュ (4)

海外グリーティング(差額用)

海外にはがきの年賀状を出す場合、料金は 70 円です。

日本郵便で購入した年賀はがきには、差額として 18 円切手を貼ることになります。

毎年、「海外グリーティング(差額用)」の切手は、日本ならではのアイテムがイラストになります。

2015 年用の切手はお寿司と天ぷらの絵柄でした。
20141209-お休みの日 (5)-加工2

2016 年用は、そばと親子丼でした。
h281101_02_sheet.jpg
(http://www.post.japanpost.jp/kitte_hagaki/stamp/tokusyu/2016/h281101_02_t.html より引用)

今年は何かしら?
20171209-海外年賀状 (1)-加工

お団子とたい焼きですね。
20171209-海外年賀状 (2)-加工

計 70 円、ヨシ!
20171209-海外年賀状 (3)-加工

毎年こうして登場する切手のイラスト、次の年は何になるか予想するのも楽しい。
食べものシリーズで続くのだとすると、何がくるでしょうね。
20171209-海外年賀状 (4)-加工

ところで、切手を買った直後に立ち寄った喫茶店で、ペンギン・ビューティ・チェックをしようとしたら、油脂分の浮きが目立ってちょっと難しかったのでした。
焙煎が深くなれば浮きやすくなるとも聞いております。
20171209-海外年賀状 (5)-加工
今日のところはこれでいいんでねぇの。

オープン10周年(ブラッスリー ポール・ボキューズ)後ペン

ブラッスリー ポール・ボキューズにて先日お食事をしました。

昨日に引き続き、そのお話をします。
20171202-ポール ボキューズ (2)-加工

【肉料理】
ベーコンで巻いた国産牛フィレ肉のロティ
トリュフ香るペリゴールソース
20171202-ポール ボキューズ (15)

ペリゴールソースとは、フォン・ド・ヴォーにワインを入れて煮詰め、トリュフを入れたソースのことです。
トリュフとフォアグラの産地として有名なフランスのペリゴールにちなんだソースの名前ですね。
20171202-ポール ボキューズ (16)

牛肉がとても美味しいのでした。
20171202-ポール ボキューズ (17)-加工

【デザート】
スフレ グランマニエ
20171202-ポール ボキューズ (20)-加工

ふわふわのスフレの食感をお楽しみください、と言われたので、とってもとってもスフレが気になります。
20171202-ポール ボキューズ (21)

中を覗いてみました。
20171202-ポール ボキューズ (24)

リキュールには少しだけアルコールが入っているということです。
バショウカジキさん、下戸なのでしょ?
だいじょうぶ?
20171202-ポール ボキューズ (26)

リキュールの香りがしみこみましたね。
20171202-ポール ボキューズ (27)

スプーンでつつくと、ぷるん、ぷるんと揺れます。
とっておきのデザートでした。
20171202-ポール ボキューズ (28)

コーヒーが大好きです。
20171202-ポール ボキューズ (30)

かろうじて姿が映せたかな?
ペンギン・ビューティ・チェックを欠かさないのでした。
20171202-ポール ボキューズ (31)-加工
いいんでねぇの。

あら、バショウカジキペン、何の真似?
20171202-ポール ボキューズ (32)

おばけの真似っこでした。
20171202-ポール ボキューズ (35)-加工2

食後、窓から外の景色を眺めてゆったりと過ごしました。
20171202-ポール ボキューズ (34)


オープン10周年(ブラッスリー ポール・ボキューズ)前ペン

ブラッスリー ポール・ボキューズへ、ペンギンくんたちとともに来店しました。
20171202-ポール ボキューズ (6)

レストランのオープン 10 周年特別コースを注文。
20171202-ポール ボキューズ (1)

早く食べたいね。
20171202-ポール ボキューズ (4)

鶏肉のカレー風味のリエットか、オリーブオイルでパンをいただきます。
20171202-ポール ボキューズ (3)

鶏肉って何でしたっけ?
トリニクって何でしたっけ?
ボクたちはトリさんでしたっけ?
20171202-ポール ボキューズ (5)

【前菜】
フォアグラのポワレ 
黄金に輝くコンソメスープと冬野菜 ポトフ仕立て

このレストランは、お料理までの間が長いことがあるね、とペンギンくんたちが口々に申しておりました。
20171202-ポール ボキューズ (10)

フォアグラです。
20171202-ポール ボキューズ (11)

【魚料理】
舌平目のムニエール焦がしバターソース 
レモンコンフィチュール

舌平目が柔らかく美味しい。
レモンのコンフィチュールを野菜につけて全ていただきました。
20171202-ポール ボキューズ (12)

(つづく)

夜の景色

よく訪れるこの喫茶店では、12 月に入るとポインセチアを飾ります。
師走のムードが高まります。
20171202-イノダ (2)

2 日、消防犬ぶん公さんはメトロポリタンホテル(池袋)のすずかけにて、ペンギンケーキを召し上がったそうです。
20171202-消防犬ぶん公さんより

ところで、バショウカジキがブログに、時折ペンギンケーキの断面を載せていますね。
消防犬ぶん公さんから、すずかけでナイフを使ってケーキ断面をきれいに切るのは難しいのではありませんか?とご質問をいただきました。
20171125-ペンギンケーキ (12)-加工2

鋭いですね。

武尊ペンが見つめている上記画像は武尊さんが切ったケーキ断面。

下記画像はバショウカジキが切った断面。
20171125-ペンギンケーキ (20)-加工

武尊さんの方がシャープですね。
種明かしとして・・・ 武尊さんは、ナイフを「あるもの」で温めてから切っております。
バショウカジキは何の工夫もなく勢いで切っており、差異が生じます。


さて、消防犬ぶん公さんが、さかざきちはる展から北海道に戻り、2 日夜の地元駅前の景色を画像でお知らせくださいました。
電飾が華やかです。
近隣の街が大雪のため、列車が駅から出られなかったそうです。
雪国の冬は苦労が多い。
20171202-北海道某駅

バショウカジキは 2 日、ちょっとした仕事で港区界隈におりました。
道を挟んで東京タワーがそびえ立つ場所。
タワーは昼間の姿とは全く異なります。
20171202-東京タワー (1)

この近隣の三角コーンは、一般的な赤いコーンとは違うものが使われています。
これはよく見る赤いコーン。
三角コーン

東京タワー近隣の特別仕様がこちら。
ビルの駐車場や、個人経営のお店などに使われているのでした。
20171202-東京タワー (2)

出張の準備

武尊さんが今年最後の中国出張に出かけることになりました。

手土産はこれ。
東京駅構内に売っているもの。
東京百年物語-焼きキャラメル というシーキューブの焼菓子です。
うまいんだよ、とのこと。

今度おねだりしてみましょう。
20171125-イノダ (7)

おや、あれはペンギンちゃんのおうちではありませんか。
20171125-イノダ (2)

ペンギンちゃん、おはよう。
20171125-イノダ (3)

ペンギンちゃんは、みなさんにご挨拶しました。
武尊さんに同行し、中国に行ってくるとのことでした。
20171125-イノダ (4)

ペンギンちゃんは寝るのが好き。
短時間でしたが、お話が終わったら寝る準備をします。
20171125-イノダ (5)-加工

では、おやすみなさい。
20171125-イノダ (6)-加工

3 羽はペンギン・ビューティ・チェックも忘れません。
姿を念入りに確認します。
20171125-イノダ (1)-加工
いいんでねぇの。

続きを読む »

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ